上皇・上皇后さま「おもてなしの宿」秘話 国民を前にした優しさ、その逸話の数々

■「上皇・上皇后」再訪されたい「おもてなしの宿」――山崎まゆみ(2/2)


 上皇・上皇后のお二人は、平成の御世だけでも47都道府県を2巡され、その移動距離は地球15周分だと伝えられる。各地の宿はいかに「おもてなし」し、お二人は何を現地にもたらしたのか。温泉エッセイストの山崎まゆみさんが、行幸啓の秘話を繙く。

 ***

 国体と並んで「三大行幸啓」のひとつとされるのが、全国植樹祭である。毎年春、会場を替えて各県で開かれる国民的行事だが、平成16年4月24日、上皇と美智子さまは第55回会場となった宮崎県を訪問されていた。

「宮内庁から『匂いのない花を』と注意がありましたので、お二人が滞在される13階のフロアには、匂いがない宮崎自慢の和蘭50鉢を置きました」

 そう振り返るのは、栄えある宿泊先に選ばれた「宮崎観光ホテル」(宮崎市)で、当時社長を務めていた杉野紘生氏だ。

「美智子さまから、『宮崎にも蘭があるのですか? 伊豆半島に蘭があることは私も知っています』とお声をかけて頂きましたので、『山の中に和蘭が自生しております。宮崎はこの蘭を大切にしております』と、お答えしました。宮内庁からは『(両陛下へは)基本的に話しかけてはいけない。質問があったことにお答えするように』と言われていましたが、特に、美智子さまにおかれましては、神々しさと気品と、威厳もございましたが、不思議と親しみやすさも感じました。ですから、私は緊張することもなくご説明ができたのです」

 植物に造詣の深い美智子さまを、宮崎と同じく地元ならではの花でお迎えしたのは、鹿児島県への行幸啓の際に必ずといってよいほど立ち寄られる、城山ホテル鹿児島(旧城山観光ホテル=鹿児島市)だ。

 平成15年にご宿泊の際は、分刻みでご公務をこなされる上皇と美智子さまに少しでも寛いで頂けるよう、あえて生け花ではなく鹿児島に咲く野の花々を飾ったそう。お二人の泊まられた部屋の枕元をはじめ、洗面台、バスルーム、窓際に至るまで、可憐な野の花がそっと置かれた。

 取締役営業本部長の渡千左代さんは、

「お見送りの時、上皇さまから当時の社長に『たくさんのお花をありがとう』と、お言葉を頂いたようです」

 この時、上皇は16年ぶりのご訪問にもかかわらず建物のリニューアルに気づかれて、ホテルマンを驚かせたという逸話も残っている。

 ご記憶の確かさという点では、埼玉県熊谷市にある天然温泉リゾート「ホテルヘリテイジ」の杉田憲康社長の話も印象的だ。

「平成12年の秋に、秋篠宮家の佳子さまが遠足で当ホテルにいらして、パンをお作りになりました。お帰りになる際に『このパンはどなたと召し上がるのですか?』と伺いましたら、『おじいさまと』と仰いまして。4年後、上皇さまと美智子さまがお見えになりました際、その話をしますと『あぁ、覚えています』と上皇さまが仰り、美智子さまも『こちらのホテルで作られたパンだったんですね』とうなずかれて、優しいお顔をされました。4年も前の出来事なのに、よく覚えておいででした」

■「チョッキになろうかな」


 このホテルには、平成16年に開催された第59回国体の時と、平成29年の私的ご旅行で2回滞在されている。

 杉田社長の妻・杉田亜通子さんによれば、

「ホテルオリジナルのオレンジケーキと、新たに作りました胡桃ケーキとダージリンティーをお出ししました。紅茶はお飲みになる時に70度の適温でお出しできるよう、裏では総料理長がいくつものカップにダージリンを注ぎ、用意していたんです」

 加えて、

「最初のご訪問は10月でしたから、デザートには柿をご用意しました。ただ、準備していた食材の柿より、どう見ても私共の自宅で採れた柿の方が美味しそうで。拙宅のものをお出ししましたところ、ひとつひとつの食材に『これは何処で採れたものですか』とご下問がありましたので、柿については『社長が自宅の庭木に梯子をかけ、最も日当たりのいい、一番美味しいと思われる柿をお持ちしました』と、正直にご説明しました。すると毎食、両陛下は『社長のお宅のお庭の柿で』と一言添えてくださるので、結局、4回の食事全てのデザートに、拙宅の柿を供することになりました」

 肝心のメインディッシュは、事前に160種類ものメニューを用意。そこからお二人に選んで頂いた。たとえば2泊目の晩の食事はといえば、

「美智子さまは鱶鰭(ふかひれ)のスープとおこげを、上皇さまはカレーを希望されました」(同)

