「教育虐待」にのめり込んでしまう親と、その予備軍に捧げるアドバイス

■あなたも加害者と紙一重という「教育虐待」――おおたとしまさ(2/2)


 愛知県名古屋市で当時小学6年生だった佐竹崚太(りょうた)君が、父の佐竹憲吾被告(51)によって刺殺された事件。今年6月から開かれた公判では、教育熱心な父が子を殺害するまでの経緯が検証された。行きすぎたしつけや指導による「教育虐待」の実像に迫る。

 ***

 拙著『ルポ教育虐待』に登場するケースでは、中学受験をしなくても、小学生のころから過度に勉強をさせられるケースもあった。高校受験での教育虐待のケースもあった。勉強だけでなく、ピアノの練習で殴られるケースも複数あった。

 ましてや、スポーツや音楽の分野におけるトップレベルの指導の厳しさは一般の受験勉強の比ではない。

 かつて私が取材した小学生のスイマーは、毎朝4時30分に起床して登校前に練習し、放課後も17時から20時まで練習。夕食は毎日母親が送迎する車の中だった。あくまでも本人の意志だというのだが……。全国レベルで活躍する中学生ゴルファーの母親は、「試合の結果が悪いと人目をはばからず暴力を振るう親もいる」と証言した。

 あるヴァイオリンの指導者は、「のめり込んでしまう親御さんのなかには、小学校低学年で無理やり1日7時間も8時間も練習をさせてしまうひともいます。それでは子どもの精神がおかしくなってしまいます」と訴える。これも広い意味での教育虐待といって差し支えないだろう。

「子どもに多少無理をさせてでも、良い学校に合格できたのなら結果オーライ」という考え方もあるかもしれない。しかしそうは問屋が卸さない。教育虐待で受けた心の傷はなかなか癒えないのだ。

 関西で生まれ育った凜さん(仮名)は、母親からの長期間におよぶ凄絶な教育虐待の末、一度は親元を離れたもののうつ病を発症し、実家に戻り、27歳にして自殺してしまった。

 葬儀で母親は、わが子の自殺を会社や社会のせいにする言葉を述べた。そのときだった。被害者の弟が母親の言葉をさえぎるように立ち上がり、「そんなことくらいでお姉ちゃんが死んだと、本当に思っているのか!」と怒鳴りつけた。

 弟も長年母親からの教育虐待を受けており、母親の顔色ばかりうかがうおどおどした子どもだった。その件以降、弟は実家と縁を切り、出ていった。いまはどこで何をしているのか誰も知らない。その後、母親自身がうつ病を発症した。このようなケースはおそらく氷山の一角だ。

 人間関係が上手くいかない、生きている実感がわかない、怒りがコントロールできない……。そんな満たされない感覚が常にあるのだとしたら、もしかしたらあなたも、教育虐待の被害者であり、加害者なのかもしれない。


■癒えないトラウマ


 また、高学歴でプライドは高いが自己肯定感が著しく低いひとがあなたの身近にいないだろうか。もしかしたらそのひとも、教育虐待の影響をいまだに引きずっているのかもしれない。

 東京都の郊外で生まれ育った知佳さん(仮名)は、小学生のころから毎日勉強を4時間、ピアノを2時間やらされていた。ピアノで間違えると、怒鳴られ、叩かれた。近所から「ピアノよりも怒鳴り声がうるさい」とクレームが来ることもあったが、母親は「嫉妬しているのよ」と言って取り合わなかった。

 学校のテストの点が悪いと叩かれた。でも、いい点数を報告しても「勘違いしないで。テストでいい点がとれたのはあなたの力じゃない。お母さんのおかげなのよ。わかってる?」と言われて怒られた。友達との交換日記も禁じられ、成績の悪い子とは、いっしょに遊ぶことさえも許されなかった。

 中学生になると、高校受験勉強に加え、英語検定、漢字検定、ピアノ検定のための勉強までさせられ、一時期は身体の震えが止まらなくなった。自律神経失調症だったのだろう。それでも知佳さんは通院することさえ許されず、代わりに母親はこんな言葉を吐き捨てた。「あんたはその程度の人間だったのね。これだけやってあげてるのに、残念よ」。知佳さんは自殺も考えた。「ここで人生が終わっても、私は悔しくない」。母親が悔しがる姿を見てやりたかったのだ。

 大学生になり家を出た。家を出るのもたいへんだった。中学受験塾に就職した。「子どもの受験に命をかけているような母親も多い。そんな母親に、『あなたの受験じゃないんだよ。子どもの受験なんだよ』と伝えたかった」。

 自分の負の体験を仕事に活かすことで、過去を乗り越えられたと思っていた。しかし、結婚したあと、異変が起きた。自分が親になることを想像すると、過去のつらかった感情があふれ出したのだ。ベッドの中で「子どもなんていらない!」と突然叫んでしまった。親子関係そのものがトラウマになってしまっていたのである。


■子どもの人生に依存しない


 名古屋の事件の憲吾被告は「息子には自分のやりたいことをやってほしいと思っていました」と供述している。多くの教育熱心な親も同じだ。「ただし、人生の選択肢を増やすために、良い教育を受けさせてやりたい」と本心から言う。

 しかし目的と手段が入れ違うと、良い学校に入れるために、不適切な教育的指導すなわち教育虐待に発展する。その結果、著しく自己肯定感が低くなってしまったり、心が壊れたりしてしまえば、仮に良い学校に入れたとしても、その後の人生がおぼつかない。実は、誰だって紙一重である。

 教育虐待を防ぐための提言が三つある。

 まず、子どもの勉強を見ていて感情が高ぶってしまったら、「自分はいま溺れているのだ」と思うこと。すなわちその瞬間、口を閉じ、手足をばたつかせるのをやめること。もしそんなことが続くのなら、子どもの勉強は見ないと決めたほうがいい。自分の感情をコントロールできない親がそばにいるのでは、子どもは自分の実力を発揮できない。

 次に、「子どもの出来は親次第」とか「東大に子どもを合格させた親のやっていたこと」のようなメディア情報を真に受けないことである。もちろんメディア側もそのようなメッセージで不安な親を煽るのをやめるべきだ。

 そして、子どもの人生に、親が依存しないことである。そのために以下の4点を常に自分の心に問うてほしい。これは、教育虐待などから逃げてきた子どもたちを保護するシェルターの運営者からのアドバイスだ。

(1)子どもは自分とは別の人間だと思えていますか?

(2)子どもの人生は子どもが選択するものだと認められていますか?

(3)子どもの人生を自分の人生と重ね合わせていないですか?

(4)子どものこと以外の自分の人生をもっていますか?

 自信をもって「はい」と言える親も少なかろう。しかしそれでいい。最初から聖人君子のような親はいない。親も失敗しながら親として成長するものだ。やり過ぎてしまったと思ったら素直にそれを認め、子どもに謝り、次から改善すればいい。

「自分は教育虐待しないだろうか?」と不安に思う感性をもっているのなら、たいていの場合、大丈夫。子どもを壊すほどひどい教育虐待に至るのは、親に迷いがないケースがほとんどなのだ。

おおたとしまさ
育児・教育ジャーナリスト。1973年東京生まれ。麻布中高卒、東京外国語大中退、上智大卒。リクルートから独立後、教育誌などのデスクや監修を歴任。中高教員免許を持ち、私立小での教員経験もある。最新の著作に『受験と進学の新常識』(新潮新書)がある。

「週刊新潮」2019年8月29日号 掲載

関連記事(外部サイト)