【超・実践的DV脱出マニュアル】今これを読んでいるDV被害者の皆さん、あなたは間違っていない、逃げていい!

【超・実践的DV脱出マニュアル】今これを読んでいるDV被害者の皆さん、あなたは間違っていない、逃げていい!

子どもの面前で、モラハラも含むDV行為が行われる「面前DV」は児童虐待として警察が子どもを一時保護できる理由になる(写真はイメージです)

 DV夫はなぜ暴力をふるうのか? 被害を受けた妻はどうすれば現状打破できるのか? 前編に引き続き、DVや貧困などの困難を抱えた女性の自立支援をするNPO法人「くにたち夢ファーム Jikka」代表の遠藤良子さんに話を聞いた。今回はより具体的なDVからの脱却方法を指南する。

 ※前編はこちら→https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10241100/

 ***


■夫宛てに書き置きをすべし


――家を出るタイミングは、どう図るのでしょうか。

遠藤:そこは一番難しい問題です。でも究極的に言えば、衝動に任せる。「今しかない」と思う瞬間にしか実行はできません。被害者は相談の時点では「もう耐えられない、1週間後の子どもの運動会の翌日に出る」とか言うんですよ。こちらとしては運動会なんてやってる場合じゃないとは思うけど、子どもにも転校を強いるのだから最後くらい……と思うんでしょう。でもじゃあその日に本当に家を出るかというと、たいていが出ないんです。「やっぱり……」と言いだして。DV被害者の場合、計画はあてにならない。計画を立てたものの、結局は実行しないパターンがほとんどです。だから「この日に」と決めることより、「いつでも出られる」という状況を作ることの方が大事。夫が酒飲んで暴れた、その瞬間に出る。準備と道筋ができていたら、それでいいんです。

――決行の日にすべきことはありますか?

遠藤:夫宛てに書き置きをする。何も書かずに家を出ると、周りを巻き込んでしまいます。あて名は「****様」とフルネームで。内容は5〜6行、「今日私は家を出ます、いろいろ考えましたが少し休みたいので、しばらくそっとしておいてください。こちらから連絡するまで待っていて下さい」程度で。敬語で事務的に、「こういう理由でここを離れる」という事実のみを伝える。離婚というような現時点で決められないことには、変に触れないでいいです。

 家を出る前には、手持ちの電話帳や住所録などはすべて処分する。携帯電話、パソコンなどの電子データも削除する。これは家を出た後、夫に捜されないため。妻を捜す夫の騒ぎを拡大させないためです。

 そして家を出ることは、絶対に誰にも言わない。特に、夫が真っ先に訪ねていく親兄弟や親友など、近しい人にこそ秘密にして下さい。知っていれば、必ず言ってしまいます。夫とも面識のある人は、どちらが悪いか判断できない状況で、夫に涙ながらに「反省している」と懇願され、隠し通すことに罪悪感を感じてしまいます。相手のためにも、言ってはいけません。

 すべての道をふさがれた夫は、警察と役所に行きます。でも前もって伝えておけば、警察は捜索に応じませんし、役所も何も答えません。このあたりで夫は「計画的に逃げたこと」に気づき、シェルターに行ったことを理解します。そうなるともう手が出せない。

 ストーカー化する人は、ここから探偵を頼んだりする。役所に変な電話がかかってきたりとかいろいろな動きが始まります。その場合は、第2の手を打たなければいけませんが、たいていの人はこのあたりで諦めます。たまに役所で暴れる人もいますが、役所もさすまたで取り押さえるような訓練もしていますから。


■連れ戻されるのではなく、自分で戻ってしまう


――シェルターにいられるのは2週間ほどですよね。その後は?

