台風19号から首都圏を護った埼玉の「地下神殿」 浸水被害軽減効果は10年間で1000億円

台風19号から首都圏を護った埼玉の「地下神殿」 浸水被害軽減効果は10年間で1000億円

通称「地下神殿」と呼ばれる「首都圏外郭放水路」

 長野県の千曲川など47河川の66カ所で堤防が決壊し(10月15日時点)、各地で甚大な洪水被害をもたらした台風19号。史上最大規模と言われた台風が猛威をふるう中、首都圏は大きな洪水被害を受けずに済んだ。そのため、通称「地下神殿」と呼ばれる「首都圏外郭放水路」が、再び注目されている。小規模なダムと同等の貯水量を有する世界最大の治水施設は、実際、首都圏で台風19号の被害をどのくらい食い止めてくれたのか。

 ***

 放水路とは、洪水を防ぐため、河川の途中に新しい川を分岐して作り、海や他の河川に放流する人口水路で、全国に50カ所以上ある。

 首都圏外郭放水路は、荒川や江戸川、利根川といった大きな河川に囲まれた、中川・綾瀬川流域の地下にある地下放水路である。

「住所でいえば、埼玉県の春日部、草加、越谷の3市に跨っていることになります。上流から流れてきた水をここで取り込むので、下流にある東京への負荷を減らすことができます」

 と解説するのは、国土交通省関東地方整備局・江戸川河川事務所の広報担当者。

「荒川や江戸川、利根川といった大きな河川に囲まれた中川・綾瀬川流域は、水が貯まりやすい皿のような地形になっているため、昔から大雨が降るたびに水害に見舞われていました。昭和30年代に草加市や越谷市の都市化が進んで東京のベットタウンとなったため、総合治水対策を進めました。堤防を築いたり、川底を掘ったり、下水道を整備していったのですが、それでも水害を食い止めることができませんでした。そこで、大掛かりな治水施設を作ることになったのです」

 着工は1993年。完成は13年後の2006年。総工費は2300億円だという。

「中川・綾瀬川流域には、中川、倉松川、幸松川、大落古利根川など、小さな河川があり、大雨になるとすぐに水位が上がって溢れます。その溢れた水を取り込んで、強固な堤防を持つ江戸川に放水して洪水を防ぎます」(同)

 首都圏外郭放水路には、中川や倉松川など、5つの河川の堤防に越流堤という溢れた水の取り込み口がある。川の水位が上昇して越流堤の高さを超えると、自然に水が流れ込む仕組みだ。取り込まれた水は立坑に貯められる。立坑は内径約30メートル、深さは70メートル。アメリカのスペースシャトルや自由の女神がすっぽり入る大きさだ。立坑は、第1立坑から第5立坑まで5本あり、それぞれ国道16号の地下50メートルにある内径約10メートルの放水路で繋がっている。全長は、春日部市上金崎から小渕まで約6・3キロ。この放水路を掘削した際に出た土は、江戸川の堤防に再利用されたという。

 5本の立坑のうち、河川から水を取り込むのは第2立坑から第5立坑までの4本。取り込んだ水は放水路を通って第1立坑に集められ、“地下神殿”と呼ばれる調圧水槽に送られる。調圧水槽は、放水路から流れてきた水の勢いを弱め、江戸川へスムーズに放出するための施設だ。


■1秒で25メートルプール1杯分を排水


 春日部市の地下22メートルにある調圧水槽は、長さ177メートル、幅78メートル、高さ18メートル。この空間に、巨大な柱が59本そそり立っている。柱は1本あたり奥行き7メートル、幅2メートル、高さ18メートルで、重さは500トンにもなる。巨大で荘厳な空間に圧倒されてしまう。そのためか、映画やテレビドラマのロケに使われ、2005年に公開された映画『仮面ライダー THE FIRST』では、ショッカーの秘密基地として使われた。

 12年11月には、米CNNが巨大な地下トンネルの内部を取材した。

〈入り口は常に施錠されていて、ほとんど目立たないため、何度も前を通り過ぎているのに気付かない人もいるかもしれない。しかし内部は極めて特徴的な施設だ。入口を入って幾つか階段を降りると、SF映画にでも登場しそうな巨大ホールにたどり着く。(中略)雨が降って立坑とトンネルに雨水がたまると排水機構が稼働する。排水機構の中心にあるのは4基のタービン。ボーイング737型旅客機に搭載されるようなジェットエンジンを使って、近くを流れる江戸川に雨水を放流する〉

 調圧水槽に貯まった水は、4台の巨大ポンプで江戸川に排水される。ポンプは、航空機用に開発されたガスタービンを改造したもので、出力は1台で1万4000馬力。ポンプ駆動用として国内最大級という。4台のポンプをフル稼働させると、排水能力は1秒間に200立法メートル。具体的には、小学校の25メートルプール1杯分の水を排水できるという。

 首都圏外郭放水路は、先に述べたように完成は2006年。しかし、早く洪水被害を防ぐために、2002年に第3立坑までの3・3キロ区間を部分稼働させた。

「これにより、04年10月の98人の死者・行方不明者を出した台風23号では、排水量は670万トンで64億円の浸水被害軽減効果がありました。06年の完成以降で言えば、20人の死者を出した15年9月の台風17号・18号による『関東・東北豪雨』で、排水量は1900万トンで373億円の浸水被害軽減効果をもたらしています」(江戸川河川事務所)

 首都圏外郭放水路が完成してから10年間(17年10月まで)で浸水被害軽減効果は1008億円にものぼるという。稼働数は年平均約7回で、うち、ポンプ稼働が約4回、排水なしの貯留だけは約3回という。

「今回の台風19号ですが、12日午前11時半に、18号水路から水が入り始め、午後6時に5つの河川すべての水が流入しました。すべての施設がフル稼働するのは、15年の『関東・東北豪雨』以来2回目となります。12日から15日朝7時までの排出量は1200万トンとなっています」(同)

 尚、首都圏外郭放水路は、「地下神殿」などを見学することができる。3コースあって料金は1000〜3000円となっている。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月16日 掲載

関連記事(外部サイト)