教祖は性的虐待で逮捕、韓国の新興宗教「摂理」は日本でいまも密かに浸透中

 かつて女性信者への性的暴行で教組が逮捕された韓国の新興宗教、通称「摂理」をご存知だろうか。日本でも、大学生の女性信者などが教祖のハーレムに送り込まれていたことなどから、2006年に社会問題に発展。「セックス教団」として一躍有名になった。

 その摂理、このところ耳にしなくなっている……どころか、系列の教会が宗教法人の認証まで受け、活動は勢いを増しているというのだ。ジャーナリストの藤倉善郎氏がレポートする。

 ***

 日本では法人格を持たない任意団体として現在も活動を続ける摂理だが、昨年、系列の2つの教会が大阪府と茨城県で宗教法人の認証を受けた。さらに今後の宗教法人化を目指し申請中の教会もある。一体、何が起きているのか。

■セックス教団「摂理」


 摂理は、かつて統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に在籍したこともあるとされる教組・鄭明析(チョン・ミョンソク)によって、1980年に韓国で設立された。当初は「愛天教会」と名乗り、その後「MS(モーニング・スター)宣教会」「国際クリスチャン連合」「キリスト教福音宣教会」といった調子で名称変更を繰り返してきた。85年に日本に上陸したが、表向き団体名を明示しなかったため、「MS教」「摂理」の通称が用いられてきた。

 日本では、宗教団体であることを隠し、大学でスポーツサークルなどを装って学生を勧誘。親密になってから「聖書の勉強」に誘い、宗教へと引き込んでいった。ある元信者が「もともと宗教団体に入るつもりは全くなかった。サッカーサークルだと言われ、サッカーをするために入ったのに、気がついたらそこが宗教団体だった」と語るほど、その偽装ぶりは徹底していた。

 鄭教祖が複数の女性信者たちと性的関係を持つなどしていた問題は、90年代末から韓国で指摘されており、00年代初めには日本の一部の週刊誌でも報じられた。

 99年、鄭教祖は韓国から国外に逃亡し、02年に強姦容疑等でICPO(国際刑事警察機構)から国際手配。それ以前は頻繁に来日していたが、国際手配されてからは、海外での潜伏先に日本人の信者を呼び出したりもしている。そして06年、朝日新聞が大々的に摂理問題を報じ、被害者が記者会見したことで、社会問題に発展した。

 当時、朝日新聞は、摂理の日本信者は2000人、50の大学に信者がいると報じた。「健康チェック」と称して教組に体を触れられたという元信者や、鄭教祖と同じ建物で宿泊中に乱暴されたとする元信者の証言も紹介された。

〈「選ばれた人。最高の祝福を受けた」と持ち上げられ、「教祖を裏切ったら地獄に落ちる」とも脅された〉(朝日新聞:2006年7月28日付)

 ある元信者はこう語る。

「信者からすれば、セックス教団と言われるのは抵抗も感じる。実際に多数の女性信者と性関係を持っていたのは、教祖だけですからね。一般の信者はむしろ逆で、統一教会に似た合同結婚式で結婚することが教義となっていて、それ以前は恋愛そのものが禁止されていた。教会内で付き合っている男女がいることがわかると、それぞれ別の教会(支部)の所属にさせられて別れさせられた」

 宗教ではないかのような装いで、大学生を騙して勧誘し入信させ、入信した者を新たな信者獲得のための偽装勧誘の要員として活動させる。さらに一部とはいえ、女性信者を教祖の性的虐待の対象として差し出し、一方で一般の信者には恋愛やセックスを禁じる。何とも勝手な宗教だ。

■カルトが宗教法人格を得られるカラクリ


 国際指名手配されていた鄭教祖は、07年に北京で拘束され、韓国へ移送。09年に懲役10年の刑が確定し、昨年2月に出所した。

 この間も摂理は活動を続けてきた。日本では「キリスト教福音宣教会」(東京・飯田橋)の名称で活動している。キリスト教福音宣教会の広報担当者はこう語る。

「虚偽の事実によって過去に『摂理』としてマスメディアに取り上げられたことがある点はそのとおりです。また、鄭明析牧師が懲役10年の刑に服したことは事実ですが、公正ではない裁判によって生み出された冤罪です」

