小室圭さんの母・佳代さんが新興宗教を信仰か 小室家と宗教との関わりは40年以上とも

記事まとめ

  • 眞子さまと小室圭氏の結婚が暗礁に乗り上げた背景には、新興宗教の問題もあったという
  • 圭氏の祖母が入っていた新興宗教「大山ねずの命神示教会」に母親も帰依しているそう
  • 公称80万の信者を誇る教団だが"ピンク教祖事件"やバラバラ殺人事件、お布施トラブルも

小室圭さん母が信仰の新興宗教信者「“脱会したら罰が当たるぞ”と脅されてきた人生」

 暗礁に乗り上げたままの眞子さまと圭さんの結婚。事態が暗転した背景には小室家のカネばかりか新興宗教の問題もあった。しかも、母・佳代さんは今もなお信者だという。

 ***

 日本には18万余の宗教法人が存在する。八百万とはいかないまでも、「教祖さま」だけでざっと東京・台東区民レベルの数がいる計算だ。日本の総人口が天井を打つ一方、「神々のたそがれ」どころか「神々はだれそれ」と指折り数えるようなバブルの匂いがある。

 その中で新興宗教は2万弱。信者数は1500万人を下らないというから、石を投げれば当たる程で、私たちも、そして皇族方も無縁ではない。

 2017年9月3日に婚約内定会見をした眞子さま(27)と小室圭さん(27)。しかしその後、小室家に関するカネと宗教の問題が飛び出し、運命は反転した。具体的には、圭さんの母・佳代さん(53)と元婚約者との間に430万円を超す金銭トラブルがあること、圭さんの祖母・角田八十子(かくたやそこ)さん(故人)と新興宗教との蜜月である。結果、翌年2月6日に「結婚延期」が発表されたのだった。

 それから早1年半。カネの問題は解決しないままで、宗教に関しては、新たな事実が聞こえてきたのである。

 宮内庁関係者によると、

「佳代さんが母の八十子さんが入っていた新興宗教に帰依していることがわかりました。『佳代』という名前はこの教団の関係者が名づけ親のようです。『圭』はもちろん、『佳』から取られたもの。ただ、最近は行事に顔を出す機会はないようです。婚約が暗礁に乗り上げているせいで、表立った活動は控えているのでしょうね」

 その新興宗教は「大山ねずの命神示(おおやまねずのみことしんじ)教会」。1946年12月、横浜市西区で銭湯を営む稲飯定雄が咽頭がんで苦しんでいた折、大山ねずの命なる神が現れ、命を救われる奇跡を体験した。

 神の使者として「供丸斎(ともまるさい)」を名乗った彼が88年に死去した後、衣鉢を継いだのは「供丸姫(ともまるひめ)」こと森日出子。02年に彼女が亡くなってからは、実兄が教会長として運営を、実弟が教主として信仰を統括する森家による集団指導体制を敷く。神の直使とされた供丸姫は「宇宙を支配する最高神である大山ねずの命が人の姿を借りた存在で、天皇をはるかに超越している」とまで評された。

 小室家とこの宗教との関わりは今から40年以上前に遡る。関係者によると、

「佳代さんの実家・角田一家は神奈川県藤沢市で暮らしていました。(圭さんから見て)曾祖父母、祖父母、佳代さん、その弟の6人住まいだったようです」

 6畳ひと間とも言われる間取りでの生活は決して裕福ではなかった。そのうえ、

「圭さんの祖母・八十子さんは若い頃からリウマチにかかって、例えば風呂に独りで入れず、家族に助けてもらうような状態だったんです。長い闘病生活の中で、メンタルの方も辛かったのでしょう、大山ねずの命に救いを求めたのです」


■カネと女と事件


 文化庁が、「神道、仏教、キリスト教いずれにも属さない諸教の系統」と規定するこの教団は目下、横浜市の総本部に12の施設、北海道から鹿児島まで計35の支部、湯河原には立派な温泉宿泊施設まで所有する。銭湯の主人の立身出世物語にしては出来過ぎた中身だが、公称80万の信者を誇るまでになるには、カネと女と事件という蹉跌があった。

