神戸小学校教員いじめ事件に見る、教育現場の悪循環

神戸小学校教員いじめ事件に見る、教育現場の悪循環

教員いじめ事件が起こった神戸市立東須磨小学校

“目に激辛スープ!”“屈辱シーンを撮影!”目を疑うようなニュースがメディアを賑わせた。おまけにこれが小学校の教員間のイジメだというのだから目も当てられない。もっともこの陰湿イジメ、実は氷山の一角で、そこから「知られざる世界」が仄見(ほのみ)えてくるのだ。

 ***

 ある一定数の指導者には支配欲、もっと踏み込んで言えば洗脳欲が潜んでいるものだ。指示通りに従わせ、その快感が全身を駆け抜ける。支配は甘美な体験だと認識するようになる。

 それが歪み過ぎた形で発露したのが、昨年、世間の耳目を集め続けた「日大アメフト部の危険タックル事件」ではなかったか。精神科医の片田珠美氏によると、

「アメフト部の内田監督(当時)は、悪質なタックルを選手に強いて、“言うことを聞かなければ試合に出さない”と脅しつつ、“クォーターバックを潰せば今後も試合で使う”とアメもちらつかせていました。アメとムチを行使しつつ、監督は選手を支配していたと言えるでしょう」

 イマドキの小学生は、「廊下に立ってなさい」と言われれば「学習権の侵害?」だと叫び、カラダが触れたり教員が竹刀を持っているだけで「体罰反対?」と訴えるから、何もシナイ教員が出てくる。

 もっとも一般に中学生に比べて小学生は、腕力・体力に劣るわけで、刃向かってくる心配は相対的に少ない。

「小学校の先生たちって独特な空気がありますね。小学校というのは、学級担任をしながらほとんどの科目を1人の教師が教える制度になっている。年長者からすれば、若手が歩いているのはいわば“自分たちの通ってきた道”なので、口出しもしやすい。そのせいか、ルールというか定石のようなものができていて、それが本当に正しいか否かは別として、順応を求められる。言葉を選ばずに言えば独善的なんです」

 と、これはある中学教員からの評価である。

「中学生は半分大人のようなもので、たとえ教師が何かゴマかしてもすぐに見抜かれる。生徒との間にちゃんとした人間関係を築く必要がありますから、先に触れた教師同士の暗黙の『ルール』についても正しいか否かの健全な思考を働かせることが出来るでしょう。しかし、小学生相手にはそうはいきません。彼らは基本的には教師の言うことを聞きますし、強く言うことでだいたいの場合には従わせることができる」

 内田監督のようにアメとムチに頼る必要すらなく、その点でも指導はイージーと言えるわけだ。


■自分よりも弱い者へ


「小学校で生徒間のいじめが起こって、“加害者に対する指導が十分にできなかった”などと反省の弁を述べる先生たちがいますよね。でもそれは努力した結果じゃなくて、元々ムリな話なんですよ」

 と、こちらは現役の小学校教員の打ち明け話。

「他人をいじめる子どもがいる家庭には似たようなカラーがあって、親もいじめの“素質”をはらんでいることが多い。だから仮に校長や教頭が親を呼び出しても、“ウチの子の何が悪いのか”と執拗に責められ、逆に疑われたことを根に持って金銭を要求してきたりと、極めて異質な行状が見られる。いわゆるモンスターペアレンツですね。まともにかかわっていると担当の先生が病気になったり、退職や自殺に追い込まれたりするから、そういった親に対峙するのを最初から避ける傾向にある。もちろん熱心にやっている先生はいて、彼らには悪いけど、“易きに流れる”のが小学校の先生の宿命というところかな」

 先の片田氏は、

「小学生の子を持つ親たちは、家庭で躾をせずにそのまま学校に丸投げする人も少なくない。“教室で走らない、授業中は静かに座って聞く”なんてことから教えなければなりません。高学年になると、受験をする子たちは授業中ずっと“内職”していたり、寝ていたりする。その結果、“言うことを聞かせる、色んな子どもたちをまとめ上げる”といったことのウェイトの方が高まっているのです」

 と、小学校の指導現場が抱えるジレンマを描写し、

「そうなると、教科ごとの細かい指導力より、体育会的なノリの良さやブレない姿勢といったものの評価が自ずと高まる。また、超長時間労働やモンスターペアレンツ対応という仕事のブラック化に伴って休職率や離職率も高くなっていて、そういったストレスフルな仕事に耐えられる人だけがサバイブしていく。けれど、ストレスの根本原因を排除するのは難しく、怒りの矛先は自分よりも弱い者へと向かう。今回のように、若手の教師をいじめて溜まった怒りや欲求を発散しようとする。これを『怒りの置き換え』と言います。教育の現場はかなりの悪循環に陥っているように思えます」

「週刊新潮」2019年10月17日号 掲載

関連記事(外部サイト)