 中華とカレー。お二人の好みは分かれたが、厨房で腕を揮(ふる)った齊藤勇人総料理長はこう振り返る。

「カレーがお好きとは伺っておりましたが、ご夕餐でお召し上がり頂くとは思いもよらぬことでした。シンプルなメニューを如何にお楽しみ頂くか思案した結果、きゅうりとカリフラワー、それにパプリカのピクルスと、福神漬けとらっきょう、合わせて5種類の付け合わせを、精密に2ミリのダイヤモンド型にカットしました。終わるまで2時間かかりましたが、それを綺麗なガラスの器に盛りました」

 心を込めて調理され、盛りつけられたご馳走を、お二人はどう食されたのか。

 亜通子夫人に尋ねると、

「上皇さまは、ソースポットからカレーをかけて召し上がることがないのか、『これはどうやって食べればいいの』と、ご下問がありまして、『どうぞ、上にかけてお召し上がりください』と申し上げました。上皇さまはライスの上にカレーをかけ、カットしたピクルスを全てのせてから、召し上がられましたね。そのお姿はとっても楽しそうでした」

 ただ、こんな失敗談もあったと、恥ずかしそうに亜通子夫人が続ける。

「お二人は、私共がとても緊張しているのをご存じで、どんな時も緊張を和らげようとしてくださるのがよく分かりました。上皇さまはお食事の時にも必ずジャケットを着用され、普段でもラフな格好はなさらないのですが、この時は美智子さまとお二人だから、と『ちょっと暑いかな、チョッキになろうかな』と仰いましたので、つい私はいつもの接客のように、上皇さまのジャケットをお脱がせしてしまいました。でも本来は美智子さまがされることだったんです。すぐに気づいてお詫び申し上げました」


■「大地震に遭うのは初めて」


 実は、お二人が1度目に訪問された平成16年10月23日は、新潟県中越地震が発生していた。発生時刻の17時56分、熊谷にあるホテルも大きく揺れたが、ちょうど18時から、500人規模の参加者を集めた国体のレセプションパーティーが開かれるところだった。

 はたして両陛下はどんなご様子だったのか。

 亜通子夫人に訊(き)くと、

「上皇さまと美智子さまは12階の部屋におられまして、私は会場までご案内するため廊下に待機していました。美智子さまから『ずいぶん大きく揺れましたね。ホテルに被害はありませんでしたか』と配慮のお言葉を頂きました。上皇さまは何も仰らなかったのですが、美智子さまは重ねて『エレベーターが止まったら、どうなるんですか』とお尋ねになりましたので、私が『エレベーターのメンテナンス会社の方にも待機して頂いておりますので、ご安心ください』とご説明したところ、『あぁ、そうですか』と、安堵されていました」

 そうまで心配された理由は意外なところにあった。

「美智子さまは『皇居以外で、大きな地震に遭うのは初めてなんです』と仰っていました」(杉田社長)

 普段は穏やかで気品漂う美智子さまも、天変地異に遭遇すればご不安なのは無理もない。それでもまずは周囲を気遣われる。そんなお姿が印象に残ったという。

 平成29年、2度目のご訪問の際は、渡来人ゆかりの高麗(こま)神社(日高市)を訪れられ、咲き誇る曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の巾着田(きんちゃくだ)をご覧になってからのご宿泊だった。その際、対応したのは亜通子夫人と娘の馬場実穂さんの2人。当時のことを、とても嬉しそうに実穂さんが話してくれた。

「私が1児の母であるとお伝えしますと、夕食時に美智子さまから、『お子さんはどうなさっているの?』『お名前はなんと仰るの?』とお声がけ頂きました。『娘はいちかと申します。今日は2歳の誕生日ですので大変光栄です』と、申し上げました。すると美智子さまは『そんな大切な日に、こんな遅くまでいて……』と仰り、お見送りの際には、『いちかちゃん、お健やかにお過ごしくださいね』とお声をかけて頂きました」

 どこまでも細やかなお気遣いは、美智子さまならではの母性の発露だったろう。

 過密なスケジュールの行幸啓で、ほっと一息つけるのがご滞在先の宿。その主や女将たちのもてなしに、上皇陛下と美智子さまはどこまでも真摯にお応えになり、ふれあいを楽しまれた。数多(あまた)の交流が、お二人にとって時代を跨(また)いでもなお、忘れがたいご記憶として残っているだろう。

 ご公務をお譲りになり自由な時間が増える上皇・上皇后両陛下が、“これら思い出深い宿を再訪したい”、そんなお気持ちを抱かれてもおかしくない。令和の時代、お二人にはどんな旅が待っているだろうか。

山崎まゆみ(やまざき・まゆみ)
温泉エッセイスト。新潟県生まれ。観光庁「VISIT JAPAN大使」。跡見学園女子大兼任講師として「温泉と保養」をテーマに講義。著書に『だから混浴はやめられない』など多数。最新刊『さあ、バリアフリー温泉旅行に出かけよう!』。

「週刊新潮」2019年5月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)