 キリスト教福音宣教会の公式サイトには支部の一覧などはないが、同教会との関係は明示せず、全く別の名称で、全国に教会を設立している。信者数は現在、かつて「事件化」した06年よりも増え、4000人程度と見られる。

「もともと摂理は、マンションの一室を教会や共同生活の場として使い、偽装勧誘の際には、その場所をサークルの溜まり場であるかのように勧誘相手に見せていた。それが近年では、マンションやビルをまるごと買い取って、一般的な『教会』のように見える看板を掲げるケースも出てきている。06年頃に学生や若手だったコアな信者が中堅社会人になる年代なので、彼らの献金で蓄えができたのではないか」(元信者)

 昨年、宗教法人の認証を受けたのは、こうした教会のうちの2つ。「大阪主愛教会」(大阪府)と「つくば始音(しおん)教会」(茨城県)だ。2つの教会の登記謄本を見ると、いずれも「包括団体」の欄に「非宗教法人キリスト教福音宣教会」と記載されている。

 現役信者などによると、ほかにも複数が宗教法人の認証を申請中だという話もある。

「当宣教会に所属する2教会が宗教法人であることはそのとおりですが、現在、当宣教会自身を含め当宣教会に所属するその他の教会が宗教法人の認証を申請している状態にはありません」(キリスト教福音宣教会の広報担当者)

 宗教法人には、たとえば“宗派の本山”と“末寺”、あるいは“教団本部”と“支部”との関係にある「包括宗教法人」と「被包括宗教法人」、そして「単立宗教法人」がある。しかし、包括関係を結ぶ相手が法人である必要はなく、宗教団体であれば「包括団体」とすることができる。

 そのため現在、摂理の日本本部にあたるキリスト教福音宣教会が宗教法人格のないまま包括団体となり、支部にあたる2つの教会のみが宗教法人化するという形をとっている。

 都道府県にまたがって活動する宗教法人の認証は文部科学大臣が所轄し、直接の窓口は文化庁宗務課だ。一方、単独の都道府県で活動する宗教法人の認証は都道府県が所轄する。摂理の個別の教会は、都道府県認証だ。都道府県の担当者は、かつて深刻な人権侵害行為が社会問題化し、現在も大学生などを騙して勧誘している摂理であることに、気づかなかったのだろうか。

 摂理の宗教法人を認証した自治体や、現在、申請がなされているとの情報がある自治体及び文化庁に取材したが、いずれも「特定のケースについては答えられない」との回答だった。しかし、ある自治体の宗教法人認証の担当者は、匿名を条件にこう明かす。

「キリスト教福音宣教会を包括団体とする旨で申請が出されているので、当然、その包括団体がどういうものなのか調査はしている。摂理であるということも認識しているでしょう。しかし宗教法人については、認証に必要な条件に適合していれば認証しなければならないというのが現行の制度。日本国憲法で定められた信教の自由にも関わる問題なので、法律で定められていない基準を、自治体が勝手に持ち出して判断するわけにはいきません。さすがにオウム真理教(アレフやひかりの輪など)のように、いま現在も団体規制法に基づく観察処分の対象になっているようなケースであれば別かもしれないが」

 文化庁宗務課の担当者は、宗教法人の認証を「認証主義だ」と語る。許可制ではなく、法律で定められた手続きが適合していることを行政が証明するという性格の制度だ。宗教団体の活動内容に踏み込んで、問題の有無を判断するための基準や手続きは設定されていない。

「そもそも宗教法人の認証は、手続きが適合していれば下りるもの。その団体がいい団体かどうかについて、行政がお墨付きを与えるものではない」(ある自治体の担当者)

 文化庁の担当者は「申請があった団体が世間を騒がせたものであれば、当然、慎重に審査することになる」と語るが、宗教法人の認証制度やその基準は、都道府県でも文化庁でも同じだ。

