東京五輪マラソン、札幌移転ならメダル遠のく? 怒りの小池都知事に勝算は

東京五輪マラソン、札幌移転ならメダル遠のく? 怒りの小池都知事に勝算は

怒りの小池都知事に勝算は

 オリンピックの華、マラソンの語源はギリシャの故事に由来する、とされている。紀元前490年、マラトンの戦場でペルシャ軍を返り討ちにしたギリシャ軍。勝利を報告するためにマラトンを発った兵士はアテネまでの約40キロを走り、任務を終えた後に息絶えた……。このエピソードに象徴される通り、マラソンとはそもそも過酷な競技である。8月の炎暑の東京と、比較的涼しい北海道の札幌。どちらが競技にふさわしい環境かは明白だが、それにしても、開幕まで10カ月を切ったこのタイミングでマラソンの開催地変更が取り沙汰されるとは、誰一人想像できなかったに違いない。

 暑さ対策として、男女マラソンと競歩の会場を東京から札幌に移す計画がある――。国際オリンピック委員会(IOC)がそう発表したのは今月16日。これを受け、マラソン、競歩の代表に内定している選手たちが次々と驚きのコメントを出したのは無理もなかった。

「東京の舞台を目指してマラソンを始めてここまでやってきたので東京で開催して欲しい」(男子マラソンの服部勇馬選手)

「先月MGCで本番のコースを走りましたし、それをイメージして練習してきたので戸惑っているというのが今は大きい」(女子マラソンの鈴木亜由子選手)

「これまで『日陰のあるコースに』と要望してきましたが、東京からの移転までは想定しておらず、正直、驚いています」(男子50キロ競歩の鈴木雄介選手)

 バルセロナ五輪の男子50キロ競歩に日本代表として出場した園原健弘氏も、

「がっかりしてしまった選手の気持ちはよく分かります。私個人としては東京のど真ん中を歩いて金メダルを取る選手の姿が見たかったなという思いが多少ありますね」

 スポーツライターの酒井政人氏はこう言う。

「男子の競歩はメダルが有望視されていましたが、札幌に決まった場合、暑さ対策のアドバンテージがなくなり、メダルの可能性は低くなってしまいます」


■300億円が無駄に


 驚いたのは選手たちだけではなかった。

「東京は一番最後に知らされたんじゃないか。まさに青天の霹靂だ」

 IOCの発表の翌日に、都内での連合東京定期大会でそう語ったのは東京都の小池百合子知事。

「涼しいところでというのなら、『北方領土でやったらどうか』くらいなことを連合から声を上げていただいたらと思う」

 都政担当記者によると、

「小池知事は失言の少ないほうなので、北方領土発言については驚きました。それだけ衝撃が大きかったということでしょう。東京都が約300億円もかけた道路の熱反射を抑える舗装工事も無駄になってしまう。知事としては強い怒りを表明するほかなかったと思われます」

 ここで一点、注意が必要なのは、「札幌開催」はまだ「正式決定」ではない、ということ。新聞各紙を眺めているともう決まったような書きっぷりだが、実際には、今月30日から11月1日まで東京で行われるIOC調整委員会で、IOCが大会組織委員会や東京都などと議論した上で「正式決定」となる。つまり、外堀は埋められたものの小池知事にはまだ“戦う”余地が残されているわけで、実際、18日の定例会見ではこう述べている。

「東京で(開催したい)という気持ちは変わらない」

 とはいえ、それが小池知事にとって極めて分の悪い“戦い”になることは間違いない。

「週刊新潮」2019年10月31日号 掲載

関連記事(外部サイト)