原発ゼロ「小泉純一郎」を操る「正義の弁護士」の下半身裁判

 小泉元総理は、いまやイコール原発ゼロだが、それを陰に陽に支え、操っている男をご存じか。かつては「政財界の用心棒」として知られ、いまは「正義の弁護士」として鳴らす河合弘之氏(75)がその人だが、ご自身の恥ずかしい裁判からは目を背けたいようで。

 小泉純一郎元総理が、

「国民多数の賛同を得て、近い将来、必ず原発ゼロは実現する」

 と、例の口調で力を込めたのは、昨年1月10日のことだった。永田町の衆議院第一議員会館ではこの日、市民団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(原自連)が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表し、顧問の小泉氏は、同じく顧問の細川護煕元総理と共に登壇したのである。

 この「原自連」なる団体だが、キーマンは、くだんの会見で小泉氏の隣りに座っていた人物で、幹事長兼事務局長を務める河合弘之という弁護士だ。

 脱原発弁護団全国連絡会を立ち上げて共同代表に就くとともに、浜岡原発差止訴訟弁護団長、大間原発差止訴訟弁護団共同代表などをこなしている。東京電力の経営陣の責任を明確にするために、株主代表訴訟を提起したのも河合氏だ。

 全国の原発差し止め訴訟をリードする河合弁護士が、小泉元総理と結びついた経緯は、昨年7月24日付朝日新聞夕刊に詳しい。

〈この(反原発)運動には保守層も引っ張り込まないと実らない。だからこそ、小泉と組まねば。河合はそう思い定めた〉

 そこで、河合、小泉両氏について評伝を書いている大下英治氏に頼み、元総理と杯を交わしたそうだ。

〈河合は懇意になった小泉に相談を持ちかけた。原発を進める大手電力は電気事業連合会(電事連)という組織のもとに団結している。なのに、脱原発や再生可能エネルギーの組織は全国でばらばら。「こっちも団結しないといけないのでは?」。河合がそう問いかけると、小泉は「いいね、やろうよ」。そうして17年4月の「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の結成にいたる〉

 そう書かれている。

 ちなみに、「原自連」という語呂が「電事連」を意識したものであるのはもちろんだが、とまれ、「原自連」は事実上、設立を企図した河合弁護士の団体だといえる。社会部記者によれば、

「現在、小泉氏の仕事の中心は、各地の講演会で原発ゼロを訴えることで、その主催者が原自連です。今年1月には、経団連の中西宏明会長が原発に関して公開討論を提唱したのを受けて、原自連が小泉氏や河合氏の連名で、経団連に公開討論会の開催を要請したのが記憶に新しいところです」

 いわば、小泉元総理を操る“振付師”が河合弁護士、という構図なのである。

 そのうえ河合弁護士は、

「話題のスルガ銀行の不正融資問題で被害者の弁護団長を務め、東京医大の不正入試問題でも、当事者と支援者の弁護団を結成しました。それに、原発差し止め訴訟などは手弁当に近いので、いまや“弱者の味方”とか“正義の弁護士”といった評価を、ほしいままにしています」(同)

 ところで、河合弘之という名を、別の文脈で目にした記憶がある方もいるだろう。1979年のダグラス・グラマン事件を皮切りに、本人がホームページ上で、

〈これ以降、政財界の事件の用心棒弁護士として大舞台に登場していくことになるのです〉

 と自画自賛するほどの活躍を見せた御仁でもあるのだ。なにしろ、平和相互銀行事件、リッカーミシン事件、政界金屏風事件、国際航業仕手戦、イトマン事件等々、バブル前後の名立たる経済事件を数々手がけている。それに顧問を務めたのも秀和、イトマン、国際航業、小谷光浩、横井英樹、中内功……と、良くも悪くも大物ばかり。

 それについて、河合弁護士は雑誌などのインタビューで、“バブル紳士の用心棒”として、かなり儲けたことを認めている。そのうえで、それだけの一生でいいのか、などと考え、人間全体にとって普遍的なテーマに取り組むべきだと腹を決め、脱原発に傾倒していったのだそうだ。

 こうしてかつての強者の用心棒は、いまや弱者に寄り添い、「しんぶん赤旗」で絶賛される存在に転身した――はずだったのだが。実は、冒頭で紹介した会見後間もない昨年1月19日、東京地裁に提訴された「不貞行為慰謝料等請求事件」の訴状には、勇ましい弁護人としてではなく被告として、河合弁護士の名が記されていたのである。