 今後も摂理の支部教会の宗教法人化は続く可能性はあるし、日本の本部にあたるキリスト教福音宣教会が包括宗教法人として認証される可能性も大いにある。


■単立を装う偽装教会


 宗教法人とは、その団体に問題がないことを行政が保証するものではない。建前はそうだろうが、一般的な印象は違う。素性の知れない「宗教団体」と、法人格を持った「宗教法人」とでは、信頼感は雲泥の差だ。

 大阪府で認証された摂理の教会である大阪主愛教会は、住宅街のど真ん中のマンションをまるごと買い取って教会の看板を掲げている。郵便受けの表札には「宗教法人」とも書かれている。

 しかし公式サイトには、摂理やキリスト教福音宣教会との関係は明示されていない。サイトや教会の外壁に掲げているロゴにはキリスト教福音宣教会と同じで、キリスト教福音宣教会の英語名称を示す「Christian Gospel Mission」の文字もある。しかしウェブサイト上では文字が判読できないほど小さく、教会の看板にあるロゴも凝視しなければ文字が判読できないほど小さい。

 元信者によると「このロゴのイラスト部分は鄭明析が描いたもの」とのことだが、そんなことは勧誘されて教会に来る一般の人にわかるはずもない。

 先の2教会とは別に、現在、大阪府に宗教法人の認証申請中である「主聖霊教会」に至っては、摂理のロゴすら掲示していない。建物を撮影していると、現役の信者が話しかけてきた。

「確かに私たちは摂理です。近所の方々とは上手くやっていますが、摂理だということは伝えていない。鄭明析先生は無実で、マスコミ報道はフェイクニュース。それをわざわざ自分たちから言わないでしょう」

 近隣住民に対しても、団体の素性を隠しているようだ。

 東京にある「主の帆教会」では、去る8月31日に「どなたでもご自由にご参加ください!」として、「夏まつり」を開催した。私と共にニュースサイト「やや日刊カルト新聞」でカルト関係の取材活動をしているジャーナリストの鈴木エイト氏が、その様子を取材した。

「地域イベントのような装いでしたが、実際には、来場者の大半が信者のようでした。私が会場を歩きまわっていると、スマホで何かを確認しながら私の後をつけてくる信者がいて、やがて会場内でずっと数人にマークされ、最後は『鈴木さんですね』と声をかけてきました。会場では、以前、別の摂理イベントの取材で会話した摂理幹部の姿もありました」(鈴木氏)

 主の帆教会も、看板やウェブサイトには摂理との関係を示すものを全く掲出していない。摂理との関係を尋ねた鈴木氏に対して、ある信者は「キリスト教福音宣教会という看板を制作中」と語り、摂理であることを認めた。ところが鈴木氏が別の信者に「上部団体などはない単独の教会なのか?」と尋ねると、「そうです」との答えだった。

 摂理との関係をすでにわかっている、あるいは疑っている人に対しては関係を認めるが、そうではなさそうな質問に対しては、摂理と関係がないかのようなウソをつく。この点について、キリスト教福音宣教会の広報担当者はこう説明する。

「(傘下教会を掲載していない)当宣教会のウェブサイトは、まだまだ改善の余地が大いにあり、決して十分な情報が掲載されているわけではありません。今後の改善のため、貴重なご意見として承ります。近隣住民には、教会に招待するなど様々な形で説明しており、不在でいらっしゃったがゆえにご挨拶できていない近隣住民もいらっしゃるでしょうが、明示しないわけではありません」

 元信者らの調査によると、摂理は現在、ウェブサイトを開設して存在を公表している教会だけでも15の支部が確認されている。前出の2つの教会のほかに、仙台主信仰教会、千葉愛の教会、天運教会(東京)、主真理教会(神奈川)といった調子で、摂理はおろか母体であるキリスト教福音宣教会との関係すら推測できない名称のものばかり。ウェブサイトがないものや、所在地や名称が不明のものも含めると、確認されたものだけで34にのぼるという。

