新幹線「のぞみ」車内殺人第1号・覚醒剤男が錯乱の末に……

「まさか新幹線のなかで」……昨年(2018年)6月9日、走行中の新幹線のぞみ車中で、22歳の男が刃物を振り回し、乗客3人を殺傷した事件をご記憶の方も多いはずである。だが、四半世紀前となる1993年(平成5年)8月23日には、同様に走行中ののぞみ車中で刃渡り30センチものサバイバルナイフで人を殺めた男がいた。(駒村吉重 ノンフィクション・ライター)

 ***

 予定より1時間ほど遅れて到着した列車を降りたある乗客は、疲労の色がにじむ顔をこわばらせて、東京駅ホームに殺到した取材陣にこう漏らした。

「まさか、新幹線のなかでこんなことがおこるなんて……」

 平成5年8月23日夜、博多発東京行きの東海道・山陽新幹線「のぞみ24号」はいつもと変わりなく、時速270キロの快足を飛ばして、順調にレールを走っていた。乗客もまばらなグリーン車両では、出張帰りの男女4人がビール片手に、くつろぎながら仕事の話に興じている姿があった。その一団に、無言で歩み寄ってきた長身の若い男の次なる行動は、誰にも予想できなかった。男は声も発せず、通路側に座っていた男性の胸に、深々とサバイバルナイフを突き入れたのだ。

 被害者のうめき声、飛び散る鮮血で事態を知った同じ車両の客は、ナイフをかざす男に追い立てられ、血の色を失って前後の車両に駆け込んでいった。

「9号車で事件があり、犯人が車内をうろついています。前後の車両に避難して下さい」

 との車内アナウンスが間もなく流れ、恐慌の波紋は瞬く間に全車両に広がっていった。東西の大都市を短時間で結ぶ「のぞみ」の停車駅は、最小限に留められている。列車は、いつ止まることができるのか、それまで、どこに逃げたらいいのか――。快適、便利な公共交通機関が一瞬にして、急停止不可能な走る密室に変わったのだ。

 一部乗客は押し合うようにして狭いトイレに入り込んだが、多くの人は身の隠し場所もなく、じっと恐怖の時間に耐えるしかなかった。約20分後に緊急停車した新富士駅で、乗り込んできた警官隊に取り押さえられた犯人中村克生は、のちの調べで覚醒剤の常習者であることが判明する。刺された40歳の男性は病院に運ばれたが、出血多量による窒息が原因ですでに死亡していた。


■「12番B」席


 事件が起きたのは、一路東京を目指していた「のぞみ」号が、静岡県下の掛川駅を通過した午後8時25分ごろだった。その少し前に中村は、被害者となった食品卸売会社の埼玉支店長だった松野定哲さん一行に対し、

「静かにしてくれないか」

 と注意を呼びかけていた。ただ、そのとき、中村の態度はごく丁寧であったという。

 大阪での日帰り研修を終えて同僚3人と帰宅の途についていた松野さんの座席は、9号車の「12番B」席、椅子を回転させて、すぐ後ろ11番席の同僚と向かい合う形で座っていた。

 一方、中村が座る席は、松野さんの座席から通路を挟んだ3列後方の「9番C」席だった。互いに通路側、つまり中村が発した唐突な警告直後、ふたりはちょうど目を合わせる位置で対座する格好になったのだ。

 翌年2月に地裁沼津支部で開かれた初公判で中村は、このとき頭のなかで「敵をとってくれ」という子どもの声が響いたのだという奇っ怪な動機を語っている。

 覚醒剤による錯乱の矛先が、もっとも目に付きやすかった松野さんにたまたま向かってしまったと考えられる。客同士のいざこざが招いた惨事というよりは、むしろ狭い車中で起こった、通り魔事件といったほうが適切なのだろう。事件翌日、8月24日の朝日新聞朝刊には、同じ車両に乗り合わせた30代乗客のこんな言葉もあった。

「話し声がうるさいというのが動機らしいが、うるさい会話ではなかったと思う」

 全身に血しぶきを浴びたまま、ひとり九号車に残っていた中村は、緊急停車する新富士駅ホームに警官の姿を見つけると、犯行に使った刃渡り30センチものサバイバルナイフを手に、凍り付いた乗客の視線を一身に浴びながら、ばたばたと10号車、11号車へと逃げまどい、11号車の東京側出入り口から外に飛び出したところで、追ってきた警官に押さえられている。この際、もみあった警官の背に切りつけ、1カ月の重傷も負わせた。