■「秘密のまま今まで通り」


 日ごろ、原発の運転差し止めに邁進する河合氏だが、くだんの訴状では、この弁護士のほかの方面における、差し止められなかった“運転”について指摘されていた。そこにはまず、

〈平成28年2月26日、原告が訴外まゆ子(仮名)を呼び出して面談し、婚姻期間中に不貞行為を行った事実の確認を行ったところ、訴外まゆ子は被告らを含む複数の男性との間で不貞行為を行った事実を認めた〉

 と書かれている。原告は都内に住む会社社長(50)で、仮に山田徹氏としておこう。まゆ子さん(46)と2004年9月に結婚するが、妻があまりに留守がちで13年4月に離婚。「不貞行為」云々の主張は、置き忘れられていた彼女の携帯電話のメールや留守電から発覚したものだ、というのが山田氏の主張である。

 さて、訴状には続いてこんな文言が並んでいる。

〈被告河合は、訴外まゆ子との間で、原告と訴外まゆ子が婚姻する以前に性交渉をともなう交際をしていた。

 平成16年に訴外まゆ子が原告と婚姻した後も交際は続いた〉

〈ところが、平成20年頃に、訴外まゆ子が長男を身ごもったことにより、訴外まゆ子から被告河合への連絡が一時的に途絶え、(中略)被告河合は、訴外まゆ子との交際の継続を企図して、(中略)平成21年3月11日及び同月14日の2回にわたり既婚者である請求外まゆ子に架電し、折り返しの電話を求める旨の留守番電話にメッセージを残した。

 特に、被告河合は平成21年3月14日の電話の際に

「私です。長い間電話もらえないので、結婚でもしたのかなと思っています。僕はそれはそれでもいいので秘密でそのまま今まで通り付き合いたいのだけど。電話ください。…または病気で入院でもしているのかなと思っていますが、いずれにしても秘密で続けたいので電話ください。」

 とのメッセージを残し、訴外まゆ子が既婚者であっても秘密裏に交際を継続することを企図して連絡をとったのである〉

 むろん、真偽のほどは今後、裁判で争われるわけだが、河合弁護士は、妻との間に3女をもうけているから、仮に事実なら、W不倫ということになるわけだ。

 ところで、先に引用した訴状に「被告ら」とあったのにお気づきだろうか。被告は河合弁護士のほかにも2人おり、そのうちの1人である東証2部上場のベンチャー系不動産会社社長について、こう書かれている。

〈後日、被告桑田(仮名)は、素直に、訴外まゆ子が原告と婚姻した後に交際をし、性交渉を行ったことを認め、訴外まゆ子から「子供が欲しい」「中に出してほしい」等と言われた旨の供述をしている〉

 さて、この訴訟にいたるまでの経緯を少し遡っておくと、実は、これより前にまゆ子さんが山田氏を提訴していた。内容は「債務不存在確認請求」で、訴状によれば、要するに、まゆ子さんが自分の「不貞行為」について、元夫である山田氏への「損害賠償」の必要はない、と訴えたのだ。

 だが、7カ月後の17年8月、和解が成立した。そして「和解条項」には、

〈債権者(注・まゆ子さん)は、債務者(注・山田氏)に対し、両名の婚姻期間中、債権者が複数の男性との間で不貞行為に及んだと債務者が認識する不用意な行為があったことを認めこれを謝罪する〉〈債権者は、債務者に対し、本件解決金として金1千万円の支払義務があることを認める〉

 などと書かれ、こんな記述も見られる。

〈債務者は、債権者に対し、申立外高井誠(仮名)及び河合弘之に対し、訴訟外の交渉・和解をすることを除き、一切の法的措置をとらないことを確約する〉

 要は、まゆ子さんが慰謝料1千万円相当の「不貞行為」を認め、「相手」と目される人物の名前が記された、というわけである。


■墨塗り教科書のよう


 この和解条項が交わされる前、山田氏の弁護士が河合氏側の弁護士に面談して作成したメモが地裁に提出されていた。一連の訴訟に、河合弁護士の事務所の同僚が関わっていないというのも、なにやら意味深だが、それはともかく、メモには河合氏の主張として、

〈まゆ子が結婚するずっと前からの知り合い〉〈携帯の留守電のうち「秘密」というのは、まゆ子の親には秘密という意味〉〈性的関係もなかった。食事をしていただけ〉

 などと、言いわけと否定が並びながら、〈(金額について)100万円であれば即金で用意できる〉とも書かれている。また、山田氏側の弁護士の感触として、〈300万円までであれば、説得の可能性あり〉とも記されていた。

