東京新聞「望月衣塑子記者」が天敵「菅官房長官」のモノマネで政権批判

 三連休の中日となる9月22日、東京・文京区民センターで「安倍政権のこと、全部しゃべります」というタイトルで、東京新聞の社会部記者、望月衣塑子氏が講演を行った。彼女は森友学園・加計学園問題を追及。2017年6月6日、官邸で行われた菅義偉官房長官会見では、20分で23回質問したことで注目を集めた。今、安倍政権に最も批判的な新聞記者なんていう声もあるが、講演をのぞいてみると……。

 ***

 水色に白の花柄模様のワンピース姿で登場した望月記者は、冒頭で、

「私の半生を描いた角川新書から出した『新聞記者』を原案に映画『新聞記者』、2年前からスターサンズがプロデュースして制作いたしまして、参院選直前に公開しました。現在40万人動員して興行収入5億円突破ということで」

 いきなり自身の著作や映画の宣伝を始めたのであった。さらに、

「それから併せて森達也監督が、約1年弱かけて私をずっとドキュメント撮影していまして、そのドキュメント映画『 i 』の上演も11月15日から新宿ピカデリーほか全国20館くらいでスタートします。これは逆に非常に生々しくて。モリカケ問題、(伊藤)詩織さん問題、今回の映画同様、もっと生々しく思い起こさせる」

 さすが、スター記者、今度はドキュメンタリ−映画だという。

 さて、講演では、冒頭で日韓問題を取り上げた。

「昨年の10月、韓国の最高裁と言われる大法院が、1910年、日韓併合以降の韓国人の徴用工の方々に対する日本企業の人権侵害を認めまして、当時、関わっていた日本企業に対し、慰謝料を支払いなさいと判決を下しました。(中略)参院選の前日だったと思うんですが、7月3日には日本国内で選挙に関する党首討論が開かれました。ここで安部(晋三)さんが、大法院の判決に対する対抗措置として輸出管理を強化したい、ということを初めて発信したんですね。この時いらっしゃった共産党の志位(和夫)委員長は、(中略)司法の場で解決すべきことを輸出管理規制の形でやり返すのは外交の禁じ手だと。(中略)結局、聞く耳を持たず、最終的に経産省が輸出管理強化ということを実施しました。(中略)安倍さん菅さんは、(中略)大法院の判決というのは1965年の時点で決められた日韓請求権協定、(中略)これに違反する判決を韓国の最高裁が出したと。これは明らかな国際協定違反だ、ということを言い続けて批判しているという状況です」

 望月記者は、65年の日韓請求権協定の中身について言及。日本が韓国に出した有償無償8億ドルのうち、徴用工には全体の5・4%しか支払われず、ソウルの市営地下鉄や製鉄所の建設費にあてた。日本企業が参入し、高額で落札。韓国の政治家などにキックバックとして流れたと解説。そしてこの協定の枠組みを考えたのが、安倍首相の祖父である岸信介だと指摘した。さらに、現在、岸と同じように韓国を経済的な支配統制下に置こうとしているのが、安倍首相だと断じる。


■また安倍さん、嘘ついている


 さて、次は森友問題。1年半前、朝日新聞が朝刊一面で「森友学園疑惑」を報じた時、その日の安倍首相の会見の様子を望月記者は次のように語った。

「その日、官邸エントランス前に安倍さんがドカドカドカと現れました。カメラが回って政治部記者に囲まれて、『今、財務省に徹底調査を指示してきたところでございます。膿を出し切る覚悟でございま〜す』。この瞬間ね、周りにいるね、首相の番記者たちはね、内心ではですよ、内心では絶対、“うん?膿?膿?膿は〜お前やろ〜”ってツッコみたい瞬間なんですけど」

