紀子さま実弟が「広告塔」に? 未来のお世継ぎの叔父にまさかのトラブル

 令和の幕開けから1カ月。宮中晩餐会も無事に終わり、天皇・皇后両陛下の「おもてなし」に、トランプ大統領はご機嫌で羽田を後にした。一方、両陛下をお支えする皇嗣家では、かねてからの長女・眞子さまの結婚問題以外にも、さらなる懸念が取り沙汰されている。

 ***

「最近の秋篠宮ご夫妻のご様子は只事ではありません」

 とは、宮内庁担当記者。

「4月30日から翌日にかけての一連の儀式の間も、秋篠宮さまのご表情はすぐれませんでした。また5月22日には、皇后さまが日本赤十字社の名誉総裁として初めて臨まれた『全国赤十字大会』が開かれたのですが、溌剌とされていた皇后さまとは対照的に、紀子さまはうつむきがちで、笑顔も乏しくておいででした」

 そこには、いまだご一家で解決を見ない「小室問題」の影が窺える。ご心労の絶えない秋篠宮さまがご体調を崩されていることはすでに報じられており、加えて、悠仁さまの通われる中学校では、連休前に刃物男侵入事件が発生。犯人が「悠仁さまを刺そうと思った」などと供述したのだから、将来のお世継ぎをお育てになる紀子妃のご心情は、拝察するに余りある。

 が、そうしたお悩みの種は、ご家庭の内に限らないと指摘するのは、さる皇室ジャーナリストである。

「昨年の秋以降、紀子さまの実弟であり、東京農業大で准教授を務める川嶋舟(しゅう)さんに関する記事が、複数のメディアで報じられました。それらはいずれも、舟さんが特定の団体のいわば“広告塔”のような役割を担わされているといった内容だったのです」

 そのうちの一つ、舟氏が監事を務める一般社団法人「日本食文化会議」は、ホームページ上で、

〈多角的視点からの「日本食文化」を、国内外に発信し、食文化の共有による世界平和への貢献を目的とする〉

 と謳い、舟氏が他のメンバーらと写った写真を掲載。また役員紹介欄では、舟氏とともに「旧米沢新田藩主」「明治天皇の玄孫」などといった肩書の人物が名を連ね、年会費1口10万円という「特別賛助会員」も募っている。同団体の関係者いわく、

「皇室にご縁のある方も参加されていますが、もともとうちの団体は東京農大の関係者が多く、川嶋先生もそのお仲間として、学生時代の研究がそのまま発展したというだけです」

 皇嗣妃の実弟という立場とは、あくまで無関係なのだという。


■高額寄付で食事


 続いて、地方創生事業を推進する一般社団法人「おらがまち」。こちらは、今年初めまでクラウドファンディングの形で、

〈川嶋舟先生構想・幻の米・龍の瞳でつくる限定酒〉

 と銘打った四合瓶を、4500〜5千円の出資と引き換えに提供していた。

「集まった金額は61万9千円になります」

 とは、同団体の理事。

「川嶋さんはプロジェクトを発案し、クラウドファンディングという手法は私たちが考えたのです。集まったお金は運営資金に充てました。すでに次のプロジェクトも決まっていて、同じように『川嶋先生発案』と名付ける予定ですが、広告塔にしようなんて考えたこともありません」

 それでもかつて、以下のような騒動があったという。

「障害者の雇用促進などを掲げるNPO法人『ちいさなアリの手』で、舟さんは9年前の設立時から役員を務めていました。ですが、団体の関係者が『高額寄付をすれば、川嶋先生と食事ができる』との名目で寄付を募ってトラブルとなり、舟さんは役員を辞するに至ったと報じられています」(前出ジャーナリスト)

 この団体に聞くと、

「報じられた内容には、一切心当たりがありません。舟さんが役員を辞めたのは『大学の仕事が忙しいから』と言っていましたし、今でもメンバーと飲みに行ったりしています」

 とはいえ、こうした民間団体との関わりは皇族方、わけても未来のお世継ぎであられる悠仁さまの叔父ともなれば、慎重を期すに越したことはない。それは言うまでもなく、研究者としての理念とはかけ離れ、結果として「皇室利用」といった事態を招かないとも限らないからである。

「週刊新潮」2019年6月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)