「テスラの車でなかったら、夫は死なずに済んだかもしれない」 自動運転車の暴走リスク

■自動運転車で初の惨事 大黒柱を奪われた母娘の慟哭(2/2)


 ツーリング中の惨事によって、櫻井隆太さん(仮名・44)=当時=が命を落したのは、昨年4月29日のことだった。事故対応のため、高速道路上に停車していた櫻井さんたち一行のところへ、加速した「自動運転車」が突っ込んだ結果の悲劇である。

 過失運転致死傷罪で起訴された伊藤展慶被告(49)は、自身の居眠りを認めつつも、運転していたテスラ社の「モデルX」に搭載された「クルーズコントロールシステム」の故障が原因と主張。無罪を訴える被告人に、櫻井さんの妻は憤りを隠せない。

 ***

 神奈川県警に聴取されたテスラのエンジニアはこう話したという。〈クルーズコントロール機能は追尾していた車両が車線変更して、代わりに静止した車両が前方に現れるとエラーを起こすことがある。その点は納車時に説明している〉。

「でも、モデルXのマニュアルではこのエラーは“時速80キロ以上で走行中に生じやすい”と説明されています。今回の事故は渋滞に巻き込まれて時速10キロ程度で走行中に起きている。この事態をテスラ社は把握しているのでしょうか」(櫻井さんの妻)

 また、事故当日は、「雲ひとつない晴天で、絶好のツーリング日和だった」(櫻井さんのバイク仲間)。しかも、

「高速道路は横断歩道や信号もなく、歩行者も飛び出してこないので自動運転に適した環境と言えます」

 とはモータージャーナリストの島下泰久氏の弁。

「ただ、それでも事故は起こり得る。“自動運転”を“完全自動運転”と誤解したまま説明書も読まず、販売員の話もろくに聞かずに居眠り運転をしては話になりません。いま存在するのは、あくまでも、“自動運転に向けた技術を用いた運転支援機能”が搭載されている車に過ぎないのです」

■法整備も道半ば


 確かに、「自動運転」という言葉には魅力的な響きがあるが、現実的には法整備も道半ばの状態だ。

 国土交通省の「自動運転における損害賠償責任に関する研究会」の委員を務める、古笛恵子弁護士は、

「今年5月の衆院本会議で、道交法と道路運送車両法の改正案が可決されました。これはレベル3の自動車が公道を走るための法整備と捉えられています。しかし、コンピューターのプログラムには限界がある。レベル3を含めて、当面はあらゆる自動車事故の責任が“運転者”に科されることに変わりありません」

 悩ましいのは「保険」も同じ。日本損害保険協会の広報担当者によると、

「現在、公道を走っている自動車はレベル2以下に限られるので損害賠償責任はドライバーにあります。そのため、基本的には通常の自動車保険と同様に処理される。ただ、今後は事故の原因にシステムの不具合やサイバー攻撃などが絡んで、責任の所在を確定しづらいケースも想定できます」

 今回の事故でも通常の賠償金が支払われるが、刑事訴訟の終了の見込みも立っておらず、遺族はまだ受け取っていない。

 先の古笛弁護士はこう付け加える。

「今回の裁判における弁護側の主張は、医療事故を疑われた医師が、“手術をしなくても患者は亡くなっていた”と主張するのと同じです。とはいえ、ドライバーが居眠りせず、事故前に減速したり、ハンドルを切っていれば、被害者の命は助かったかもしれない。弁護側が“全く避けようのない事故”だったと証明するのは至難の業だと思います」


■「何もする必要はありません」


 如何に自動運転といえども、ドライバーの責任は免れないのだ。となれば、

「買う側はもちろん、売る側も、自動運転はまだ開発途上の技術という認識を持つ必要がある」(島下氏)

 テスラ社のHPにはこんな文言まで躍っている。

〈テスラに乗り込んで行き先を伝えれば、後は何もする必要はありません〉

 こうした表現が、ドライバーの「過信」を招くとは考えないのだろうか。

 もちろん、自動運転技術の発展が高齢ドライバーにもたらす恩恵を否定するつもりはない。しかし、地域交通医学が専門の朴啓彰・高知工科大学客員教授はこう警鐘を鳴らすのだ。

「昨年だけで40万人を超える方が免許を自主返納しましたが、それでも、高齢ドライバーによる事故が減らないのは事実。高齢になれば白内障や緑内障で視力が衰えたり、視野が狭くなる一方、脳の萎縮によって自分中心になり、能力を過信しやすくなる。とりわけ、とっさの判断は高齢者が最も苦手とするところです」

 だからこそ、レベル3以上の自動運転車を普及させようという流れは社会の要請でもあろう。しかし、である。

 自動運転という言葉を鵜呑みにした高齢ドライバーが、緊急時に高度な判断を「暴走コンピューター」に完全に委ねたとしたら――。その結末は想像に難くない。

「週刊新潮」の取材に伊藤被告は「何も答えられません」と述べるのみ。テスラ社に至っては、南青山のオフィスやアジアパシフィックの広報窓口に計5回に亘って取材を申し入れたものの、一切回答はなかった。

 櫻井さんの妻は最後にこう語る。

「自動運転が導入されれば、すべての事故がなくなるという考え方にはどうしても首を傾げてしまいます。エラーの起きない機械など有り得ないからです。夫の死を無駄にしないためにも、自動運転の可能性だけでなく、危険性や補償の問題についても改めて考えてもらいたい。その上で、被告人には厳しい制裁を与えてほしいと願っています」

 日進月歩の開発が進む自動運転技術。だが、「あの事故から一歩も前に進めていない」という母娘の声を無視してはならない。

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)