上皇・上皇后さま「おもてなしの宿」秘話 被災地の「美智子さま」ガッツポーズに涙

■「上皇・上皇后」再訪されたい「おもてなしの宿」――山崎まゆみ(1/2)


 上皇・上皇后となられたお二人は、偉大なる旅人でもある。全国津々浦々の旅館、ホテルに足跡が残るが、おもてなしの実態は御簾の向こうに隠れたまま。各地の宿に詳しい温泉エッセイストの山崎まゆみさんが、令和の今だからこそ明かされる、行幸啓の秘話を聞いた。

 ***

「日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」

 上皇陛下が譲位のご意向を示された際のお言葉通り、平成の御世に限っても、陛下は上皇后となられた美智子さまと共に47都道府県を2巡され、北海道は利尻島から日本最西端の与那国島(よなぐにじま)まで、55もの離島をお訪ねになった。その移動距離は地球15周分と伝えられる。

 国民と共にあることを大事にされてきた“平成流”の行幸啓。その目的のひとつが、自然災害に遭った被災地の慰問だ。避難所の床に膝をつき、民の声に耳を傾けるお姿は、多くの人の記憶に残っているだろう。

 東日本大震災から3年が経った平成26年7月22日、上皇と上皇后のお二人は、津波で甚大な被害を受けた宮城へと赴かれた。被災地に迷惑はかけられないと、それまで日帰り訪問を心がけてこられたが、この時は珍しく宿へ足を運ばれた。

「上皇さまにはマグロのお造りを、美智子さまには南三陸キラキラうに丼をお召し上がり頂き、ご満足頂けたようでした」

 とは、太平洋を一望できる「南三陸ホテル観洋(かんよう)」の女将・阿部憲子さんである。

「警備の方が『予想を遥かに超える人がいた』と仰っていましてね。人口が減っている南三陸で、それは凄い光景でした」

 沿道は、お二人の姿を一目見たい一心で人だかりとなった。

 その時の被災者たちの心境を、憲子女将はこう語ってくれた。

「大震災で2万人も犠牲となり、家も土台しか残らなかったんです。大切なものを全てなくして、辛うじて生きている。涙を流すことさえ忘れた人もいました。3年が経ち、少しでも希望を持てるかなと思っていましたが、失った人が帰ってくるわけでもない。現実はそんなに甘くはない。そう思い知らされた時期のご訪問でしたからね。気持ちが萎えていた住民たちに、お二人がね、手を振って、優しい笑みを見せてくださったの。被災地にとって、何よりも力になりましたよ」

 お二人の人柄のあたたかさ、優しさでどれ程多くの国民が勇気づけられたか。そして迎える側は、どんな「おもてなし」で旅の疲れを労(ねぎら)って差し上げたのか。本稿では、それを「宿」という舞台で綴っていきたい。


■窓を防弾ガラスに


 同じ被災地でも、福島県福島市・飯坂温泉の奥座敷、穴原(あなばら)温泉へは2度訪問されている。とはいえ、1度目は震災前、天皇皇后両陛下の「三大行幸啓」のひとつ、国体ご出席のため。平成7年の第50回大会に臨席されたのである。

「最初にお越しの際は、1年程前に、福島県庁からお話を頂きました」

 と語るのは、「吉川屋」の畠隆章社長。

「宮内庁の方は、『普段のままで、特別な準備はする必要はありません』と仰いましたが、唯一、『執務をするための机と椅子を用意して下さい。それも普通のサイズより1センチ程小さなものを……』というリクエストがありました」

 具体的な準備は半年ほど前から始まり、宮内庁、福島県庁秘書課、そして福島県警の担当者が、それぞれ何度も下見に来たという。宿の側も来たるべき日に備え貴賓室を用意し、壁紙、絨毯、畳などの内装は全て新調。陛下のために机や座卓、座布団、ソファーに寝具、食器類も全て新たに特別注文した。県警の要望に応えて、一部の窓を防弾ガラスに替える念の入れようだった。

 斯様(かよう)に万全の態勢でお迎えした1度目のご訪問だったが、2度目となった平成25年は、被災地激励を目的とした私的ご旅行。ちょうど福島が、原発事故による風評被害に悩まされた頃と重なる。