 例えば、75年のピンク教祖事件。フロでのぼせてピンク、ではなく教祖と幹部が絡んだ猥褻事案で、〈新興宗教の“ピンク幹部”女性入信させ乱暴〉(同年7月2日付神奈川新聞)と見出しが躍る。他の報道も合わせると中身は……教会幹部の男が、自身が入信させた20代の女性信者に、「婦人科の道を広くしないと腹の毒が出ない」などと言って、何のことはない、彼女の下半身を弄んだ。そのうち男の“神棒”は収まりがつかなくなり、「私のなすことは神のお告げ」と、“神棒”を“婦人科の道”に押し込んだ。あろうことか彼女は妊娠。男は流産させようと監禁して腹部を押すなどした。その後、彼女は教祖に弟子の不祥事を直訴するも、逆に「ヒステリーを起こしている。下腹部も弱っているので治療してやる」と、「大人のおもちゃ」で“婦人科の道”を籠絡したとされる。結果、幹部・教祖共に不法監禁等で検察庁へ送検された(不起訴処分)。

 87年に藤沢市で起こったバラバラ殺人事件は、ホラー映画の作り手さえ青ざめそうなものだ。男と女が、ミュージシャンの男を殺して死体を解体。鋸(のこぎり)で胴体から頭を切断し、腹部を切開して内臓を取り出す。その内臓は塩で揉んで数センチ角にして……“取り憑いた悪魔を払う”という理由での犯行だが、この3人の共通点は教会の元信者だった。当時、ワイドショーに大々的に取り上げられたものだ。

 カネ絡みは、第81代の前田健治元警視総監(享年66)が当事者となったお布施トラブルだ。元総監当人も信者で、かつて本誌(「週刊新潮」)の取材に、「妻が宗教団体に入信しているのも事実です。私も(妻と)ほぼ同時期に入りました」と認めている。ことに妻はのめりこみ3千万円のお布施をし、結果、家計は火の車に。教団関係者が、

「元旦、メインの会館内の壁に、『昨年の高額お布施者リスト』が数百人規模で貼り出される。希望者に限られますが……」

 と明かす通り、それは信者間の競争心を煽るのに繋がったことは否定できない。

 話を元総監に戻すと、天下り先の「自動車安全運転センター」理事長を辞め、一発逆転を狙って警備会社を立ち上げたものの、官僚の商法などうまく行くはずがなかった。ちなみに電通勤務の長男は駐車違反で免許証の提示を求められたのにそのまま車を発進させようとし、道交法違反と公務執行妨害で現行犯逮捕。会社はクビ。大山ねずの命では車のお浄めは必須なのだが、車関係で祟られ過ぎなのは信心が足りなかったか。


■教団に小室親子について聞くと…


 ともあれ、ここで圭さんと同世代に当たる現役信者の声も聞いてみよう。

「父は彼の両親が入っていたので信者になり、母は自己探求の結果、自主的に入会しました。その2人が共に話していたのは、“私たちは身体が弱かったけれど、大山ねずの命のお蔭で、こうして元気に暮らせているんだ”ということでした」

 その両親からは折に触れ、

「“脱会したら罰が当たるぞ”と脅されてきた人生です。気持ちが落ち込んだりすると、“私の信心が足りないから。私が教会から離れようとしているから”と思うようになっていました。両親に色んな悩みを相談しても、“祈願しなさい”と言われるだけ。2人の言葉はない。“人間に悩みを相談しても悩みが増えるだけ。そんなことを言われても私たちが苦しくなる”という感じで、“神に親を奪われた”と思ったものです」

 小室親子については、

「自分自身を2人の立場に置き換えてみると、“大山ねずの命を信じていたから眞子さまと出会えた、大山ねずの命が付いているから眞子さまと結婚できる”とか、そういった感覚があると思うんですよね。これを全能感と捉えるかは人によりますが、“神が近くにいる”という風に私自身も感じて生きているのは事実です」

 普段、信者たちが何をやっているかというと、

「毎日朝6時、夕方6時に家族みんなで神棚に向かってお祈りします。正座して二拍一礼し、“大山ねずの命、古生童子、直使の御魂、代神供丸斎命、天地八百万の神”と唱えてから、悩みや報告したいことを心の中で伝える。そして、最初と同じ流れで締める。夕方6時には家にいないことが多いから、外出先から心の中で祈願したり、帰宅してからそうするんです」

 遠く離れた地で、圭さんはこれを欠かさないのか。教団に、小室一家が信者であるか否かについて聞くと、

「信教の自由と個人情報保護の必要性からお答えできません」

 と回答した。

「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)