ネットの影響で芸術作品のパクリ問題が深刻化、大学などが取り組む不正防止策は?

ネットの影響で芸術作品のパクリ問題が深刻化、大学などが取り組む不正防止策は?

2019年8月、京都造形芸術大学が「京都芸術大学」に改称すると発表(京都造形芸術大学の公式webサイトより)

 2019年8月、京都造形芸術大学が「京都芸術大学」に改称すると発表した。すると翌月、「京都市立芸術大学」が同大に対し、新名称を使わないようにと大阪地裁に提訴した。京都芸術大学と京都市立芸術大学、誰がどう聞いても確かに紛らわしい名前で、訴えた理由も分からなくはない。学生に教える学校でこうなのだから、アーティストの間で“パクリ”が横行するのはあたりまえ……なんて声も。近年、芸術界では“パクリ”が多数発覚しているという。『パクリの技法』(オーム社)などの著作があるメディア学者で、東洋大学教授の藤本貴之氏に、その理由について聞いた。

 ***

 芸術作品のパクリ疑惑といえば、15年に発覚した、多摩美術大学教授の佐野研二郎氏による「2020年夏季オリンピック東京大会・パラリンピック東京大会」の公式エンブレムの騒動が思い起こされる。

 また今年3月には、商品PRイベントのライブペインティングで、美人銭湯絵師の勝海麻衣氏が描いた虎の絵が、他のイラストレーターの作品と酷似していたことが発覚。所属事務所の社長と勝海氏は謝罪文を発表し、「著作権等の理解が足らず、悪意なく制作に至ってしまった」などと弁明した。

 こうした近年のパクリ問題は、学校現場でも散見されるようになり、大学が不正対策を講じるようにもなっている(後述)。その理由について、藤本氏はこう説明する。

「パクると言えば簡単に聞こえますが、これまではそれなりの努力が必要でした。市販の本からパクるとすぐにバレてしまうので、うかつにはできません。そこで、一般の人が手に取らないようなマニアックな本から引っ張ってきていたわけです。しかし、ネット時代になって状況が一変。なかなか普通の人がアクセスしないような情報を見つけると、制作者は自分だけが宝の山を発見したような錯覚に陥ってしまうようです。本来、ネットの世界では、自分がその情報に到達できたということは、理論的には世界中誰もが到達できるということでもあるわけですけどね」

 本や雑誌からではなく、ネットからはどんどんパクるというケースはたびたび見られる。Wikipediaをコピペしたような“記事”を、あなたも目にしたことがあるはずだ。


■芸大もパクリには敏感


 最近は、画像でパクリが発覚する事例も増えているという。

「文章と比べると画像の検索は難しいのですが、検索方法の多様化も進んでおり、バレるケースが増えています。もともと大学は、学問の自由の名のもとに自分たちの領域さえ守れればいいという風潮があったため、研究不正などがあったとしてもそこまで大事には考えていなかったようです。しかし、近年はネットの時代になってきてそうも言っていられなくなり、第三者から見てパクリを否定できるような、ある程度の客観性が求められるようになってきたのだと思います」

 たとえば、ネット上のマイナーなサイトで偶然見つけたイラストを、少しデフォルメして自分の作品として世に出したとする(先述した銭湯絵師のケースもこれに近い)。しかし、そういった作品の中には、Google画像検索をちょっとしただけで簡単にネタ元がバレてしまうケースも少なくない。

 こうした時代の中、教育・研究の現場は、研究不正対策に取り組んでいる。まずは学問の世界だ。藤本氏によれば、平成20年代から、ネット情報からのコピペ論文などの研究不正が発覚し、博士号が取り消される不祥事が相次いだという。

「文科省は14年、『研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン』を発表。ここで言う不正というのは、文科省の定義では『捏造』『改ざん』『盗用』の3つです。これを機に、各大学は研究者倫理ガイドラインを作り、今では研究不正をすると最悪解雇されます。学生の研究不正は教員の責任と見なされるようになってきており、大学院の修士論文だと剽窃チェックツールが使われています」

 文科省の決定を受け、芸大でも研究不正の対策が講じられるようになった。

「美大の研究不正は、作品の制作に対する不正行為となります。たとえば、東京藝術大学には『東京藝術大学における研究活動の不正行為等に関する取扱規則』と『東京藝術大学研究者倫理に関するガイドライン』があります。成果発表に際しては捏造・改ざん・盗用を行ってはならないとか、先行事例を精査して研究に寄与した先行研究は適切に引用するということが書かれており、学生も対象となります」

 つまり、学問や芸術の教育・研究現場では、形式上はすでに著作権などの対策がなされているのだ。


■元ネタへのリスペクトが大切


 パクリ問題はネットの普及により、以前よりもより露見しやすくなってきている。また芸術家は一度「不道徳な人」としてレッテルを貼られると、不特定多数による凄まじいアラ探しの対象となってしまう。

「これは私の憶測ですが、たとえば美人銭湯絵師の勝海さんの場合は“ナメていた”。つまり、パクリ元のイラストレーターさんよりも、自分の方が格上だと思っていたのではないかと思います。二次利用の申請を出しておけば問題にはならなかったでしょうが、それをしなかったことは“ずさん”という他ありません。それを指摘されると黙殺し、さらに批判されることになりました」

 とはいえ、芸術及び創作の世界で“パクリ”が必ずしも批判の対象になるということではないらしい。

「漫画やアニメに詳しい人であれば、宮崎駿さんの作品には元ネタがたくさんあることを知っていると思います。例えば、『天空の城ラピュタ』では『バルス!』という呪文が使われますが、これは漫画家の諸星大二郎の『マッドメン』で使われた言葉です。しかし、だからといって宮崎駿が批判されることはほとんどありません。なぜかというと、宮崎駿はパクリを隠しておらず、先行作品をリスペクトしていると公言しているからです。パクリが問題になる人の場合、先行作品に対するリスペクトが欠けているケースが多いと思います」

 ツイッターなどのSNSを誰でも使うような今、万人がコンテンツホルダーの立場になっている。情報発信をするという意味では、有名人も一般人も関係なく、ものづくりをする上では先行作品に対するリスペクトが必要となってくるのだ。

取材・文/星野陽平

2019年10月31日 掲載

関連記事(外部サイト)