台風19号「風評」でキャンセル続出…今こそあえての「被災地観光」のすすめ

【台風19号】直接のダメージを免れた観光地でも、ホテルや旅館でキャンセル客が続出

記事まとめ

  • 台風19号の被災地で、直接のダメージを免れた観光地でも“風評”に苦しんでいるという
  • 被災地というだけで“自粛”され、ホテルや旅館ではキャンセル客が続出しているよう
  • 千曲川が氾濫した長野の旅館では、特別に松茸ご飯を出すなど「おもてなし」している

台風19号「風評」でキャンセル続出…今こそあえての「被災地観光」のすすめ

台風19号「風評」でキャンセル続出…今こそあえての「被災地観光」のすすめ

今こそあえての「被災地観光」のすすめ(別所温泉 観音様となりの宿 かしわや本店HPより)

 台風19号が過ぎ去ってもなお被災地を襲うのは自粛の嵐だ。直接のダメージを免れた観光地でも、ホテルや旅館ではキャンセル客が続出。絶賛営業中なのに、あらぬ“風評”に苦しんでいるという。だからこそ声を大にして言いたい。今こそ「被災地観光」のススメ!

 紅葉前線は北海道から南下を続け、まもなく被災した各県へと到達する。錦に染まった山々を眺めながら湯に浸かるのは秋ならではの旅の醍醐味だ。

 迎える宿も書き入れ時なのに、被災地というだけで“自粛”される「二次被害」に悩まされている。

「すでに月末まで200組、500人以上のキャンセルが入っております」

 と嘆くのは、長野県上田市の別所温泉 観音様となりの宿 かしわや本店の山内寿男社長である。

「この時期は、お一人あたり2万7千円ほど頂いていますので、この規模のキャンセルですから単純計算で約1400万円もの損害でございます。繁忙期に重なったこともあって損害額が大きくなっております」

 台風では、北陸新幹線の上田駅と別所温泉駅を結ぶ上田電鉄別所線が被災した。千曲川に架かる赤い鉄橋が増水で一部崩落し、その光景は新聞・テレビで盛んに取り上げられた。けれど、実際は新幹線も10月25日には全線復旧した。

 山内社長はこうも言う。

「旅館自体、大きな被害は出ておらず通常営業を続けていますが、用意していた旬の松茸の中でも、特に高級なものを使った焼き松茸を振る舞えなくなったのが痛手です。そこで、本来は松茸尽くしのコースでお出ししているものを、通常プランのお客様のご飯に混ぜ込んだり、土瓶蒸しに入れてご提供しております」


■「安いプラン」


 同じ長野には、千曲川が氾濫して、望まぬ形でその名を広く知られてしまった千曲市内に戸倉上山田温泉がある。幸い温泉街の浸水は最小限で、約30軒ある旅館は普段と変わらず暖簾を掲げるものの、客足は鈍い。

 旅館「亀清」の主人で、妻の実家に婿入りしたという米国人のタイラー・リンチ氏は、

「半分以上キャンセルが出ましたが、わざわざお越し頂いたお客さんに感謝の気持ちを伝えようと、特別に松茸ご飯を出したり、ハロウィンの装飾を用意しました。普段より数千円安いプランも提供しています」

 こんな時だからこその「おもてなし」を受けることができるというわけだ。

「災害が起きた後に来てくれるお客さんは、宿にとって特別な存在なんです」

 そう話すのは、世界32カ国千カ所もの湯に浸かってきた、温泉エッセイストの山崎まゆみ氏だ。

「私も東日本大震災や熊本地震の直後に被災地の温泉を訪ねましたが、苦しんでいる宿の方は“あの時のお客様”といつまでも憶えていてくれ、再訪すれば心の交流が一層深まります。被災地への観光はそういった触れあいを味わえる上、経済的にも応援できるのでお勧めしたいですね。実際、スマトラ沖地震の後、復興半ばのプーケット島に行ったら欧州からの観光客がたくさんいて驚いたことがあります。彼らは口々に“大変な時こそ応援しなきゃ”と言っており、日本と比べ余暇に対する考え方がこうも違うのかと思いました」

 紅葉狩りや年末年始の旅行を検討中ならば、あえての「被災地観光」に出かけてみては如何だろうか。

「週刊新潮」2019年10月31日号 掲載

関連記事(外部サイト)