遠藤:家を出てシェルターで数週間過ごした後は、アパートを借りて住んでもらいます。実家は夫がすぐ来るので避けて、知人など支えてくれる人がいる場所に、なければ加害者とできるだけ距離を取るよう、少なくとも他県で部屋を探すように言います。今はネットで不動産が探せるし、事情を話してお金さえ払えば、すぐに部屋を借りることができます。お金を持っていればですが。

 でも縁もゆかりもない場所での生活って、すごく孤立するんです。だって学校でも職場でも、女性ってみんな子どもとか夫の話ばっかりでしょ。でも――私もそう言いますが――DV被害者は危ないから、夫が追跡を諦めるまでは、夫の話なんて絶対にしてはいけない。だから人付き合いができなくて寂しいし、不安になってくる。そういう中で、夫と連絡を取ってしまうんです。よく加害者が来て連れ戻されて……とか言いますし、まれにはそういう場合もありますが、そうじゃないんです。「暴力を振るわれて、なぜ逃げないのか」と聞く人がいますが、たとえ殴られても一人ぼっちよりはいい、「ここは私の家で、この人が夫」と言える方が安心なんです。

――自分で戻ってしまうとは……。

遠藤:行政が「これで解決」と終わらせても、「その後」のそういう状況があるから、私は民間の自立支援NPOを始めたんです。孤立した女性たちは、誰でもいいから安心して話せる相手が欲しい。友達を見つけてね、できなくても役所の婦人相談員に相談できるからね、話すだけで違うよ、何でも聞いてもらっていいし、何もなくても行っていいんだよ――と伝えます。元夫以外に頼れる場所があるということをちゃんと伝える。転居先でも自治体の相談員か、あるいは民間団体につなぐ。それでも相談に行かない人は行かないんですけど、それはもうしょうがない。

 夫と離婚が成立すれば落ち着いてくるし、同じ地域にいれば馴染んではいきます。その段階で、この人は大丈夫そうと思う人に出会えば、DV被害を受けたことを言ってもいい。最終的には口に出さないと立ち直れませんから。離婚理由の半分以上はDVなので、シングルマザーがいれば同じ境遇かもしれない。新しいコミュニティの中で新しい関係を作り、自分一人じゃないと思えればすごく安心もできます。

 自立とは、一人で何でもやれることではなくて、一人でできないことを助けてもらえる関係を作ること。DV夫が「友達作るな、付き合うな」と言うのは、自立させないためなんです。真面目な人は従ってしまうからね。電話もメールもチェックされて。

――肌感覚でいいんですが、相談に来る人、相談に来て逃げる人、逃げたのに戻る人の割合はどのくらいでしょうか?

遠藤:シェルターに入った後で夫のところに戻る人は、10人に1人くらいでしょうか。シェルターにはルールもあるし、携帯電話も預けなければいけないし、外出もできないから、たった2週間くらいなんだけど、我慢できない人もいるんですよね。

 相談に来る人は、その時点で半分くらいは「逃げよう」と思って連絡してくるから、シェルターに行くかどうかは別として、様々な形で一歩踏み出してはいますよ。一番の問題は、相談してこない人なんです。


■一番の問題は、相談に来ない人


――なぜ相談しに来ないんでしょうか?

遠藤:いろいろな理由があります。何もしてくれるはずがない、何もできるはずがないと思ってる。支配が強くて、自分が悪いとしか思えない人も来ませんし、単純に情報がない人もそうですね。だから役所の女子トイレなんかにカード置いたりしているんですけれどね。役所のような行政の公的機関が苦手な人もいますし。

――児童虐待事件などで「子どもを救えなかった」というニュースがこれだけあると、結局ダメなんだと思ってしまうこともあるのかもしれませんね。

遠藤:でもね、野田小4女児虐待事件のニュースの後は、「うちの夫もそうじゃないか、自分も怖くて助けられない、加担しているかもしれない」という相談が相次いだんです。私の周りでもあれをきっかけに離婚した女性が2人くらいいます

 あまり語られていませんが、虐待と DVは 一セットであることが多いんです。児童虐待の数では、「面前DV」が1位ですから。

――「面前DV」というのは?

