“この世にブスな子なんていない”は綺麗事?「ルッキズム問題」にモヤモヤが消えない

“この世にブスな子なんていない”は綺麗事?「ルッキズム問題」にモヤモヤが消えない

バンギャル時代、「姫カット」の筆者(写真:筆者提供)

 ここのところ、ルッキズム(優れた容姿に価値があるという考え方)に関しての炎上事件が多い。少し前には某Webメディア編集者が執筆した「カルチャー顔」炎上事件があった。彼が定義するカルチャー顔とは「美しさの中に歪みがある」「標準的なハーフ顔とはちょっと離れている」など。今まで「塩顔男子」や「ジェンダーレス男子」などが流行った背景もあり、彼も一種の流行語を作り上げたかったとも読み取れる。

 ***


■なぜルッキズム問題がモヤるのか


 カルチャー顔について、言わんとしていることは分かるが、上から目線と捉えられる表現や、彼がカルチャー顔と定義するモデルや著名人などの具体的な名前と写真を掲載したことも波紋を呼んだ。

 そして、カルチャー顔の例の一人として紹介された作詞家の小袋成彬氏は激怒。最終的に記事は取り下げられ、執筆した編集者は小袋氏の住むロンドンまで謝罪しに行きその模様も記事にした。その謝罪記事がおもしろければもっと挽回できたのだろうが、わざわざロンドンまで行ったのにびっくりするほどおもしろくなかった。

 またつい最近、AbemaTVで放映された女性芸人をターゲットに「ブスはいくらで脱いじゃうのか?」というドッキリ企画も炎上。ブスいじりをすること、女性の裸に値段をつけること自体、人権問題である。

「ブスをウリにしている女性芸人もいる」という声もネット上で散見されたが、顔のつくりが整っていない女性芸人であっても、近年は容姿で笑いを取ることが減ってきているように感じる。ブスをネタに笑いを取ることはもう古いのだ。

 ルッキズム問題は容姿を重要視するモデル界にまで広がっている。身長158cm、体重86kgのぽっちゃりモデルとして活躍中のエブチュラム真理栄氏は「“何が美しい美しくない”そんな話題すら無くなる そんな世界がルッキズムの解放だと、私は思います。」と、自身の豊満なボディの写真と共にツイートしている。
 
 これらのルッキズム問題は、私の中でモヤモヤが消えない。私自身、美に対する意識がおそらく一般の人々と違う。それは、音楽性だけでなく何よりも見た目が一番とされるヴィジュアル系バンドが好きだからだ。ヴィジュアル系バンドが好きな女性のことをバンギャルと呼ぶ。このバンギャル界に身を置いていると美の感覚が世間とズレていく。

 そんな歪んだ美意識を持ち合わせているせいか、昨今のルッキズム問題に対して「ブスはブスだし、それを認めてメイクやファッションの研究やダイエットをしたり整形手術をすればいいのに」と感じてしまう。

 化粧をする男性が美しい、中性的な男性が美しい、筋肉のないペラペラの体のラインが美しい。また、女形(女装しているメンバー)には女性である自分よりも女性らしい人がいる。先日はPsycho le Cemuのドラマー、YURAサマにインタビューする機会があったが、彼のキャッチコピーの1つは「顔が良いだけで業界に20年君臨!」である。とにかく顔・容姿が大事なのだ。

 また、整形手術をするヴィジュアル系バンドマンも多い。公表はしていないが、昔と顔が違うのでおそらく整形したであろうと噂されているバンドマンはいるし、先日は己龍というバンドのボーカル・黒崎眞弥氏が韓国に鼻の整形手術を受けに行ったドキュメンタリー動画をYouTubeで公開した。

 過去、日本で鼻の整形手術を受けていたことも告白。しかし、仕上がりに満足がいかず、顔のコンプレックスがパフォーマンスにまで影響を及ぼすようになったため、腕の良い医師がいる韓国での手術を決意したという。

 術後数日は、顔がパンパンに腫れ上がり、鼻に詰め物をしているせいで口呼吸しかできないため鼻声で、その映像はかなり痛々しかった。そして、鼻を固定する器具をつけているため、しばらく自分で頭を洗えず、毎日美容室に洗髪しに行っているというエピソードも明かした。

 このように、異常なほど美にこだわるヴィジュアル系バンドマン。ただし、そこらへんにいる普通の男性が化粧をしただけではバンギャルが理想とする美とは違う。ここはステージに立つバンドマンでなければならないのだ。


■「それ、バカにされてるんだよ!」


 バンギャル自身の美の感覚もまた、世間とは少しズレている。

 バンギャルの容姿の流行も移り変わっていくが、私がバリバリバンギャル活動をやっていた10年ほど前のバンギャルが好んで着ていた服の一例は、ジーザスディアマンテという姫系のブランド(元「小悪魔ageha」のモデルで「けいこ姫」の愛称で知られた三添桂子氏はジーザスディアマンテのカリスマ店長だった)を着た通称「マンテギャ」や、黒髪ぱっつん姫カット、または黒髪おかっぱでセーラー服のサブカルっぽい女子(手首にリストカットの跡があったりする)他、フリルやレースのついた少しロリイタっぽい服である。

 ジーザスディアマンテはとてもじゃないが高くて買えなかったので(ワンピースが1着7万円もする)私は中途半端なロリイタっぽい格好をしていた。本当はage嬢風のメイクもしたかったが、元々はっきりした顔立ちのため、当時流行していたつけまつげ3枚重ねなんかすると、ドラァグクイーンのようになってしまい、つけまは1枚で自重していた。

