雅子皇后、即位の礼は20年前の苦難を乗り越えた“復活”の儀式

雅子皇后、即位の礼は20年前の苦難を乗り越えた“復活”の儀式

雅子皇后

 即位の礼の中心儀式である「即位礼正殿の儀」が、世界中から賓客を迎えて10月22日に皇居で行われた。5月1日に「剣璽等承継の儀」という即位儀式で、皇位の印である「三種の神器」を継承した天皇陛下が、内外に即位を「宣明」された。この日は、皇后の雅子さまにとっては、厳粛な“復活”の儀式でもあったようだ。


■皇后雅子さまの凛とした姿はどこから来たのか


「即位の礼正殿の儀」が行われた10月22日、筆者は昼すぎから皇居にほど近い有楽町のラジオ局にいた。特番のゲスト出演のためスタジオで待機しつつ、皇室担当記者として取材していた30年前の「即位の礼」を思い出していた。あの頃は、「天皇制打倒」を叫ぶ左翼過激派による爆弾テロが、全国で相次いだ。東京では、原宿の東郷神社で本殿の扉が吹き飛び、新宿にある警視庁の独身寮では警官一人が亡くなった。赤軍派による不審な動きもあった。社会全体にピリピリした雰囲気が漂っていた。

 正殿の儀は午後1時から始まったが、あれだけ強く降っていた雨が直前に止み、曇天から薄日も差した。スタジオでは「虹が出てるらしいよ」という番組スタッフの驚く声が響いた。高御座に立つ天皇陛下の「おことば」に続いて安倍晋三首相の「祝詞」があり、万歳三唱に合わせて北の丸公園から陸上自衛隊の礼砲が撃たれた。その音がスタジオでも生で聞こえた。

 しばらくして儀式に参列した知人から届いたメールに、こんな表現があった。「天皇皇后両陛下のお覚悟が感じられる式典でした」。宮殿の「松の間」の近くで式典を見守った方の印象だから実感がこもっていた。なるほど、スタジオに設置されたテレビ画面でも、それが感じられた。天皇陛下の穏やかで雄々しい表情が印象的だったが、皇后雅子さまのお顔にも厳かで凛としたものを感じた。天皇をお支えし共に歩もうとの決意から来るのだろうか。多くの国民が、これからの天皇陛下と皇后さまに、期待と安堵の気持ちを抱いたに違いない。

 この日、「饗宴の儀」を含め皇后さまに注目していたという、上皇上皇后両陛下にお仕えした侍従が語った。「陛下をお助けしていこうという控えめで自然なお振る舞いが良かった。少し安心した」。これまで、上皇后さまとの比較もあってか、皇后さまにやや厳しい見方をしていたイメージがあったが、この日は違っていた。


■人々が忘れた20年前の懐妊“スクープ”と流産


 平成の初期、筆者は同僚ととともに、当時の皇太子殿下のいわゆるお妃選びを取材した。他社に抜かれる不安がいつも頭から離れなかった。外務省から派遣されて留学していた雅子さんがいる英国のオックスフォード大学に潜入も試みた。ご成婚の記者会見では、緊張した表情を見逃すまいと、ずっとお顔を見ていた。雅子さまはその後、うつの症状で苦しみ、適応障害と診断された。原因は、お世継ぎの男子を産むことへの周囲からのプレッシャーによるものだと言う人が多かった。

 そのことを否定するつもりはないが、筆者の考えは少し違う。雅子さまが1999(平成11)年12月30日、稽留流産の手術をされたのをご存じだろうか。わずか妊娠7週目だった。当時、皇太子ご夫妻は12月3日から王国であるベルギーを訪問し、7日に帰国された。訪問中に妊娠の兆候があったため、帰国直後に極秘で診察を受けられた。まだごく妊娠初期で、極めて不安定な時期だった。しかし、それからわずか3日後の12月10日、ある全国紙が「懐妊の兆候」と報じた。他の新聞やNHKなども、ためらわず後追いした。宮内庁当局の心配をよそに、世は早くも祝賀ムードに包まれた。しかし、そうはならなかった。当時、テレビ局にマイクを向けられた母親の小和田優美子さんは丁寧に答えていたが、表情は暗かった。「わたくしは何も聞いておりません。もし、そう(ご懐妊)でなかったら妃殿下がお可哀想……」。母親の目にはうっすらと涙が滲んでいた。良い状態でないことをご存じだったのかもしれない。

