「雅子皇后」だけでない皇族の語学力、雅子様よりにさらに上といわれるのは誰?

雅子さまより語学力上の皇族

「雅子皇后がトランプ夫妻と通訳なしで話せて凄い」といったニュースが流れて、皇室外交への期待が高まっている。

 なにしろ、上皇御夫妻も含めて皇族方の語学力はおしなべて高いのであって、雅子さまに限ったことでない。ブエノスアイレスのIOC総会で、高円宮妃のスピーチが東京五輪誘致の決め手となったことも忘れてはならない。

 そこで、皇族方の語学力を少し精査して失礼ながら通信簿のようなものもつけてみようと思う。

 また、英語だけでなく、他の言葉も大事だ。「両陛下がフランスのマクロン大統領夫妻とフランス語で挨拶をかわされた」といったことも報道されたが、これは、本当に称賛に値する。フランス語に誇りをもつフランス人もおおいに喜んだのである。

 ***

 雅子さまの経歴を見れば、英語が上手なのは当たり前というか、ネイティブに近いことが分かる。お生まれになったのは、父親で外交官だった恆氏が本省勤務だったときなので東京だが、2歳になるまでに父親の赴任のためにモスクワに移り現地の保育園に通われた。このためにロシア語がいまも日常会話ならできるようだ。

 このあと、恆氏はニューヨークの国連代表部に転勤になったので、市内ブロンクスに住んで、現地の幼稚園や小学校に通ったが、恆氏が帰国し福田赳夫外務大臣の秘書官となったので、目黒区や新宿区の公立学校に通い、二度目のチャレンジで母親の母校である田園調布雙葉小学校の3年生に編入学した。

 恆氏はその後、福田が総理となったのでのちに首相となる福田康夫とともにその秘書官となった。このように、福田家と小和田家のつながりには格別のものがある。

 そののち、恆氏は在米日本大使館公使の肩書きでハーバード大学で教鞭を執ることになり、雅子さまもボストン市郊外ベルモント市のハイスクール、ついでハーバード大学経済学部に入学した。このあいだ、夏休みにはドイツとフランス(グルノーブル市)の夏期講座に通われている。

 大学卒業後は日本に戻り東京大学法学部に学士入学。さらに、外交官試験に合格。このころに陛下との出会いがあった。外務省では語学研修でフランス語を専攻し、二年目からは英国のオックスフォード大学へ留学。夏休みには二度目のフランス(ブザンソン)での語学研修をされた。ただし、修士号はとられていない。

 天賦の才に加えて、外交官の父親と外資系企業に勤務経験もある母親の薫陶、さらに、父親の勤務地がアメリカだったことなど恵まれた条件が重なっていたのである。

 こうした経歴をみれば、雅子さまの主たる教育の場は海外、とくに英語圏でのもので、フランス語やドイツ語の学習も、英米でのかなり優秀な学生として通常のものだったというべきだろう。

 トランプ大統領のメラニア夫人は、社会主義時代のユーゴスラビア(現在のスロベニア。第1次世界大戦まではオーストリア領でドイツ文化圏)に生まれ、26歳にしてはじめて渡米したのだから、雅子さまと通訳なしで話せたのを誉めるべきはメラニア夫人の方だろう。実際、メラニア夫人は結婚当時は英語はかなり不自由だったといわれる。その意味で、新聞の見出しには少し違和感がある

 むしろ、雅子さまは、東京大学へ学士入学したり、外交官試験に合格されたほうを誉めるべきだ。ただし、学士入学試験は一種のAO入試であり、東京大学は卒業はされていないし、外交官試験は外交官の子弟は通りやすいといわれているので、少し割り引いて受け取るべきかもしれない。


天皇陛下のフランス語力


 雅子さまの陰に隠れた格好だが、天皇陛下の語学力も称賛に値する。幼少時から最高の教師たちによる質の高い教育を受け、英国に留学され、各国の王室関係者などと交流の機会をもっただけのことはある。

 フランス語については、学習院大学でルソーの研究家でパリ日本館の館長も務められた小林善彦先生の教えを受けられたようだが、昨年のフランス公式訪問ではベルサイユ宮殿での晩餐会で見事なフランス語でのスピーチをされて絶賛された。

 上皇陛下は世代が違うし留学もされていないので今上陛下と比較するわけにはいかないし通訳を使われることが普通だが、米国人バーニング夫人も含めてあの世代としては良質な語学教育を受けておられ、英語もフランス語もそれなりにお話になるようだ。

 ちなみに、昭和天皇はもともと、フランス語のほうが上手だったといわれる。戦後の訪欧中にエスカルゴの殻をお土産に所望されて、「3個」と仰ったのかと思ったら「サンク(フランス語で5の意味)」だったというエピソードがある。

