顔写真の瞳に映った景色から自宅特定「デジタルストーカー事件」に見るSNSの恐ろしさ

■SNSがなければ「失われなかった命」(2/2)


 2017年の座間9遺体事件で、犯人の男はツイッター上で自殺願望のある女性らを探しだし、殺害に及んでいた。スマホの普及と共に、近年、SNSが舞台装置となる犯罪は増加の傾向にある。

 ***

「事件全般をみると、その起点となるものは、出会い系などのサイトからSNSへと移行しつつあります。出会い系サイトに起因する事犯の被害児童の数も03年には1278人だったが、17年には29人にまで減りました」(警察庁関係者)

 掲載の表にもある通り、ネット犯罪の先駆けとされるのは、1993年10月、パソコン通信のネットワークを使ってわいせつビデオを販売していた男が京都府警に逮捕された事件である。しかし、この頃の「ネット」はインターネットではなく「パソコン通信」。インターネットのサイトなどが犯罪に関係するようになるのは90年代後半に入ってからで、98年には自殺志願者が開設したサイトに参加していた男がうつ病女性に青酸カリを送付し、双方が自殺するという事件が起こっている。男は「ドクター・キリコ」の名で件のサイトに参加していた。

『ルポ 平成ネット犯罪』などの著書もあるジャーナリストの渋井哲也氏はこう話す。

「この時期はまだインターネット黎明期。『ドクター・キリコ事件』により、文字さえ打てれば誰でもネットで知らない人と交流でき、少しの知識があればどんな人でもサイトを作れるということが周知されました」

 99年にはネット上の巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」が開設された。00年に「西鉄バスジャック事件」を引き起こした当時17歳の少年は、「ネオむぎ茶」と名乗って「2ちゃんねる」に犯行予告めいた書き込みをしていた。

「『ドクター・キリコ事件』も『西鉄バスジャック事件』も現実世界ではネットユーザー同士は会っていない。この頃は、リアルな世界でネットユーザー同士が会うには今と比べて“壁”があったのです」

 と、渋井氏は言う。

「その“壁”を取り払ったのが、01年5月に起こった『京都メル友連続殺人事件』。もちろんこれ以前にもネットユーザー同士が“出会い”を求めて現実世界で会うことはありましたが、殺人事件になったのはこれが初めてでした」

「出会い系サイト規制法」が施行されたのは03年。サイトを巡る事件が相次いだことで国が規制に乗り出したわけだが、

「04年に『ミクシィ』や『グリー』といったSNSが登場すると、出会い系サイトはみるみるうちに衰退しました。出会い系サイトは基本的に登録料金が必要ですが、SNSなら無料で女性に声をかけ放題なわけですから、人がそちらに移行するのは当然です」(同)

 しかし、その「ミクシィ」や「グリー」の全盛期も長くは続かなかった。

「09年に『青少年ネット規制法』が施行され、『ミクシィ』や『グリー』といったそれまでのSNSは規制の対象となったのです。また、08年にはツイッターやフェイスブックの日本語版がサービスを開始しており、ネットユーザーたちは徐々にそちらに移行していった」(同)

 無論、新たなSNSが流行れば、当然、それを巡る事件は増える。13年の「広島LINE殺人事件」や17年の「座間9遺体事件」は“スマホ時代”を象徴する事件と言えるだろう。


■諸行無常


「それにしても、人間の欲望や本性を解放してしまったSNSは恐ろしい」

 そう慨嘆する評論家の唐沢俊一氏が例に挙げるのは、先月起こった「デジタルストーカー事件」。犯人は、SNSに投稿された被害者の顔写真から、その瞳に映る景色を手掛かりに自宅を割り出した。被害者はそんな目に遭うとは想像だにしなかっただろうが、

「徹底的に調べ上げるのが好きな人は昔からいます。40年ほど前、アニメファンが集まる喫茶店に客が書き込める連絡ノートがあった。そこである女性客に片思いをしていた男性客はノートに書かれた個人情報を分析し、彼女の住所や家族構成、生理の周期まで割り出してしまった。SNSはそうした人にとって格好の場所になっています」

 作家の適菜収氏は、

「SNSで世界中の人と繋がることで、様々な考え方を知って視野が広がるでしょうか。答えは否です」

 と断言して、こう語る。

「結局、SNSというのは自分に似た意見の人を探し求め、自分と考えの似た人が自然と集まってしまう場所なのです。だからこそその“集まり”の考えが一般常識と乖離しても気が付かない。周りが注意しても聞く耳を持たず、しまいには陰謀論を語り始める。過去を振り返れば“連合赤軍”や“オウム真理教”も似たような感じだと思います」

 07年、帰宅途中だった名古屋市の31歳の会社員、磯谷(いそがい)利恵さんが初対面の男3人に拉致され、殺された。犯人の男らを結びつけたのは、ネット上の「闇の職業安定所」なるサイトだった。

「犯罪者の感覚を鈍らせて、罪を犯しているという意識を希薄にさせるのがネットやSNS。ネットの中というのは、犯罪が目の前に転がっていて、誰が拾うか分からないような状態だと考えるべきです」

 殺された磯谷さんの母、磯谷富美子さんはそう語る。

「娘の事件でもっと厳しい刑罰が下されていたらネット事件の増加を抑えられたのではないかと悔やんでいます。一審の名古屋地裁ではネット犯罪の危険性が認められましたが、二審の名古屋高裁では“過度に強調して厳罰で臨むのは相当ではない”とされ、一審で死刑判決を下された犯人の一人、堀慶末(よしとも)が無期懲役に減刑されたのです。ネット犯罪が増加している現状を考えると、二審のこの判断は見当違いだと分かります」

 確かにSNSの利便性に慣れれば、容易には手放し難くなる。が、なければないで生活に困るものではあるまい。しかも使い方次第では命の危険と隣り合わせと言えよう。

 養老孟司氏は『遺言。』(新潮新書)の中で、

〈デジタルとは、2進法、ゼロと1とで、すべてが記述されることである〉

〈芸術はゼロと1との間に存在している〉

 と、指摘している。

 人間も本来、ゼロと1との間に存在しているはずで、人の世は諸行無常、移ろいゆくものである。果たしてSNSでの人間関係は、諸行無常と言えるだろうか。

「週刊新潮」2019年10月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)