“スクープ”の経緯は知る由もないが、帰国直後の診察からわずか3日後に、しかも実際は妊娠初期の危険な状態にもかかわらず、報道されてしまった。そのことに雅子さまが受けられたショックは想像するに余りある。誰が考えても、情報源は医療スタッフを含む宮内庁関係者だったのだろう。おそらく宮内庁幹部は、紙面掲載を思いとどまらせようとしたに違いない。しかし結論から言えば、宮内庁は雅子妃を守れなかったのだ。今ではほとんどの国民が、この事実を忘れてしまったかのようだ。しかし筆者は、この時の雅子妃の精神的苦痛が、後々まで尾を引いてしまったのではないかと今でも思っている。

 流産がどれほど女性にとって辛いことであるか。ましてや、日本中がお世継ぎを期待する中での出来事である。そういう意味では上皇后さまも同じ悲しみを経験されている。皇太子妃時代の1963(昭和38)年3月、宮内庁は徳仁親王に次ぐ第二子のご懐妊を発表したものの思わしくなく、わずか半月後に人口流産の処置がなされた。この時、巷ではまるで期待を裏切られたような声があったという。


■宮中祭祀でも役割を果たそうという意思を示され


 即位の礼の当日に話を戻そう。この日、宮中三殿では「正殿の儀」に先立ち午前9時から「即位礼当日賢所大前の儀」と「即位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀」が執り行われた。天皇も皇后も祭服は純白だ。「純白」は心身に穢(けが)れがまったくない状態で神々にお仕えするということをシンボリックに表している。賢所ではまず、天皇陛下が天照大神に対して、この日を迎えたことを感謝申し上げ、そのお加護をいただいて正殿の儀に臨む旨を奉告された。陛下が「お告げ文」を奏(そう)されると、天照大神が鎮座されているという「内々陣」から「シャン、シャン、シャン」というお鈴の音が響く。10分間も続く。これは当然ながらマスコミに公開された映像にはない。女性の内掌典が鳴らしているのだが、天照大神が陛下にお応えになっていることを意味していると言われる。位置づけは「私的行為」とされているが、午後からの正殿の儀と一体となった厳かで重要な祭祀なのだ。皇后さまも天皇陛下に続いて、異なる所作で拝礼された。

 その皇后さまはこの日、午前7時頃、天皇陛下よりも一足先に宮中三殿に入られた。潔斎を済まし、おすべらかしに髪を結い、時間をかけて純白の十二単に似た祭服をまとわれた。着替えに時間がかかることもあり、お帰りも天皇陛下より後だった。ご病気だった皇后の雅子さまにとって、宮中祭祀の負担は軽くはない。女性である皇后やこれを補助する女官は「月のもの」があれば宮中三殿には入れない。過去にはこうした事情で拝礼されないこともあった。平成の途中まで祭祀を担当した元掌典職の幹部が言う。「宮中祭祀は基本的には天皇がなさるものです。だから宮中祭祀のすべてに皇后さまが臨まれる必要はありません。しかし、この日の祭祀は皇后さまにとっても、一度だけの特別なものでした。お疲れだったとは思うが、役割をしっかり果たそうとのご意思を感じました」。

椎谷哲夫(しいたに・てつお)
元宮内庁担当記者。1955年、宮崎県都城市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。新聞社で警視庁、宮内庁、警察庁、旧運輸省などを担当。米国コロラド州の地方紙で研修後、警視庁キャップ、社会部デスク、警察庁を担当。40代で早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程修了。著書に『皇室入門』(幻冬舎新書)など。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年11月5日 掲載

関連記事(外部サイト)