 やはり、その時のことが忘れられないと、宿の女将・畠ひで子さんは言う。

「桃の一大産地である福島の中でも、宿の近隣で採れる桑折(こおり)の桃は品質の確かさで御所へ献上されてきましたが、原発事故により、『福島の桃は食べたくない』という風評が巷に流れ始めていて、とても辛い時でした」

 ご予定は1泊。翌日は上皇と美智子さまが、桑折町の桃農家を訪ねるのが目的で、2カ月前に県を通して宿泊の予約が入った。備品は、1度目のご訪問後に一式揃えて保管してあったものを活用することができた。

 いざ迎えたご宿泊当日、7月22日は土砂降りの雨だったが、お二人を乗せた車が玄関に到着すると“奇跡”が起きたそうだ。

「大雨が嘘のように、突然、ぴたりと止んで、光がさしたんです」

 そう語るひで子女将は、お二人を、大きな窓越しに片倉山が目に飛び込んでくるような景観が印象的な、貴賓室へと案内した。

 ここで、煎茶とお菓子をお出ししたが、その際にこんなやり取りがあったと振り返る。

「上皇さまは片倉山を見て、思い出されたようなご様子で『前に、こちらに来た時は平成7年ですね』と仰いました。美智子さまが『平成8年じゃなかったかしら』と返されたので、私は『平成7年の福島国体の時でございます』と申し上げたんです。するとお二人で顔を見合わせて、『そうでした、7年でしたね』と微笑まれまして。上皇さまは美智子さまのお言葉を否定するようなことはされず、ただ会話の糸口を投げかけているような、ほのぼのとした雰囲気が伝わってきました」


■美智子さまのガッツポーズ


 桃農家を訪ねることになっていた翌日も、雨は止むどころか土砂降りだったと、ひで子女将が話を継ぐ。

「あちこちで土砂崩れが起こってしまったので、陛下がお気を遣われて、視察は中止になったんです」

 そこで急遽、桃農家の方が旅館を訪ねる形となり、選ばれたのが宿の会議室。「瑞光」という98平方メートル程の決して広くはない部屋に、桃農家とJA関係者など、総勢10名程が集まり、非公開の懇談会を催した。

「上皇さまと美智子さまに桃を召し上がって頂き、お二人とも『美味しい』と完食されたと聞いています。福島の桃は貰っても捨てられちゃう時だったんですよ。本当に嬉しかった」(同)

 お見送りする際も、心揺さぶられるお言葉があったと、ひで子女将が続ける。

「フロントに整列していた私たちとスタッフは、上皇さまと美智子さまが目の前を通られる時に、お顔を拝見してからお辞儀をします。美智子さまのお顔が見えましたので頭を下げようとした瞬間、美智子さまと目が合いました。そうしたら美智子さまは、微笑んで、両手で小さくガッツポーズして、『頑張るのよ、頑張って、頑張って』と仰るんです。私、頭を下げたら、ぽろぽろっと涙が溢れてきちゃって……。震災当日のこと、それ以降の出来事が次々に思い浮かんでしまい、涙が止まらなくて、もう頭を上げられませんでした」

 宿を後にしたお二人は、帰路を変更されたそうで、

「吉川屋からそのまま福島駅に行かれる予定でしたが、わざわざ桑折の方をぐるっと回ってから帰られたんですよ。住民の皆さんも待っていましたから」(同)

 再び涙を流しながら、ひで子女将はこうも言う。

「私は、生きて天皇陛下にお目にかかれ、お声をかけて頂いて、この上なく幸せです。なにがあっても頑張ろうって気持ちになりました……」

 その土地に根差し、住民の暮らしと共にあるのが地域の宿というもの。災害に見舞われた際、旅館は避難所を兼ねることもある。単に旅行者を泊めるだけに止まらず、どんな時であろうと人をもてなす心を忘れない。だからこそ、お二人との間にも心あたたまる交流が生まれたのだ。

山崎まゆみ(やまざき・まゆみ)
温泉エッセイスト。新潟県生まれ。観光庁「VISIT JAPAN大使」。跡見学園女子大兼任講師として「温泉と保養」をテーマに講義。著書に『だから混浴はやめられない』など多数。最新刊『さあ、バリアフリー温泉旅行に出かけよう!』。

「週刊新潮」2019年5月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)