■覚醒剤使用者


 奈良市南紀寺町に両親と暮らしていた中村は、高校卒業後に1年ほど勤めた地元の不動産会社を辞めた後、一時モデルの仕事もかじったりしながら、父が経営する商事会社を気まぐれ程度に手伝っていた。大人しい性格で、粗暴な質ではなかったというのが周囲の印象だが、鉄筋コンクリート3階建ての自宅の3階部分をそっくり自分の部屋にあてがってもらい、なすことなく、高級車に乗ってふらふら出かけていくという、気ままな暮らしぶりだった。

 供述によれば、中村が覚醒剤を便用し始めたのはこの2年ほど前で、事件前日にも、自宅で吸引したという。逮捕時、手持ちの鞄の中からは、微量の覚醒剤と大麻が発見された。新大阪駅から「のぞみ」に乗り込んだ中村は、就職活動をするため東京に向かったと説明しているが、数日前に京都で購入した凶器のサバイバルナイフをなぜ携帯していたかなど、行動の細部については、意味不明な言動が目立った。そのため起訴、公判を通じては、責任能力の有無が幾度となく争点となった。

 地裁沼津支部で、懲役15年の実刑判決が中村に下ったのは、事件から約2年後の7月末だ。事件当時、責任を問えない「心神喪失」状態ではなかったが、「心神耗弱」状態にあったことを酌んだ減刑判決であった。

 7歳の長男、5歳の長女を残された松野さんの妻恵子さんは、判決直後の会見で、

「人一人殺した事実に罪の軽重はないはず。主人が生きてきた40年は刑に服してほしかった」

 嗚咽を漏らして悔しさをにじませた。傍聴にやってくる彼女の中指にはいつも、夫がつけていた結婚指輪があった。

 またこの事件は、労災認定のあいまいな基準、柔軟さを欠く杓子定規な運用ぶりをも浮き彫りにすることとなった。刑事裁判の判決に先立ち、大宮労働基準監督署は平成6年7月までに妻恵子さんの申請に対し、労災を認めない決定を下していた。監督署は、労災認定の2本柱となる要件のひとつ、被災者が業務に従事している過程であったことは認めたが、一方の要件、業務と災害との因果関係については、

「松野さんの業務が犯罪を誘発する原因にはならない」

 と結論づけたのだ。

 同月24日付産経新聞朝刊は次のような見出しを打って、ことの経過、労基署側の解釈を伝えた。

「『のぞみ』殺人事件・労災不認定 適用要件、厳格とあいまい同居」

 無論、恵子さんは納得しなかった。不服の申し立てを受けた埼玉労災補償保険審査官が、原処分を覆す異例の労災認定に踏み切ったのは翌平成7年8月末である。

 ちなみにこの年3月に起きた、オウム真理教による地下鉄サリン事件においては、通勤途中だった被害者に対し、労災を適用する方針が早々に打ち出されていた。いずれも通勤・業務途中に偶発的に遭遇した事故という点では、共通していた。その意味では、決定に到る双方の対応を左右したのは、社会的な衝撃度という極めて「あいまい」な要素であったとも言えた。

 一方、恵子さん親子が原告となり、中村とその両親に2200万円の損害賠償を求めた民事訴訟は、平成8年6月になって和解が成立している。遺族側の主張はほぼ全面的に認められ、両親が息子の犯行について謝罪すること、請求額の一割強を両親が支払うことなどが条件に盛り込まれた。

 事件からほぼ3年、この和解をもって、事件処理の法的手続きから遺族が解放される見通しが、ようやくたったのである。

 ***

 新幹線に関わる殺傷事件としては、昭和63年9月、こだま車内で腹を刺されて鞄を盗まれた男性が、東京駅新幹線ホームで倒れているのを発見された例があった。男性は問もなく死亡した。同じ年の7月には、抗争中の暴力団組員同士が広島駅の新幹線ホームで短銃を乱射し、一般の利用者にけがを負わせていたが、走行中の車内での殺人事件は、昭和39年の運転開始以来これがはじめてであった。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年8月18日 掲載

関連記事(外部サイト)