女性ヘルパーに睡眠薬でわいせつ行為…事故で「寝たきり障害者」になった犯人のやるせない事情

女性ヘルパーに睡眠薬でわいせつ行為…事故で「寝たきり障害者」になった犯人のやるせない事情

「事故」と「事件」で何もかも失った(本人のFacebookより)

 ほら、健康ドリンクだよ。そう告げられた女性たちは、疑いもせず目の前の液体を飲み干したという。直後に襲ってきたのは激しい睡魔。その果てに起きたこととは……。飲み物を準備した人物は、かつて仕事中に負傷して体の自由が利かない、不幸な身の上の男だった。

 彼女は睡眠薬を盛られたんじゃないか――。大阪府警の捜査員が疑念を持ったのは、今年7月に起きた交通事故に関してだった。

 府警担当記者の話。

「貝塚市内の団地に暮らす木原洋一(33)=仮名=宅を訪れた20代の女性が、帰宅しようと車を運転中に眠気に襲われ、民家の外壁に激突したのです。急に眠たくなったことを不審に思った女性の申告で府警が尿検査したところ、睡眠導入剤が検出されていました」

 木原は後述するように身体に障害を負っており、女性は介護ヘルパーとして家を訪れていたのだった。

「府警が内偵を始めようとしていた矢先の8月、次なる事件が起きました。木原宅を訪ねた28歳の知人女性が酒を飲んだ後、昏睡状態に陥ったのです。出入りしていた別のヘルパーが女性を発見し、勤務先の会社を通じて警察に通報。駆けつけた捜査員に、木原は“犯行”を認めました」(同)

 木原はもともと鳶(とび)職だった。ところが今から5年前、仕事中に転落事故に遭って頚椎を損傷、体の首から下が自由にならない障害を負う。食事も排泄も一人ではできず、24時間ヘルパーに頼る生活を送りながら犯行に及んでいたのである。

 その手口は“特製の健康ドリンク”を使ったもので、

「何らかの手段を使ってネットで健康ドリンクを取り寄せ、一方で睡眠導入剤の処方も受ける。その二つを用意したうえで、好みの女性ヘルパーが来訪した際、“これはセット。混ぜて飲んでみて”と勧めるのです。相手は20代の美人ばかり。何人もが件(くだん)のドリンクを飲まされて4名が昏睡。8月の事件では知人女性に特製カクテルと偽って“グレープフルーツ味だからちょっと苦いよ”などと安心させて飲ませていた。彼女は病院で2日間も昏睡状態が続き、いまも通院生活を強いられています」(同)


■妻も仲間も失って


 府警の事情聴取に木原は、

「“触りたかったから”と供述しています。ただし彼の障害の度合いも考慮すると、実際に触ったかどうかは不明です」(同)

 事故で体の自由が利かなくなったとは多分に気の毒な事情ではある。とはいえ、それと犯罪とは別の話。

 とまれ、かつての木原は妻も子もいる仕事熱心なイクメンだったという。

 近隣住民によれば、

「人の2倍も3倍も働くええ職人やったよ。3人の子供をいたく可愛がってな。地元のだんじり祭りでは山車の上に乗る花形。でも事故で人が変わってしもたんや。8千万円の保険金が下りたまではよかったのかもしれへんけど」

 入院中に妻とは別居。

「木原が兄のように慕っていた鳶の親方は、木原の妻子を食事に連れていくなど、面倒を一生懸命見てはったんやけど、木原は2人の仲を疑い出してな。最後は探偵まで雇って、親方相手に裁判も起こしよった」

 ついには見舞いに訪れる人もいなくなったそうだ。

「自分の両親も幼い頃に離婚しとって、母親は一回も見舞いに来んかった。木原はベッドの上で妻子と一緒に収まった家族写真を、ただ寂しそうに見つめてましたわ」(木原の知人)

 それでも2年半の入院とリハビリを経て、介助つきとはいえ車椅子で外出できるまでに回復した木原。最近は地域の自立支援センターで同じ障害を持つ人と知り合い、活力も得たが、今回、その仲間をも失った。

 府警は木原が勾留に耐えられないと判断し、準強制わいせつ致傷容疑で書類送検。今後、罪名を傷害罪に切り替えて起訴する方針だ。

 障害者の性の問題に詳しいノンフィクション・ライターの河合香織氏は語る。

「障害者も健常者と同様に性的欲求はある。しかし、その解消方法が限定されているため苦しんでいる人は少なくありません。こうした被害を防ぐには、同性による介護を進めるなどの対策も必要だと思います」

 やるせない事件であった。

「週刊新潮」2019年10月31日号 掲載

関連記事(外部サイト)