 それなのに、なぜ山田氏は河合弁護士から慰謝料を受けとらず、訴訟に踏み切ったのか。山田氏が言葉少なに語ったところでは、

「河合弁護士は、和解条項に“一切の法的措置をとらない”という文言が入ったのを確認し、もう訴えられないと思って、慰謝料の交渉を取り下げたのでしょう。私に言わせれば、その条文は元妻に対して約束したもの。元妻が和解条項にある、私と息子との面会交流の再開の約束を破っている以上、無効のはずです」

 河合弁護士が、「法的措置をとらない」という文言を盾に、慰謝料の支払い拒否に転じたため、訴えたらしい。ついでに言えば山田氏は、河合弁護士が留守電に残した〈秘密でそのまま今まで通り付き合いたいのだけど〉云々という音声を、本誌(「週刊新潮」)記者に聞かせてくれた。

 もっとも、河合弁護士側は「不貞行為」を否定している。同時に、先の和解条項に〈一切の法的措置をとらない〉という文言があることを理由に、〈本件請求は上記契約に反するものとして却下されるべきである〉と主張。このため裁判は入口で止まったままだ。

 加えて、河合氏側は、裁判資料の閲覧制限を頻繁に申し立てていた。申立書には、〈第三者に公開されることによって申立人の名誉権及びプライバシー権が著しく害される〉などと、悪事を暴く達人らしからぬ、せせこましい文言が並ぶ。

 結果、訴状などは終戦直後の墨塗り教科書のようで、だれが被告のなんの裁判かさえわからない状態だとか。それを目で確かめるべく東京地裁に確認したが、

「ものすごい数の閲覧制限申立てが出ているので、閲覧できるまで最低でも3カ月はかかります」

 自分がこんな裁判の被告だなんて世間に知られてなるものか、という意地が感じられるが、実は、本誌はまだ黒く塗られる以前から閲覧していたのである。


■記者を見るなり逃げて


 意外とセコイ河合弁護士だが、知人に聞くと、実に粋な男なのだそうで、

「ピンクのジャケットを着るなどオシャレで、ハーレーに乗ったり能を演じたりと多趣味。これまで相当稼いだので、反原発の映画を自ら監督して製作したときも、3500万円ほどの製作費をポンッと出したんです。また、自宅地下には100人は入るホールがあって、ビュッフェなど著名な画家の絵がたくさん掛かっています」

 これも粋人の趣味の一環か。2000年には「噂の眞相」が、経歴から明らかに河合氏とわかる「K弁護士」が、都内のマンションで夜な夜な高級コールガールを受け入れていた、という追跡レポートを掲載していた。もっとも当人は、どんな“証拠”を突きつけられても否定したようだが。

 さて、正義の弁護士は自身が被告である訴訟について、なんと答えるか。自宅を訪ねると妻が、

「今日は年に1回のお能の発表会で、その後は打上げなので時間がとれない、と本人が申しています」

 そこで河合弁護士の携帯に電話し、用件を伝えると、

「じゃあ、こっちもちょっと考えますので、また電話するかもしれません」

 と答えたかと思えば、すぐショートメールで、

「訴訟の件については訴訟外で話すべきではないのでお会いできません。取材御断りします」

 仕方なく、発表会を終えて能楽堂から出てきた河合氏に声をかけたが、記者の顔を見た途端、踵を返すので、裏側の楽屋口に回った。しかし、またもや記者を見るなり逃げてしまった。以前、某誌に(福島第一原発の)「あの事故で『逃げちゃいけない』と肚を決めました」と語っていたのに。

 すると翌日、くだんの訴訟の代理人から、

〈河合とまゆ子氏の間には不貞行為と評価される事実はなく、(中略)山田氏とまゆ子氏が婚姻関係にあったこと自体を知りませんでした〉

 などと書かれた、「警告書」なる物騒なファックスが届いた。河合氏も弁護士なのに、自分で答えないのは摩訶不思議である。

 原自連の会長である城南信用金庫顧問の吉原毅氏に、訴訟について知っているかどうか尋ねると、

「さすがに知らないです。河合先生はいかに原発を止めるかについて、エネルギッシュに頑張っていますが、それ以外の話は全然わからないんです。ただ、ほかの問題で反原発運動が後退するのは心外です」

 だが、少しして吉原氏から追加の返答があった。

「河合先生から電話があり、事実無根だというので、そこをはっきりさせて原発ゼロにエネルギーを注入していただきたいです」

 事実無根なら、胸を張ってそう主張すればいいのに、不思議な御仁である。そのうえ“身内”に泣きつくとはカッコ悪い。弱者の味方がそんな弱虫では、様にならないではないか。

「週刊新潮」2019年5月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)