朝日新聞「天声人語」は「内容がない」から「大学入試出題数1位」

■高校生には読ませたくない朝日新聞「天声人語」(2/2)


「書き写しノート」が大いに売れ、入学試験にも出題されるという朝日新聞の「天声人語」。だが実のところ、朝日が謳う「知性」や「教養」とは程遠い中身も少なくない。なにより、綴られるのは上から目線の“おっしゃる通り”“ごもっとも”なご意見ばかり。起きてしまった現実にメスを入れるという、コラムの役割を果たしているのかも怪しいのである。

 ***

 たとえば大船渡高校の佐々木朗希投手の登板回避が話題になっていた7月30日には、

〈夢を追いかけることと、途中で燃え尽きないこと。バランスが大切で、かつ難しいのは、どのスポーツも変わらない〉

 そのバランスをどう取るかが難しいからこそ、激論が起こったのである。

「久しぶりに読んで驚きました。当たり前のことをさも大事なことのように得意そうに言っていますよね」

 とは、作家の適菜収氏。

「“そりゃそうだよね”“だから何?”という感想しかもてない。毒にも薬にもならないのです」

 譬えるならば、学校の先生のお説教だろう。誰もがわかっていることを有難そうに語る。紋切型、綺麗事だからこそ、読者には「上から目線」に映るのでは。

「逆に言えば、それだからこそ、入試にたくさん出されるのだと思います」

 と笑うのは、朝日の書評委員を務めたこともある、評論家の唐沢俊一氏だ。

「内容がないからです。国語の試験において、受験生が問われるのは文章の解釈。読み方によってさまざまな解釈が成り立つというような文章には味わいがありますが、入試問題には不向き。一方、誰が読んでも理解できる平板な文章こそ、それに向いている。とりたてて大した文章ではないから取り上げられるのです」

 そして、

「学校の先生も無難だから勧めやすい。だから天声人語のノートは売れているのでしょう。ただ、これを高校生が書き写して血肉化すると、確実に“思考停止”を招きますが……」


■付け焼刃の引用


 そんな天声人語だが、最近は、“手抜き”と思われる回も目立つ。

 例えば9月5日には、上野で開催の「恐竜博」をレポート。9月3日には特別展「三国志」について取り上げている。興味が幅広くて結構、と思うのだが、タネ明かしをすれば、これ、いずれも朝日が主催のイベント。何のことはない、単にPRをしているだけなのである。

「特に恐竜博は計画的で、ちょうどその翌日が、展示されている『むかわ竜』が新種であった、との情報の解禁日に当たりました」(朝日ウォッチャー)

 であれば、当然、朝日最大のイベント「夏の甲子園」を取り上げていないはずがないと思ったら、やはり決勝戦前日の8月21日に加え、地方大会が始まった7月8日にもきっちり宣伝。さらには、6月15日には「クリムト展」を訪れているが、これも実は朝日の主催。いずれもそのことには触れていないから、新手のステマと言われても仕方ない。なんとも商魂たくましいが、PRとは知らず正直に書き写す高校生に、「罪悪感」を感じなかったのだろうか……。

 当の朝日にこれらについて質問してみたが、

「個々の受け止め方についてコメントすることは控えさせていただきます」

 とそっけない対応だった。

「朝日は天声人語が大学入試に使われていることを自慢にしているんですよ」

 とは、朝日新聞の元編集委員・川村二郎氏。

「社内にも掲示がしてあってね。“みっともないことはやめなさい”と言ったことがありましたが、この風潮は今でも変わっていませんね」

 そもそも朝日は苛烈な「受験戦争」を散々批判していた身。大学入試を権威づけに使うとは矛盾も甚だしい。

「90年代に天声人語の筆者のアシスタント役をさせられた記者は“テーマが決まると、関連のある本から、文章に箔が付くような一節を探してきてくれと言われて参った”と言ってました。しかし、そんな付け焼刃や借り物でデッチ上げても、ロクな文章にならないことは、文章のイロハでしょう。現在は、そういうお粗末なことはやっていないと、信じたいですけどね……」(同)

 朝日新聞は日本を代表するクオリティ・ペーパーであると言われてきた▼その看板コラムの劣化が甚だしいという指摘がある▼だが、ちょっと待ってほしい。これは日本の文化全体の問題であることを忘れてはならない▼広く叡智を結集し、新たな道を探りたい。

 天声人語風に結論づけるとしたらこうなるだろうか。いずれにせよ、高校生諸兄は、宣伝に煽られて天声人語を書き写すことはない。

 王様は、実は裸。

「週刊新潮」2019年9月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)