「高須クリニック」高須克弥院長がリッチな理由 美容外科医が儲かる仕組みを解説

記事まとめ

  • 「高須クリニック」高須克弥院長は女子体操の宮川紗江などを資金面で支えている
  • 愛知県日進市にある別宅に空き巣が入り、7キロの金塊(約3430万円相当)が盗まれた
  • 美容整形は健康保険が適用されず治療費に制約がないため、高収入を得られやすいという

“3500万円空き巣被害”の高須院長、美容外科医が他の医者より圧倒的に儲かる理由

 美容外科医の高須克弥氏(74)がリッチマンであることを疑う者はいないだろう。院長を務める「高須クリニック」がテレビ番組のスポンサーになっているほか、女子体操の宮川紗江選手(19)や女子アイスホッケーチームの御影グレッズ(北海道)を資金面で支えているし、被災地などへの寄附も頻繁に行う。5月4日には愛知県日進市にある高須氏の別宅に3人組の空き巣が入ったが、被害のスケールも大きかった。盗られたのは7キロの金塊(約3430万円相当)。なぜ、高須氏はリッチなのか? 美容外科医が儲かる理由とは――。

 ***

 7キロもの金塊が別宅内に置かれていたのも驚きだったが、それを盗られた高須氏の反応にもまた驚かされた。「命取られなくてよかった。もうけた」(本人のツイッターより)。嘆きや憂いなく、むしろ犯人たちと出くわさなかったことを喜んでいるようだった。

 そもそも高須氏に限らず美容外科医は高収入。厚生労働省が2年に一度実施する「医療経済実態調査」の2017年度調べによると、病院(入院用ベット数20以上)の医師全体の平均年収は約1488万円で、診療所の医師全体(同19以下)は同約1252万円だが、美容外科医に限ると1500万円を軽く超えるとされる。

 事実、医師の転職用サイトには、高給を約束する美容外科医院の求人がずらりと並ぶ。「年収1800万〜4000万円」(A医院)、「年収2500万〜5000万円」(B医院)、「年収2500万〜1億円」(C医院)――。いずれも目がくらむような条件だ。

 ほかの診療科の医院とは条件がまるで違う。たとえば、内科の求人は大半が年収1000万円台。ほかの診療科も年収1000万円台から2000万円台が中心だ。どうして同じ医師でありながら、美容外科医は収入面で恵まれているのだろう?

 医学博士で山野医療専門学校副校長の中原英臣氏に尋ねたところ、その理由を次のように解説してくれた。

「美容整形は健康上の理由で行われるわけではないので健康保険が適用されず、自由診療だからです。保険診療の場合、それぞれの病気ごとに検査や治療の範囲が国から決められており、その中で患者を診なくてはならず、診療報酬も一律。やることが決められていて、やったことの報酬もまた規定されているので、保険診療を行う医師の収入には大きな違いが生じません。そして現役世代の患者さんは診察費のうち3割を負担します。

 一方、自由診療である美容外科には治療費に制約がありません。費用の上限はないし、同じ治療なのに費用が医院によって違ってもいい。だから、ほかの診療科の医師より高収入を得られやすい。その費用は患者さんが全額負担します」

 つまり、保険診療なら、どんな病院にかかろうが、支払う費用は基本的に同じ。たとえば、虫垂炎(盲腸)の手術を受けた場合、執刀が名医であろうが、そうでない医師であろうが、治療費は基本的に一緒なのだ。だから、医師の報酬にもそう違いが生じない。

 一方、美容外科医院は、治療費を自由に決められる。高い費用を設定し、それを患者が納得して払えば、おのずと報酬も高くなる。

 ある医院の場合、顔のエラの骨を削ったり切ったりする「下顎角形成術」を130万円に設定している。難易度の高い施術とされているようだが、まるで軽乗用車の価格だ。ちなみに、この医院では84回までの長期ローンを用意しており、まさに軽自動車並みなのである。

 また、同じ施術でも医院によって費用はさまざま。メスを使わずに一重まぶたを二重まぶたにする「埋没法施術」の場合、3万円以下(片側)で済むところもある一方で、その2倍以上の8万円(同)に設定しているところもある。


■やたらとCMを流すワケ


 いずれにせよ費用は決して安くない。だが、患者は増えている。これも美容外科医にとっては追い風だろう。つい数年前までは「美容整形の市場規模は2000億円」と言われていたが、日本美容外科学会(JSAPS)の調べによると、2017年の市場規模は約3740億円。近年、男女ともに美容整形に対する意識が変化し、アレルギーを持たない人が増えているからだろう。

 同学会の調べによると、17年の施術数は160万3318件だった。ただし、調査対象3656院のうち、回答したのは521院に過ぎないから、実際にはこれを大きく上まわる施術が行われているとみられる。美容整形大国・アメリカの16年の施術数は約422万件なので、人口の違いを考慮すると、日本でも美容整形が大衆化しつつあると言えるだろう。

 費用の設定は自由で、患者も増えたのだから、腕のいい美容外科医はさぞかし儲かっているに違いない。だが、あるベテラン開業医は「美容外科医は腕がいいだけではダメ」と語る。