 美智子さまについては、小学校は雙葉、中学から大学までは聖心女学院で、英語とフランス語を学ぶには当時として恵まれた環境だった。また、婚約前には、ベルギーにて開催された「聖心世界同窓会第1回世界会議」の日本代表として出席し、欧米へ長期の旅行をされているが、これは、外貨事情から海外観光旅行が自由でなかった当時としては希なことだった。

 美智子さまの英語・フランス語については、「あの世代で海外生活の経験のない方としては驚異的な水準であり、おそらく、御成婚ののちもかなりの研鑽をつまれたとしか考えにくい」と専門家からも絶賛されている。

一方、秋篠宮皇嗣殿下については、皇太子殿下と同じく英国に留学されているが、各国の王室との交流といったことの機会は同等でなかったようだ。しかし、タイにおけるナマズの研究など独自の国際交流もされており、国際交流に十分な語学力だと聞いている。

 妃殿下の紀子さまも意外に長い在外経験をお持ちだ。父で経済学者の川島辰彦氏がペンシルベニア大学大学院に留学したことから、ものごころついてから小学校1年生の途中までアメリカの現地校で過ごされている。

 そののち辰彦氏が学習院大学助教授となったために帰国され、学習院の中等部に入学されたが、2年生の時に、辰彦氏がオーストリアのウィーン近郊ラクセンブルクの国際応用システム分析研究所(IIASA)の主任研究員となったので、それから、2年間をここで過ごされ、紀子さまはウィーンのアメリカ・インターナショナル・スクールで学ばれた。

 そうしたことから、英語は問題なくできるし、ドイツ語も日常会話程度は、ということらしい。ただ、長じてからの留学経験などはお持ちでないので、限界があるのも確かだ。

 一般に幼少期に在外経験があると発音やヒアリング能力は高くなる。ただ、多彩なボキャブラリーや複雑な思考を外国語でできるのは、高校生とか大学生として過ごさないとだめだし、大人としての丁寧な物言いができるのは、大学院や社会人としての経験が必要だ。

 そういう意味では、雅子さまは、幼稚園、小学校、高校、大学、大学院というすべての時代の経験があるので別格ということになる。


■語学力ピカイチの皇族は


 しかし、皇族で語学力ピカイチというのは、なんといっても高円宮妃久子さまだ。父の鳥取滋治郎氏はフランス三井物産の社長をつとめたビジネスマンだが、母の二三子さんは、外交官で『国際儀礼とエチケット』という著書が有名なプロトコール(儀礼)の最高権威だった友田二郎氏の令嬢で、フランス語の普及につとめた功績でレジョンドヌール勲章をもらっている。さらに、友田夫人は九条家を通じて昭和天皇の又従姉妹にあたる。

 久子さまは、聖心女学院中等部ののち渡英して現地校に入り、ケンブリッジ大学ガートン・カレッジで中国学・人類学などを学ばれ、帰国後は翻訳や通訳をされていた。プロの通訳などの評判では、やはり通訳を仕事としてされていただけに、語学ができるというだけでなく、疑いなく極めて高度でレベルの高い英語であり、ある意味で外交官としての実用性に力点を置いた雅子さまのものよりさらに一段上だ。

 オリンピック招致のときの演説では、母親ゆずりのフランス語もおおいに役だった。なにしろ、IOCではフランス語のほうが英語に優先するのは、NHK大河ドラマ「いだてん」でも紹介されていたとおりだ。

 もうひとり、三笠宮信子さまの英語も素晴らしい。いうまでもなく、吉田茂の孫、大久保利通の玄孫である。母の麻生和子はローマ聖心女学院からロンドン大学に留学。長男である麻生太郎蔵相をバイリンガルに育てようとしたのが行き過ぎて、太郎が漢字が苦手になったという説もある。信子さまもイギリスのロスリンハウス・カレッジに留学され、きちんとしたクイーンズ・イングリッシュを話される。

 このとおり、皇族の皆様の語学水準や社交術の水準は非常に高く、これは、日本にとっての財産だ。それに比べると政界はもちろん、日本のエリート層の語学や国際的教養はもうひとつだし、さらに、近年では留学熱も衰えている。

 かつて、明治の日本の指導者たちは子女をこぞって留学させたし、それが、日清・日露戦争の勝利にもつながっていったのだが、大正から内向きになって、蒋介石夫人の宋美齢などの活躍の前に外交戦で中国にも負けてしまった。その轍を踏まないことを祈るばかりだ。

八幡和郎(やわたかずお)
評論家。1951年滋賀県生まれ。東大法学部卒。フランス国立行政学院(ENA)留学。通産省に入り、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。徳島文理大学教授。著書に『世界の王室 うんちく大全』『令和日本史記』など。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年8月16日 掲載

関連記事(外部サイト)