 安倍首相を「膿」呼ばわり……。それより、気になったのは、安倍首相の発言、「今、財務省に徹底調査を指示してきたところでございます(以下略)」部分については、声のトーンを敢えて一段下げ、ものまね口調で語っていたことである。後述するが、天敵・菅官房長官の発言についても全く同じ。この講演を聞きに来た人は、おそらく反安倍の人たちだろう。彼女にとって二人は、ドスのきいた声で民衆を苦しめる悪代官といったところである。笑いを取るためのモノマネだろうが、お笑い芸人でもあるまいし、いささか不謹慎である。

 安倍首相の「9条加憲」についても、こう語る。

「安倍さんが、よく地方の遊説で言っていたセリフが、こちらでございます。『ある自衛官は、その息子さんから、“お父さんて憲法違反なの?”その時その息子さんは目に涙を浮かべていたといいます。だからこそみなさん、だからこそみなさん、9条にしっかり、自衛隊を書き込みましょ〜』とやっていたんですね」

 これに関し、立憲民主党・本多平直議員が国会で追及したが、

「彼は北海道にいた時、小学校時代、自衛隊の駐屯地のすぐそばに住んでいたのですね。周りには、『俺の父ちゃん、自衛官やで〜』と言う人がすごくいっぱいいたらしい。その同級生の誰一人として、小中学校時代に、『いやあ、俺の親父ってさあ、憲法違反なんだよな』。そんなこと言う人はいなかったと。『教えてくださいよ、いったいいつの時代の話なんですか』と聞いたら、(中略)安倍さんまた、顔をぱーっと真っ赤にして、福島瑞穂さんに加計孝太郎さんとの関係を追及された時とまったく同じ反応をして、『本多さん、とっても失礼ですよ、あなた私が嘘つきだと、嘘だと言っているんでしょう。あなた、本当だったら、これ本当だったら、どうするんですか〜』。この瞬間にね、みなさんも思ったと思います。私も見ながら思いましたよ。“あ、また安倍さん、嘘ついている”」

 望月記者は、沖縄の辺野古移設問題にも触れている。一橋大学大学院生で、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表の活動について、今年の1月18日、菅官房長官に質問したという。

「18日の午前、菅さんの会見に行きました。『署名を集めた27歳の元山さんが、署名9万人の声を無にしたくないと、宜野湾市役所前で抗議のハンストを15日から始めています。投票不参加は、法の下の平等に違反しますが、若者がハンストで抗議の意を示さざるを得ない状況について、政府の認識をお聞かせください』。政府の認識を聞いているのにね、菅さん、『その方に聞いてくださいよ〜』」

 と、菅官房長官のマネをして話すのだった。菅官房長官の回答に不満だった望月記者、同じ日の午後の会見でも質問したそうで、

「『もう一度聞きます。一人の若者が一票の権利を勝ち取るために、抗議のハンストをしなきゃならなくなっている。こうい状況になっていることについて、今政府として、どう認識されているのでしょうか』と。(中略)菅さんは、『それはあの、それはそのあの、沖縄、沖縄のことですから〜』。これで終わっちゃうんです」

 さらにふざけて望月記者、菅官房長官のマネをしながら、

「またあの望月、俺に余計なことを聞いてきやがった。元号のめでたい発表の場には、あ奴を来させるな〜」

 2時間弱の講演は、一事が万事、この調子である。なお、安倍首相の“マネ”は10回以上、菅官房長官に至っては20回にも及んだ。政権批判は大いに結構だが、安倍首相と菅官房長官を前にして、さすがに本人を揶揄するような講演はできまい。正直申し上げて、「新聞記者の講演会」と言うより、「売れない芸人の漫談」と言ったら失礼か。なお、東京新聞に取材を申し込むと、

「本件は会社の業務ではないので、コメントを差し控えます」(編集局)

 とのこと。取材で知り得た内容を講演で話しておきながら、この回答はなかろう。望月さんは、新聞記者より政治家の方が向いているのでは・・。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月27日 掲載

関連記事(外部サイト)