遠藤:子どもの面前で、モラハラも含むDV行為が行われること。これは児童虐待として警察が子どもを一時保護できる理由になります。私はよくDV被害者にも聞くんですよ。「あなたが殴られている時に、お子さんはどこにいるの?」って。そうするとたいていの被害者が、「自分の部屋に」とか「聞こえない2階に」とか「気を付けています」とか答える。いやいやいや、そういうことじゃないでしょ、と。DVが始まる時には、ピーンと張り詰めた空気が家の中を支配する、そのあたりから子どもは「何かおかしい、今日も始まるかもしれない」と感じて、ドキドキしてきたり不安になったりして、すごい精神的な影響があるのよって。見ていないとか聞こえないとか、そういう問題じゃない。ものすごい豪邸にすんでいて100m先の部屋にいるならまだしも、狭い家の中でその気配を感じ取らないはずがないんです。それは面前DVという児童虐待ですよ、と。そういう人は「虐待なんてしていません」と言いますけれどね。

――DV被害者が「DVじゃない」もしくは「面前DVじゃない」と言い張るのはなぜでしょうか。

遠藤:DVされているような妻だと思われたくないんですよね。ある種の自尊心ですが、それは「DVを受けるほうが悪い」という思考の裏返しなんです。だから被害者には「あなたはぜったいに悪くない」と伝えます。百歩譲ってあなたが夫に罵詈雑言を浴びせていても、言葉ではかなわないからと夫が暴力を振るったら、それはもう夫が悪い、犯罪です。

 自分が被害者とされること、自分の夫(子どもの父親)が加害者、犯罪者とされることを嫌がる人もいますが、私はあえてそういう言葉を使います。あなたがどう思おうと自由だけれど、社会はこれを犯罪として見るし、だからあなたを助けるんだと。夫と妻という個人的な関係を、加害者と被害者という社会的な形で認識しなおさないと、DVから脱出しません。私はあなたの友達でも何でもない、でもこうして助けるのはそれが仕事だから。私には助ける義務と責任があり、あなたには助けてもらう権利がある。そう伝えると自分を客観視できるようになります。

――「面前DV」はそれだけ多く報告されているのに、DVそれ自体が顕在化しないのは、そういう、認められない思考回路に理由があるのでしょうか?

遠藤:縦割り行政の弊害もありますね。児童虐待は文部省、DVは男女平等・人権分野なので内閣府、自立のための生活再建のための福祉は厚生労働省で、これがうまく連動していないんです。

 10年くらい前だと、DVの被害者支援をやっていると、児童虐待の担当者から「母親は加害者だ」と憎まれました。そうなっているのは母親も虐待されているからなんだけれど、「でも自分が虐待されているからって、自分が虐待していい理由にはならない」と。話が通じませんでした。でも野田の事件では「母親のくせに子どもを見殺しにして」という意見は、そこまで多くは出なかった。少しずつ変わってはきていると思います。

 全部つながっているんです。被害者支援をやっている人間は、なかなか加害者に触れられない、加害者を容認するのかと言われてしまうんですが、加害者対策、加害者更生支援だって大事なんですよ。でもこれは本当に根深い問題なんですよ。男性を変えるということは、社会を変えるということだから。でもそこに手を付けないで放置したままでいたら、ザルみたいなもので、いくら被害者を逃がしても次から次へと再生産されますから。

 私はそもそも、DVという問題について、もっと開かれるべきだと思うんです。プライバシーに関しては気を付けなければいけないけれど、 DV とはどんなものか。加害者とは、被害者とはどんなものなのか。そこから逃げるということはどういうことか。そういうことについて公に話すことなしには、問題が「そこにあるもの」として認知されていかないと思うんですよね。

遠藤良子氏
NPO法人くにたち夢ファーム理事・女性の居場所Jikka代表。2000年より、東京都国立市の市民運動支援の拠点として「スペースF」を運営。その経験を活かして開始した自治体の女性相談員としての活動で、DVや貧困などの困難を抱えた女性の自立支援の必要性を痛感。2016年に同NPOを立ち上げる。小さな民家を改装して作られた「Jikka」は、「女性がいつでも安心して帰れる場所」という思いを込めて作られたオープンスペース。DV被害女性たちの脱出や、新しい住居を賃借する手助けをすると同時に、地域に定着する過程での孤独を癒す場所としての機能を持つ。http://kuf-jikka.sakura.ne.jp/wp/

取材・文/渥美志保

2019年10月25日 掲載

関連記事(外部サイト)