交際相手がいない独身者が増加中の背景に「親と同居」「モンペ」 日本の最新“結婚事情”

 日本で「未婚」というと、女性のことをイメージする方が多いのではなかろうか。男女雇用機会均等法が施行された1980年代以降、高学歴の女性が社会進出して、独身のキャリアウーマンが増加。その影響もあって未婚の女性が増えている、と思われがちだが、現実は違う。2015年の国勢調査によると、50歳で一度も結婚経験がない人の割合は女性で14・9%なのに対し、男性は24・2%。つまり、約4人に1人が、結婚経験がないというのだ。

 さらに、衝撃的な数値がある。18歳から34歳までの結婚歴のない未婚者のうち、男性の7割、女性の6割が「交際相手がいない」という。

「欧州圏の海外メディアが、結婚しない日本人が増えていることについて私に取材に来られるのですが、彼らは、法律婚が減っているからと思っています。それで私がホワイトボードに、18歳から34歳までの、男女の非交際率を書くと、みな驚愕します」

 そう解説するのは、少子化問題の専門家で、ニッセイ基礎研究所生活研究部準主任研究員の天野馨南子氏。7月末、『データで読み解く「生涯独身」社会』(宝島社新書)を出版した。

「海外メディアは、18歳から34歳といえば、最もパートナーが必要な時期なのに、7割もの人が交際相手がいないのは前代未聞ということでしょう。日本には魅力的な女性が多いのに、どうして交際しようと思わないのか理解できないというのです。日本の男性は草食系と言われ、昔は、結婚するためにはお見合いをするのが主流でした。会社の上司、親、家が結婚相手を決めたわけです。むろん当時は肉食系文化はなかったのですが、現在、お見合いによる結婚は1割を切っています。自由恋愛によって結婚しなければならなくなり、交際未経験の20代後半の男女に、交際経験がない理由を問うアンケート調査を行ったところ、男女とも“どのように男女交際すればよいかよくわからない”という回答が一番多かったですね」

 14年に明治安田生活福祉研究所が行った、「結婚に関する調査集計データ」で、20〜49歳の未婚・既婚、双方の男女に「なぜ生涯未婚率が上昇していると考えているか」とのアンケートでは、男女とも、「雇用・労働環境(収入)が良くないから」という回答が男女平均で4割近くあった。

「けれどもこれは、回答者の主観を表しているにすぎません。経済的理由で結婚できないというのは、本当に正しいのか。20代女性の6割、30代女性の7割が結婚相手に求める最低年収として400万円以上を希望しています。結婚には400万円という“年収の壁”があるかのように見えますが、20代後半の大卒・院卒の男性でさえ、半数はその壁を超えていません。15年の平均初婚年齢は男性31・1歳、女性29・4歳です。夫婦の平均交際期間は4・3年となっています。年収の壁が超えられないのがほとんどである20代後半の男性は、それでも女性がアプローチして(されて)交際し結ばれているのです。お金がないから結婚できないという理由は説得力に欠けます」

 若い男女の非交際率が高い背景には、親との同居率の高さが挙げられるという。

 天野氏の著書によれば、2015年の国勢調査から算出した20代〜40代の未婚男性の6割超が身内と同居。同じく、20代〜40代未婚女性では、20代は身内との同居が72・7%、30代は68・1%、40代は65%と高い数値となっている。海外と比べるとどうか。アメリカは、18〜34歳の男女が34・1%、同じくオランダは36%、イギリスは34・3%、ノルウェーは22・9%と、日本よりもかなり低い。


■“長期子どもポジション・キープ”


 さらに、こうも指摘する。

〈親との同居から得られる特殊な同居メリットを死守することを、私は「長期子どもポジション・キープ」と呼んでいます。「長期子どもポジション・キープ」のメリットを捨て去ってまで結婚したくない――。親子同居から受ける多大な経済的・精神的メリットを考えると、そのように無意識のうちに考える未婚男女は決して少なくないように思います。(中略)そこで、「長期子どもポジション・キープ」のメリットを少し具体的に挙げてみたいと思います。

