倍率605倍! 宝塚市長と採用担当職員が語る「氷河期世代採用」の大誤算

 政府は今年6月、就職氷河期世代、いわゆる“ロストジェネレーション(ロスジェネ)世代”の支援を宣言した。3年間で正規雇用を30万人増やすというものの、行政の直接雇用は含まれていない。ならば我々が、と兵庫県宝塚市が立ち上がると、思わぬ事態に……。

 ロスジェネ世代とは、大卒なら37〜48歳、高卒は33〜44歳を指す。バブル崩壊後の1993年から2004年に学業を卒(お)え、厳しい不況に直面した世代だ。政府の方針はあれど、その動きが巷に浸透した感はない。そこで手を挙げたのが宝塚市。旗振り役は、中川智子市長(71)だ。

 宝塚市がロスジェネ世代を対象に募った事務職員は3名。そこに1816人の応募が殺到したのである。実に605倍。その倍率は、人気企業をゆうに超える。

「過去の新卒採用の経験から、応募は約500人と見込んでいたのですが……」

 とは、宝塚市の担当職員。

「応募者の内訳は男性962名、女性854名です。募集の年齢は国の基準に従い、35歳から45歳です。市長が7月1日に発表し、8月19日に募集開始、締切が30日でした。28日時点で700名ほどだったのが、最後の2日、29日と30日に千人以上の応募があり、急遽、1次試験会場を3カ所から10カ所に増やすことになったのです」

 応募者数の誤算で、上を下への大騒ぎだ。その騒動に触れる前に、採用に関する担当職員の説明を聞こう。


■落ちたら同じ苦しみ


「9月22日の1次で180名に絞り込み、10月に2次。11月の最終試験で合否を決めて、来年1月1日から正式採用です。1次は能力テストですが、2次以降の面接やグループワークを重視しています。一人ひとりと丁寧に向き合うつもりです」

 1次さえ終われば、予定通り進められるというが、

「担当職員は3名だけだったので、8月末からは連日、帰宅は深夜でした。申込書の確認から、報道や一般の方々への対応。条件から外れている応募者への連絡。通常の新卒採用も重なり、他部署に応援を頼んでどうにかこなせた感じです」

 心が痛んだこともある。

「締切後も、親御さんが“なんとかなりませんか”と、切羽詰まった様子で電話をかけてくるんです。親御さんに、要項や条件はHPを見てほしいと伝えても、ご高齢の方が多く、見られないと言う。なので一から説明せざるをえません。正直、それがとても大変でした」

 担当者の苦労もむなしく、“高倍率に落ちた人は氷河期の悪夢が甦り、同じ苦しみを味わうことになる”といった悪いジョークのような批判も生まれた。そもそもこの狭き門を突破する優秀な人は、放っておいても自力でやっていけるのではないか。中川市長は言う。

「そういう批判や、3名に絞らなくてはならないのはツラいですが……。いまは応募者数に驚くと同時に、深刻な問題なのだと、あらためて実感しています。ともあれ今回、宝塚市の“就職氷河期世代採用”は大きく報じられたので、同じ取り組みをする企業や自治体が増えてほしい。それが全国に広まり、何万人もの雇用が生まれればいいですね」

 先(ま)ず隗(かい)より始めよ、でその意気やよしだが、この問題はゴールが見えない。ただ、誤算の事例や担当者の苦労譚が、後進の参考になるのはまちがいないだろう。

「週刊新潮」2019年9月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)