京アニ放火殺人の悲劇を生んだ「爆燃現象」から我が身を守るには

「爆燃現象」によって炎と煙が建物全体に一気に広がり、35人が死亡――。逃げのびるのが難しいほどの大火災だった京都アニメーションの放火事件。一方、重軽傷を負いながら九死に一生を得た人も33人いた。生死を分けたものは一体何だったのか。

 日本火災学会の名誉会員で東京理科大学大学院の菅原進一名誉教授が言う。

「ガソリンは揮発性が高く、室内にまかれるとガスとなって充満します。そして、火がつくと急激に燃え広がることも特徴です。つまり、ガソリンがまかれて火がつけられると、建物内には一気に炎が広がるのです。このように、爆発的に燃焼する『爆燃現象』が今回の現場では起こっていたのでしょう。容疑者が重度のやけどを負っていることからも、逃げる暇もなく燃え広がったことが分かります」

 さらに、今回の建物は複数の「悪条件」を備えていた。

「炎が早く燃え広がった原因の一つは、1階玄関付近から3階までつながっているらせん階段があったこと。それが煙突と同じような機能を果たし、そこを通じて炎、煙、可燃性のガスが混ざったものが急激に上がっていったのです。そして、それぞれのフロアで炎は天井に当たり、横に広がっていったと思われます」

 と、菅原名誉教授。

「また、各フロアは、仕事をしている人同士がコミュニケーションを取りやすいように、壁がなくてオープンだった。壁があればそこで一旦炎がストップします。壁がなかったことで、横に燃え広がるスピードが速かったのです」


■死ぬか、飛び降りるか


 今回の火災では多くの人が一酸化炭素中毒で亡くなったと見られている。

「人間が空気を吸って取り込んだ酸素は、血液内のヘモグロビンと結合して体内に運ばれます。ところが、ヘモグロビンは酸素よりも一酸化炭素と結合しやすいため、吸い込むと、酸素が取り込めなくなり、最初は意識の混濁や麻痺の症状が起こる。そして最後は、体内窒息という状態になって亡くなります」(同)

 一酸化炭素はハンカチなどで口を覆っても体内に入り込んでしまうが、

「一般的に煙は上昇し天井に滞留後徐々に横に広がり、それから下に降りていく。その場合、床面から40〜50センチほどのところに中性帯という、一部空気が残っている層がある。一酸化炭素をなるべく吸わないようにするためには、体を低くして中性帯に鼻と口の位置をもってくることが大事です」(防災システム研究所の山村武彦所長)

 階下から火が上がってくる場合、心理的にはどうしても上に逃げたくなる。実際、今回の火災でも3階から屋上に上がる階段で19人の遺体が見つかっている。2階で亡くなった11人も階段に近いフロアの中央付近で発見された。

「逃げる方向は原則は下が正しい。必ず屋外に通じているからです。どうしても下に避難できない場合は、屋上に避難するのも一つの方法ではあります」

 と、山村氏は話す。

「窓から飛び降りるというのも一つの手段です。2階から飛び降りても、頭を打たない限りは骨折で済む。今回の火災でも、2階から飛び降りて助かった男性社員は“死ぬか、飛び降りてケガするかの選択だった”と語っていました」

 誰の身にも起こり得る今回のような悲劇。「知恵」を身に付けておけば、瞬時の判断で自分や家族の命を守れるかもしれないのだ。

「週刊新潮」2019年8月1日号 掲載

関連記事(外部サイト)