れいわ「山本太郎」代表、新居を探すが審査で落とされ続ける 無職扱いが原因?

山本代表 家の審査通らぬ訳

 れいわ新選組山本太郎代表は、7月の参院選で落選、それまで住んでいた東京・赤坂の議員宿舎を出るはめになった。しかし、なぜか、新居探しは難航中だという。先日、自らのTwitterで新居の入居審査に落とされ続けている、とつぶやいたのだ。党代表とはいえ、定期収入がないことが原因なのだろうか。いやいや、参議院議員を6年務めたわけだから、多少の蓄えくらいありそうなものだが……。

 ***

 山本代表は参院選での“れいわ旋風”を起し、比例の特例枠で重度の障害者2名を当選させた。れいわ新選組も得票率4・55%を獲得、2%以上の政党要件をクリアして、晴れて国政政党となった。もっともご自身は、比例名簿3位だったため、惜しくも落選。残念な結果に終わった。国会議員でなくなったことは、やはり痛手らしい。9月5日、Twitterでこうつぶやいているのだ。

〈選挙が終わり、その1週間後には議員宿舎を出ることになったが、いまだ住所不定。新居を探すが、審査で落とされ続けている。公党代表という立場だが、現実的に無職に近い扱い。どのような立場にあっても、住まいは権利として保証される世の中を作ると決意し、あらたな気持ちで物件探しに臨みます〉(註:改行を省略)

 どうやら、“無職に近い扱い”をされていることが、審査で落とされ続けている原因と考えているようだ。

 一般に入居審査は、安心して住居を貸せるかどうかで判断する。安定的な収入がある人、たとえば公務員や大手企業の正社員は、審査に通りやすい。アルバイトやフリーター、派遣社員は審査が厳しくなるとされる。無職で収入のない場合は、預貯金残高が家賃の2年分ほどあれば、審査に通るという。さらに、連帯保証人も求められるが、保証人になってくれる人がいない場合は、保証会社に料金を払って依頼することも可能だ。

「山本氏が入居審査に落とされたというのは、定期収入がないという、お金の問題ではないと思いますね。単に大家さんが山本氏のことを嫌がったのではないでしょうか」

 と分析するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏。

「大家さんではなくて、保証会社から嫌がられたかもしれません。彼のような人は、保証できないと思われても不思議ではありません。私が保証会社の人間だったら、やはり二の足を踏んでしまいますね」


■一番店子にしたくない人物


 山本氏の何が問題なのか?

「山本さんは、政治家としてのこれまでの言動を見たかぎり、非常に個性的な方。正直言って、何をやらかすかわからない人ですよね。例えば、参院議員時代、園遊会で天皇陛下に直接手紙を渡しているでしょう。人によっては“不敬罪だ”と。やりすぎだと思う人もいるでしょう」

 改めていうと、山本氏は2013年10月に行われた園遊会で、明仁天皇(当時)に反原発を訴える書簡を直接手渡したのだ。このため、山崎正昭参議院議長から厳重注意と皇室行事への参加は任期中認めない処分が言い渡された。さらに、数多の政治家や識者が懸念の声を次々と表明した。当時、高崎経済大学の八木秀次教授(現在は麗澤大学教授)は産経新聞(13年11月1日付)にこんなコメントを寄せている。

「明らかな政治利用だ。天皇陛下の政治的中立ということをまったく理解していない。国会議員としての資質が問われる」

 この騒動をきっかけに、山本氏は右翼団体を名乗る者から折り畳みナイフや、散弾銃の実弾と脅迫文が入った封書を送りつけられたりしている。

「再び同じような騒動を起こせば、今度は山本氏を狙って、マンションに右翼の街宣車が来るかもしれませんよ。大家にすれば、事故物件になるのは絶対に避けたいですからね。当然、こういう人は、警察の警護対象になることもあり得る。住民から苦情が出ることも予想されます。そういう可能性のある人は、大家さんからすれば、一番店子にしたくないわけです。山本氏に部屋を貸したおかげで、彼の同じマンションの住民が引っ越していったら、たまったもんじゃありませからね」

 このほか、15年9月、参議院本会議の安全保障関連法の採決では、喪服姿で現れた山本氏は数珠を手に持ち、投票の際は安倍晋三首相に向かって焼香するしぐさをして見せた。そのため山崎参院議長から、「次は容赦しない。議員バッジを外すことになるかもしれない」と警告を受けた。

 政治家として、あまりに突飛な行動が多すぎて、今後もトラブルが心配される。結果、入居審査もなかなか通らないということか。では、山本氏でも入居できる物件はあるのだろうか?

「おそらく都心の物件を狙っているんでしょうが、都心だと借り手がいっぱいいますから、なにも好き好んで山本氏に貸す必要はないと考える大家は少なくないでしょう。資金面で問題がないのであれば、公団や公社をおススメします。後は、東京以外の川口市か船橋市ですね。空いているアパートがたくさんあるので、貸してくれる人はいるはず。でも、支援者の伝手を頼るのが一番確実なのでは……」

週刊新潮WEB取材班

2019年9月19日 掲載

関連記事(外部サイト)