●料理、掃除、洗濯――母親が「“超”察しのいいメイド」として代行
●ゴミ出し、苦情対応などの近所付き合い――主に母親が当然のように代行
●不動産コスト(住居費、光熱費)――主に父親が不動産パトロンとして支払うのでゼロ
●移動(ガソリン代)――父親が無料レンタカー店として機能(しかも自分で買う場合よりも高級な車が使える)〉

 こんなメリットがあれば、親との同居を解消したくなくなるのも、当然かもしれない。

〈親子密着型の暮らしを続けていれば維持できるコストパフォーマンスと、メンタルに優しい「いちいち説明しなくても察してもらえる」生活を結婚後も手放したくないとするならば、(中略)結婚相手には母親のような“専属メイド”的な役割を期待し、父親のような“パトロン”ぶりまでも期待することになります。それを受け入れてくれるような相手は、少なくとも私からみれば“神様”のような人です〉

 そもそも、未婚の男女が親と同居するのは、むしろ親の方に責任があるという。

「91年に成立した、子どもが1歳になるまで育児休業を取得できる育児介護休業法の恩恵を受けていない親の場合、母親は共働きすることが不可能だったので、専業主婦になっています。膝に子どもを乗せ、子ども中心の生活になります。父親は一馬力で家族を支えなければならないので、ブラック企業に勤め、夜も遅い。或いは転勤で、父親不在の家庭もあったでしょう。そうなると、母親は子どもと向き合い、強依存になる。恋人みたいになって、子どもが大人になってもそばに置きたがる。パラサイトシングルは親がさせているのです」

 モンスターペアレントの存在が目立ち始めたのは90年代後半で、社会問題となるのは07年頃からだが、

「日本で、若い未婚者の非交際率が高くなり始めたのは、05年からで、ここから非交際率もいっきに上がってきます。モンスターペアレントが子どもの異性交際にいい顔をしないとか、認めなかったというのがその背景にあるのは想像に難くありません」


■タイムラグ式一夫多妻制


「男女の出生比率は、1対1・05で男が5%多い。ただ、男の方が乳幼児での死亡率が高いので、だいたい1対1になります。まさに神の手のなせる技です。ほぼ同じ出生数なのに、50歳で結婚の経験がない男性は、女性の1・6倍もいるというのはどういうことなのか、調べてみました。カイロ大の研究者からイスラムの婚姻形態を伺ったとき、イスラムは一夫多妻制ですから、ひとりの男性が何人もの女性と結婚すれば、結婚できない男性が増え、女性より未婚率が高くなっています。それをヒントにして、国勢調査からデータを算出すると、日本は、男性の方が女性より初婚の相手と再婚する数が年間2万人弱ほど多いことがわかりました。日本では、法的に同時に複数の妻を持つことはできませんが、“再婚”という形で、時間をずらして、1人の男性が初婚女性と複数回結婚することはできます。これを“タイムラグ式一夫多妻制”と呼んでいます」

 妻と死別・離婚した男性の方が、初婚男性より、“結婚力”が高いという。

「再婚する男性は、若い頃に結婚をしていますから、肉食系で行動力があるし、女性のこともよく知っている。初婚女性を導きやすい、好きにさせやすいのですね。実際、再婚する男性の44%は、自分より7歳以上年下の女性と結婚しています」

 再婚する女性はどうか。

「婚活イベントでは、顔をひきつらせることはしないし、男性にこういうことを言うと腹が立つ、というような地雷は踏みません。イベントでは、40代のシングルマザーと20歳前後のお嬢さんがいました。普通なら、お嬢さんの方が断然有利にみえますが、カップリングできたのはシングルマザーの方でした」

 これでは若い人は、ますます結婚できなくなるばかり?

週刊新潮WEB取材班

2019年8月1日 掲載

関連記事(外部サイト)