 バンドマンも、そんな格好をしているバンギャルを好むのだ。狭い世界の中で需要と供給が成り立っている。バンギャルは可愛ければ可愛いほど、痩せていれば痩せているほどよしとされる。また、可愛い子ほどバンドマンからも狙われやすいため、他のバンギャルから嫉妬の対象となり、あることないこと誹謗中傷をネット上の掲示板に書き込まれて心を病んでしまう。それでも可愛いが正義。

 そして、社会人になってバンギャル界以外の人と接するようになった途端「エッジのきいた髪型してるね」とか「面白い服着てるね」と言われるようになった。このことを同じくバンギャルの友達に話すと「それ、バカにされてるんだよ!」と言われ、ここでようやく世間との美的感覚のズレに気づいた。

 自分が満足いかないのなら、可愛くなるため、美しくなるための努力は必要だ。他人は人の容姿をそこまで気にしていないのでこれは自己満だが、自己満でいいのだ。

 私はむくみやすい体質なので、寝すぎたりお酒を飲みすぎた翌朝などは、まぶたが腫れて奥二重になる。そんなときはやむを得ずアイテープで二重にするが、他人からしたら二重だろうが奥二重だろうが知ったこっちゃない。それでも自分だけは気になるので応急処置をする。


■ルッキズム問題とフェミニズムの関連性


 数年前、とある女性ファッション誌の編集さんと仕事をするかどうか、相談をしたことがあった。

 新卒で入ったばかりの若い女性編集さんで、とにかくがむしゃらに働いているようだったが、ファッション誌なので少しでも流行遅れの服を着ていたりメイクがダサかったりすると上司から注意されるとのことだった。編集やライターの仕事なんて、頑張れば頑張るほど格好を気にする余裕がなくなり汚くなっていくのに(校了前は徹夜続きで風呂に入れないとか)服やメイクに気を遣わないといけないなんて、超過酷な編集部だと絶句したものだった。

 打ち合わせた仕事内容の中には、読者モデルを探す仕事も入っていた。彼女は街でキャッチをして読モを探しているとのことだったが、職場バレしたらまずい女性もいるので、これがなかなか大変なようだった。

 当時、私の周りにはちょっとしたフリーのタレント活動をしている女性も数人いたので、その子たちに声をかけてみようかと思い「顔の可愛さはどれくらいが基準ですか?」と聞いたら「雑誌に載せられる程度の顔面レベル」という答えが返ってきた。雑誌に載せられる程度の顔面レベル……。あまりにも抽象的で残酷な響きだった。

 結局その仕事は縁がなく、その編集さんともそれきりだ。今、ルッキズム問題でファッション誌界隈も言葉遣いに慎重になっているのかもしれない。
 
 自分の中で「あの子はブス」と思ってもいいけど口に出したりいじったりしてはいけない。そんな思いはあるものの、夜遅い混んだ電車の中でイチャついているカップルは必ずといっていいほどブスとブサイクのカップルで、イラッとしてしまうのは私の性格が悪いからであろう……。

 この世にブスな子なんていない。そんな綺麗事は私には言えない。もちろん、容姿に関して悩んでいる人がいるのは事実だ。でも、そんな人ほどそこまでブスじゃなかったりする。心の持ちようや気にしすぎという場合も多い。人の好みはそれぞれなので、一般的にはブスの部類に入る顔がストライクだという人だっている。

 なぜ今、ここまで見た目問題が注目されているのか考えると、フェミニズム運動が盛り上がっていることも要因の1つと考えられそうだ。「女性の人権を叫ぶ女なんて男に相手にされないブスだけ」と罵るミソジニストもいるが、女優のエマ・ワトソンを始め、一般的に美の頂点とも言われる元女子アナの小島慶子さんや、「#KuToo」運動発起人でグラドルの石川優実さんなど、美しい容姿の女性たちも声を上げている。

 ミソジニストが好む女性像はおとなしくて控えめで、それでいて容姿端麗で自分が支配できる女性だ。自分の意思を持つ女性は彼らにとってブスの対象となる。なんとも稚拙で呆れる話であるが、彼らは心の底では女性を恐れているのだろう。

 話がだいぶそれてしまったが、急にルッキズム問題が浮上してきたことに恐怖さえ感じる。確かに差別は良くない。しかし、世の中には美人の部類に入る人の方が少ない。だからこそ、女子アナやモデル、芸能人として活躍できる人がいる。

 そして何より、可愛くなる努力、綺麗になるための努力を私自身は楽しんでいる。新しいメイク用品をおろす際のワクワク感や、毎晩のスキンケアでプルプルの肌を触ること、毎朝乗る体重計(摂食障害があるのでこれはちょっと病的だが)の数字を維持できていること。この連載の女性の担当編集さんから「そのアイメイク、いつもと違っていいですね。可愛い」と褒められたことも嬉しかった。

 一歩間違うと女性の楽しみを奪ってしまうルッキズム問題。度を超えて、娯楽の1つが失われてしまわないか心配だ。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/himeno/

姫野桂(ひめの けい)
宮崎県宮崎市出身。1987年生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。現在は週刊誌やWebで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イースト・プレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。ツイッター:@himeno_kei

2019年9月27日 掲載

関連記事(外部サイト)