「ルポ 平成ネット犯罪」の著者が語る、座間市9人殺害「白石隆浩被告」との面会

 今やインターネットは、日常生活には欠かせない存在になったが、その一方で、アンダーグラウンドな世界も広がっている。なかでも、“自殺系サイト”を利用して男女9人を次々に歯牙にかけた白石隆浩被告のケースは、犯罪史上類を見ない猟奇殺人だった。その驚くべき犯行の手口とは――。

 ***

 今年の4月1日午前11時41分、菅義偉官房長官が新元号を「令和」と発表した。その翌日、東京の立川拘置所を訪れた男性がいた。

「令和で祝福ムードでしたから、メディアの取材もあまり来ていないと思ったのです」

 そう語るのは、ジャーナリストの渋井哲也氏である。同氏はこの9月に、売買春の温床となる“出会い系サイト”、性的欲求の餌食となった“自殺系サイト”など、様々なネット犯罪を分析した『ルポ 平成ネット犯罪』(ちくま新書)を出版。主にネット事件、自殺問題、サブカルチャーなどを取材し、『明日、自殺しませんか――男女七人ネット心中』(幻冬舎文庫)、『学校裏サイト――進化するネットいじめ』(晋遊舎ブラック新書)などの著書がある。

 渋井氏が接見したのは、2017年10月に発生した座間市9人殺害事件の白石隆浩被告(29)である。言うまでもなく、彼はネットで自殺願望者を誘い出し、アパートに招いて次々と殺害、遺体をバラバラに解体。その後、9人の頭部や肉をそぎ落とした骨約240本が8つのクーラーボックスなどから発見され、世間を恐怖に陥れた。

「白石被告は、逮捕された時の写真よりふっくらとして髪も伸びていました。あんな猟奇的殺人を犯したのに、怖さがない。ごく普通の青年で淡々としていましたね。社会との接点がないからか、遺族の反応などは気にしていない。罪悪感もないようでした」

 白石被告がインターネットを使い始めたのは、中学生の頃だった。

「親から携帯を持たされたのです。それで、ネットナンパを始めたのが17歳のとき。この年齢でネットナンパとは、ちょっと早いですね。これによって出会えた女性は月に1人くらい、社会人になってからは1、2週に1人だったそうで、かなりの人数の女性と関係を持ったことになります。最終は数百人に上るとみられます」

 ネットナンパで一番引っかかりやすかったのは、自殺願望を持った女性だったという。

「“死にたい”とつぶやく人は、ナンパされるのが目的ではないにせよ、誘いやすいのです。死にたいと考えているような人は、どうにでもなれと思っているし、寂しくて、とにかく誰かに話を聞いてもらいたい、誰かと会いたい、と思っていますからね」

 白石被告は、事件前、新宿・歌舞伎町で風俗店のスカウトをしていたが、17年2月、売春させると知りながら風俗店に女性を紹介したため、職業安定法違反容疑で逮捕。懲役1年2月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。

「白石被告は、歌舞伎町で実際に女性に声をかけるより、Twitterなどでスカウトするのを得意としていましたが、実は、ヒモになりたかったのです。殺害された9人のうち、最初の被害女性(21)はお金を持っていた。彼女に(事件現場となった)アパートの契約をしてもらい、50万円を出してもらっています。初めは殺す気などなかったそうです。ところが、彼女に付き合っている男性がいることが発覚。自分は捨てられるかもしれない、アパートから出ていけと言われるかもしれないと思い、殺人に及んだのです」

■“10人目になりたい”


 2人目以降の殺人はどうか。『ルポ 平成ネット犯罪』で、白石被告はこう述べている。

〈「(被害者が)昏睡状態のままでのセックスに目覚めてしまった。でも、そのまま帰らせようとすると通報されるかもしれない。執行猶予中だったので、見つかれば、今度は一発で実刑になるかと思った」
――(3人目の殺害になる)男性も殺せた?
「酒を飲ませた。酒には睡眠薬と安定剤を入れていた。眠ったところを絞殺したので、難しくはなかった」
――逮捕後、「本当に死にたい人はいなかった」と供述しているが、その意味は?
「DM(引用者註:ダイレクトメール)などで悩み相談になることがあったが、それぞれに理由があるということ。学校に行きたくないとか、彼氏にふられたとか。ある女性はよくよく聞くと、『家出をしたい』と言っていた。『なぜ?』と聞くと、『母親の管理がきついため』ということだった。そこで『うちに来る? 養うよ』と誘うと、簡単についてきた。こんな風に理由があったのです」〉

「昏睡状態の相手とのセックスに快楽を覚え、警察沙汰になることを恐れて殺害し、バラバラに解体するの繰り返しですね。遺体は風呂場で解体したそうですが、発見された遺骨は約240本。これは人間1人分の骨です。捜査関係者の話では、白石被告は遺体を鍋で煮たそうですが、臭くて食べられなかったと供述したそうです。最初から食べるために煮たのかは不明ですが、煮て骨を溶かそうとしたのかもしれません」

 渋井氏は、Twitterを使って座間事件に関するアンケートをとっている。この事件で思ったことを自由回答で聞いたところ、

「回答者55人の中で、『10人目(の被害者)になりたい』『羨ましい』『一緒に死にたい』『私も殺されたかった』と答えたのが14人いました。このことを白石被告に伝えると、『驚きです。その人たちはレイプされて殺されることもあるということを知っているのか?』と他人事のように答えていました」

 なぜ、ネット犯罪は後を絶たないのか。

「元々、ネットはポジティブなものでした。学校や会社、家庭で相談できない悩みをネット上で聞いてもらい、共感してもらえる。趣味を通じて、チャットで交流することができる。そういう意味でポジティブな空間なのです。ところが、ネット上のトラブルが犯罪の引き金になることがあります。ネットを使っての遊び方に慣れている人は、トラブルがあっても、SNSなどの連絡を断てば、怒りをコントロールできますが、慣れていない人は、怒りをコントロールできない場合があります。たとえば、学校の同級生など実生活での知人がLINEやTwitterなどに入ってくると、調整が難しくなります。ネット上でトラブルが起き、そのトラブル相手と、翌日学校で顔を合わせたりすると、怒りのコントロールができなくなり、爆発してしまう。04年に発生した佐世保小6女児同級生殺害事件がその典型でしたね。ネット上での書き込みを巡って同級生とトラブルになり、怒りを抑えられなくなった加害女児が、被害女児を学校の学習ルームに呼び出し、カッターナイフで同級生の頸動脈と左手を切りつけて殺害した事件です。普通の人が、ネット上のトラブルによって事件を起こしてしまう時代なのです」

週刊新潮WEB取材班

2019年9月13日 掲載

関連記事(外部サイト)