 一方で、日本の本部にあたるキリスト教福音宣教会は、創設者として鄭明析の名をウェブサイトに堂々と掲載しているが、むろん鄭の素性については全く紹介していない。


■今も続く大学での偽装勧誘


 摂理による大学生等への偽装勧誘は、いまだに続いているどころか、かつてより手広く巧妙になっている。ある大学の担当者がこぼす。

「かつては信者が学内に偽装サークルを作って、春先に新入生を勧誘していた。しかし06年の騒動以降、大学側の監視が厳しくなり、現在では学内サークルというはっきりした体裁をとらない。学外の社会人を招いてプレゼンの勉強や留学・キャリア支援をするサークルと称して、学内でゲリラ的に学生に声をかける。以前のようなスポーツサークルを装うこともあるが、どちらかと言うとキャリア支援を謳う『意識高い系』の装いが強くなった。有名企業に就職した社会人信者が、そういった活動に関わっている」

 ある大学では、キャンパスのすぐ近くに摂理信者が経営するカフェがあり、そこに学生を連れ込んで偽装サークルに勧誘するケースもあるという。ターゲットにされる学生の層も変わってきた。

「かつては新歓期に、ほかのサークル勧誘にまぎれて、新入生を狙う手法がオーソドックスだった。しかし現在では勧誘が通年化し、キャンパスの内外を問わず学生に声をかけるし、SNSを使った勧誘も行うようになった。キャリア支援を謳う手法では、新入生ではなく3、4年生も狙う。また高校生に対しても勧誘しており、高校時代にすでに入信した上で大学に入学してくる者いる」(前出の大学関係者)

 実際に摂理は、大学のキャンパスライフを支援するなどと称して、高校生を集めてのイベントも開催している。

 教祖・鄭明析は現在74歳。再び性的虐待を繰り返す元気はないかもしれない。

「いまのところ、かつてのような性的被害の情報はない。だったらもう問題ないのでは?という声も聞くことがあるが、宗教であることを隠して学生を勧誘している以上、大学としては看過できません。いい宗教か悪い宗教なのかという問題ではなく、学生を騙す偽装勧誘そのものが問題です」(同・大学関係者)

 偽装勧誘を行っているとの指摘に対して、キリスト教福音宣教会の広報担当者は、こう説明する。

「キリスト教福音宣教会は、当宣教会を明示してさまざまな活動をしておりますし、“偽装”勧誘はしておりません。聖書を教えている以上、宗教団体であることは明らかに分かります」

 聖書を持ち出す以前の段階の勧誘が、問題視されているのだが。


■「偽装レストラン」も?


 大阪で始まった、摂理信者が経営する「実身美(サンミ)」という自然食レストランがある。現在、大阪に3店舗、東京と沖縄に各1店舗と拡張を続けている。

 今年4月8日。朝日新聞夕刊に、同店と代表者を好意的に紹介する記事が掲載され、同紙のウェブサイトでも配信された。これに対して、摂理被害者の救済に取り組んできた全国霊感商法対策弁護士連絡会の東京事務局長・渡辺博弁護士が「サンミは、摂理信者らが摂理の素晴らしさを実証するために開設した店舗と認識しています」として、朝日新聞社に記事掲載の経緯を質す申し入れ書を送付。関連して渡辺弁護士は「サンミにアルバイトとして採用されてその後正体を隠されたまま摂理に勧誘された複数の方から相談を受けてきました」とのコメントも発表した。

 すると、朝日新聞社は、ウェブサイトでの記事の掲載を取りやめた。

 サンミ側は、前出の鈴木エイト氏の取材に対して「特定の宗教団体」との関係を否定、代表の大塚三紀子氏を含め従業員らに摂理信者がいるとされている点についても回答はなかった。

 摂理が多くの信者を傷つけメディアを賑わせてから13年。すでにあの騒動を忘れている人も多いかもしれない。しかしいま、その摂理が、あの手この手で勢力を伸ばしている。

藤倉善郎(ふじくら・よしろう)
ジャーナリスト。1974年生まれ。宗教団体以外も含めた「カルト」の問題を取材。2009年にはカルト問題専門のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」を創刊し、カルト被害、カルト2世問題、カルトと政治の関係、ニセ科学やニセ医療、自己啓発セミナーの問題などの取材を続けている。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月5日 掲載

関連記事(外部サイト)