幼児虐待と少年犯罪の因果関係、「三鷹ストーカー殺人事件」の犯人が育った劣悪な環境

 少年犯罪の「心の闇」に光をあて、虐待が少年たちの心を壊す、そのメカニズムを解明した『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(平凡社新書)がこの5月に刊行された。著者は、川崎中1男子生徒殺害事件のルポで新境地を開いた石井光太氏(42)。

 リベンジポルノが社会問題視されるきっかけとなった、2013年10月8日三鷹ストーカー殺人事件。当時高校3年生でタレントだった被害女性が、元交際相手だった池永チャールズ・トーマスからストーカーされ、自身の性的画像や動画をネット上に流され、挙句に刃渡り13センチのペティナイフで首や腹を11か所刺されて殺されたという凄惨な事件である。

 石井氏が語る。

「池永は、言葉遣いが異常でした。時代劇がかった言い方で、『たっとんで申し上げまつります』『裁判所ですから、これは敬語ということなのでございます』。池永は公判中、大学ノートに一生懸命メモを取っていましたが、裁判官が、『君は、なにをやったのかわかっているのか?』と問うと、『心が理解できないのでございます』。本当に、事件のことを理解していないようでした」

 公判では反省の色を見せない池永は、傍から見れば“モンスター”“心の闇”という言葉でレッテルを張られてしまうが、

「“心の闇”と言ってしまうことは簡単ですが、一体どういうシステムになっているのか、どんな原因で人格が壊れてしまったのか、光をあてたいと思いました」

 まず、池永のケースを分析してみよう。

「彼は、物心ついた時から中学生まで、日常的に凄惨な虐待を受けています。フィリピン人の母親は、電気も水道、ガスも止まったアパートに池永を放置して食事をろくに与えなかった。それで、コンビニに行ってゴミを漁って食べた。風呂に入れないから、公園のトイレの水道で体を洗った。さらに、アパートに住みついた母親の恋人は、彼に残忍な暴力をふるっています。ライターの火で鼻の孔をあぶる、冬に水風呂に放り込んで沈める、鉄を火であぶって体に押し付ける、といった劣悪な環境の中で育ちました」

 2015年2月に起こった川崎中1男子生徒殺害事件も、3人の加害少年のうち2人は日常的に親の暴力を受けていた。

「多摩川の河川敷で、少年3人が中学1年の被害者(13)を呼び出し、カッターナイフで43回切りつけた末に殺害した事件ですが、主犯となった少年A(当時18)と少年B(当時17)は池永と同様、母親がフィリピン人、父親が日本人というハーフだった。Aの父親はトラックの運転手ですが、しつけは厳しく、言うことを聞かないと殴ったり蹴ったりした。6時間正座させることもあった。母親もハンガーで殴った。ハーフということで、『おい、フィリピン!』と学校でもいじめられ、居場所がなかった」

 少年Bは、もっと酷かった。

「シングルマザーの家庭でしたが、母親は家にほとんど帰らず食事も作らない。Bに家の鍵も渡さなかったから、家に入る時は玄関のポストから携帯電話のコードを使って鍵を開けたという。Bが学校で問題を起こすと、母親はフィリピンの実家やアメリカの親戚宅に何か月も置き去りにした。言葉がわからない異国の地に我が子を置き去りにするなんて、ありえないネグレクト(育児放棄)ですよね。栄養状態が悪いので背が低いし、服も汚れていて臭う、またハーフということで、Aと同様、学校でいじめられていました。もう一人の少年Cは精神鑑定で発達障害があると指摘されています」

 虐待の中で最も心身への影響が大きいのがこのネグレクトである。次が性的虐待、そして身体的虐待、心理的虐待の順になる。

 これら凄惨な虐待は、心身にいかなる影響をもたらすのか。


■脳が委縮する


「虐待を受けた少年とそうでない少年の脳を比べてみると、虐待を受けた少年は、海馬や扁桃体などが委縮しています。脳の成長が遅れているのです。扁桃体は、感情をつかさどる脳の器官で、正常に機能しないと考え方がネガティブになり、うつ病や自殺願望が生じる率が高いと言われています。そのため子供への虐待は、ASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害に次ぐ第4の発達障害とも言われています」

 虐待によって、脳の異常はひとつだけでなく複合的に生じるケースがあるという。そのため、低身長、栄養発達障害、痛みにたいする無反応、暴力、虚言傾向、器物破損、摂食障害、不安障害、解離性障害(ヒステリー)など、影響は多岐にわたる。

「一般の赤ん坊は、親の愛情を受け、保護してもらいながら成長します。赤ん坊が最初に知るのは、お腹がすいて泣けばお乳をもらえ、笑えば笑い返してくれるということです。1歳の幼児になると、親以外へもコミュニケーションが広がっていって、信頼関係、愛情、共感性を身に着けるようになります。ところが、親から虐待を受けたり育児放棄されたりして親との関係を結べないと、子供は自己形成ができず、物心つく年齢になっても他人と適切に接することができなくなります。その結果、人を信頼しない、衝動や欲求を自制できなくなり、社会に適応できなくなる。学校でいじめられて、自己否定感が膨らんでいくのです」

 川崎中1男子生徒殺害事件では、主犯の少年Aは当初、上村君を暴行するだけのつもりだったが、

「CがカッターナイフをAに渡したことで事態が急変。Aら3人は衝動を抑えることができず、43回も切りつけたのです」

 これまで非行少年を数百人インタビューしてきたという石井氏。非行少年の更生については、こう語る。

「虐待を受けて非行に走った少年たちは、その生活パターンが決まっています。親から虐待を受けて育った子供は、小学生になっていじめにあい、ひきこもる。中学1年で家を出る。中学2、3年で不良グループに入り、ドラッグ、SEX、売春、暴行、窃盗などを覚え、15、6歳で逮捕される。彼らを救うには、まずは虐待にあっている幼少期、学校でいじめを受け不登校になった時、中1で家を出た時、この3つの時期に保護すれば更生するチャンスがあります」

 もちろん、虐待を受けても非行に走らない少年もいる。とはいえ、

「彼らが親になって子供をもうけた時、その子を虐待する可能性が出てきます。虐待連鎖を止めるためにも、被虐待児からのメッセージを真摯に受け止めるべきですね」

週刊新潮WEB取材班

2019年6月1日 掲載

関連記事(外部サイト)