「友人が何人か美容外科を開業したが、確かに高い技術を持つ美容外科医の収入は悪くない。ただし、より高収入を得るためには宣伝が不可欠。美容外科の場合、ほかの診療科とは違って、『私がお世話になった医院は良かった』と言う患者がまずいませんから」

 美容外科医院は口コミで評判が広まりにくいのである。だから美容外科医院は、CMをやたら流す。

 実は、内科や外科などもCMが流せるのだ。もっとも、保険診療が大半である診療科はCMを流しても採算が合わないので、まずやらない。しかも、医院のCMには医療法でさまざまな規制が設けられているおり、中身を考えるのが難しい。一方、高須氏は、CMの使い方がうまかった。

 美容外科のCMは、本人の了解を得ようが著名人の患者がいることを謳ってはいけないし、施術前と施術後の写真を並べることも許されず、費用の強調もしてはいけない。やれないことだらけ。二の足を踏んでしまいそうなところなのだが、高須氏が早くから「高須クリニック」「yes!高須クリニック」などと医院名のみ強調するCMを大量に流したのは知られているとおりだ。

「あのCMは意味不明」という声もあるようだが、医療法の規制を考えると、医院名のみを伝えるほうが無難だった。どこまで高須氏が事前に計算していたのかは分からないが、商品の内容まで伝えるほかのCMと違った分、得も知れないインパクトが生まれた。知名度は飛躍的に高まった。

 高須氏はCMを効果的に使っただけでなく、美容外科医としても数々の業績も残している。昭和大学医学部と同大学院で骨や関節の機能障害を治療する整形外科医学を学んだあと、1976年に高須クリニック(名古屋市)を開院し、それからは新しい治療法の導入や考案に次々と挑んだ。今では広く行われている「脂肪吸引」をヨーロッパから日本に導入したのは高須氏だし、メスを使わずにヒアルロン酸注射で鼻を高くする施術も考え出した。高須氏はこれを「プチ整形」と命名し、流行らせ、美容外科全体の患者を増やしたとされている。確かに、「整形は怖いが、プチ整形ならいい」という人はいそうだ。

 では、高須クリニックの費用のほうはどうなのかというと、ホームページの料金一覧を調べた限り、他院と比べてとくに高いというわけではない。二重まぶたにする「埋没法施術」の場合、片側5万円。他院の費用を見ると、7万や8万円のところもあるので、標準的といったところか。

 高須クリニックは現在、東京、名古屋、大阪など5院ある。高須氏の著書「行ったり来たり 僕の札束」(小学館)によると、その総売り上げは計約60億円。その富が得られた理由は、稼ぎのいい美容外科医に求められるという「腕」と「宣伝力」を兼ね備えていたということか――。


■美容外科医の卵は


 ところで、リッチマン候補生である、美容外科医を目指す学生たちは、どこで学んでいるのだろう。

「かつては整形外科、形成外科で学んだ医師が美容外科学を独学し、転科するケースが多かったのですが、今は医学部に美容外科の外来があります」(前出・中原氏)

 1978年、奇しくも高須氏の母校である昭和大学が、日本で初めて附属病院に美容外科を設置し、医師を育て始める。以来、東京女子医大、杏林大などの附属病院にも美容外科が設けられた。2007年には神戸大医学部附属病院が国立大として初めて独立した美容外科をつくった。

 とはいえ、医師免許を持ってさえいれば、どんな経歴の医師も美容外科医になれてしまうのも事実。医師免許は診療科を限定していないからだ。医師転職用サイトには「未経験者可」を謳う美容外科医院の求人が珍しくない。

「患者が増えたので美容外科医が不足気味である上、レーザー照射やヒアルロン酸注射などメスを使わない施術法が多くなったので、ほかの診療科からの転科が増えた。だから、経験の浅い美容外科医が増えている」(前出・開業医)

 もし、ほかの診療科から美容外科に移って日の浅い医師に顔をいじられたら、怖い気がするが……。

「美容外科医に限らず医師の技量はさまざま。美容外科で失敗したくないのなら、ほかの診療科と同じく、インフォームドコンセント(治療内容などについて十分な説明を受け、理解した上で、最終的に治療方法を選択する)を欠かさないこと)(同・開業医)

 また、美容外科医院の前で、外から長く観察してると、技術力が垣間見えるそうだ。

「技術力が低い美容外科医院には、元患者たちが抗議に訪れますから。血相を変えて医院に訪れる人を見かけたら要注意。院内の雰囲気も参考になります。医師と患者が言い争いをしていたら、やはり注意することです」(同・開業医)

 前出の中原氏も「価格競争が始まり、安さを売り物にしているところもあるが、それに惑わされないこと」と警鐘を鳴らす。

 ちなみに2018年、国民生活センターに寄せられた美容医療サービスに関する相談は1722件にも上る。

 医師に高収入をもたらす自由診療は、患者側の自己責任によって成り立っている。

高堀冬彦/ライター・エディター

週刊新潮WEB取材班編集

「週刊新潮」2019年6月2日 掲載

関連記事(外部サイト)