元彼が“私と結婚しなかった理由”からわかった「選ばれる女」「選ばれない女」の決定的違い

元彼が“私と結婚しなかった理由”からわかった「選ばれる女」「選ばれない女」の決定的違い

結婚したい女性諸君! 元彼に聞いていいのは「復縁の可能性」じゃなく「どこがいけなかった」だ!(写真はイメージです)

 私は30歳までに結婚ができなかった。

「行き遅れたね」とも「30歳まで、なんてそんな時代じゃない」とも言われた。

 私の中にも「結婚してまともな人だと思われたい」気持ちと「自分を変えてまで結婚してたまるか」の気持ちがお互いを刺激し合わないように同居している。

 なぜ結婚するのか、について深く考察している人や書籍はたくさんある。なぜ結婚しないのか、堂々と信念を持っている人も増えてきた。

 でも私はそのどちらの立ち位置でもない。自分にとって「結婚」が本当はどういうものか、よくわかっていないからだ。

 その理由はおそらく、真剣に結婚について考えてこなかったからだと思う。
 
 ***


■「モトカレマニア」とはおさらばだ!


「いつか自然に結婚したいと思える人が登場して、いつか自然にあっちにもそう思われて、いつか自然に結婚というのはできるのだ」と思っていた。

 友人たちにいくら「結婚は外堀から埋めなきゃ!」とか「既成事実を」とか言われても、「いやいや、そんなんで結婚してもホンモノじゃないし、ていうかそこまでするほどは結婚したくないし」と取り合わなかった。

 その結果がこれだ。結局私は「本当に結婚がしたいのか、したくないのか」もよくわからないまま、ただ「結婚できなかった」という事実だけを背負って30代に突入した。

 今一度、結婚と真剣に向き合いたい。

 私はなぜ結婚したいのか。親のため? 世間体? 実は白馬の王子様をまだ信じてる?

 私はなぜ結婚したくないのか。自由? キャリア? そもそも性格の問題?

 女性と結婚。この、いつの時代にも付きまとうテーマについて

「私、結婚についてはこう考えています!」

 そう自信を持って言えるようになるべく、様々な角度から見つめ直していきたい。

 今回は、「私の何がいけなかったのか」を検証すべく、20代の頃に付き合っていた元彼に「なぜ私と結婚しなかったのか」インタビューした。交際時には知ることのなかった衝撃の本音も飛び出しつつ、予想外に学び多き展開になった。

 人気漫画『モトカレマニア』がドラマ化され人気を博している真っ只中ではあるが、結婚したい女性諸君! 元彼に聞いていいのは「復縁の可能性」じゃなく「どこがいけなかった」だ! これ、めちゃくちゃ勉強になったよ〜。


■はなから遊び、結婚する気なんて入り口から「ナシ」


 今回登場してくれた元彼は私が22歳、大学卒業直前〜社会人1年目の時に交際していた男性Aさんだ。Aさんは当時27歳。広告代理店勤務のサブカル男子。フェス通いが趣味で何かとモテた人だった。そんな彼がなぜ女子大生の自分と交際したのか。当時はよく考えていなかったが……。

(以下、「」内Aさんコメント)「えっと……正直あの頃は何も考えてなかった。ガールフレンドを選ぶ基準も『なんとなく話が合えば』『テンポや波長が近いな』、それぐらいのことでよかったし、まともな会話ができれば誰でもよかったんだよね(笑)」

 いきなしのカウンターパンチ。顔でもなく性格でさえなく「なんとなく」だった。思いの外、傷つくぞ。

「いや、でも大前提としてそういう子ってなかなかいないんだよ。一歩踏み込んで価値観を共有できる人はなかなかいないと思ってたので、自分なりにはそういう基準で選んではいたつもりです」

 交際当時「若さ」だけで選んでもらって付き合った、という感覚はたしかになかった。でも、もうちょっと何か、人柄とか内面に惹かれてくれているのではという期待もあったが、全くそんなことはなかった。

 さて、本題に。当時、私と結婚する気はあったのかを聞いてみた。

「それはもう全くない(笑)。そもそも仕事が忙しくて楽しかったから結婚願望自体なかったし。正直ごめん、君以外にも遊んだりするガールフレンドがいたけど、誰とも結婚を考えては付き合ってなかった」

 待て待て待て! さらりと複数交際告白してるし! そして美しいまでに潔い「結婚願望ナシ」発言。過去のあやまちのことは一旦置いておいて、それは私が大学を出たばかりで若かったから?

「いや、年齢は関係ない。もし君が今の31歳の年齢で当時現れたとしても、付き合ったかもしれないけど自分から結婚を切り出すことはなかったと思う」

 ここまで一貫しているならなんだか諦めもつくものだ。そもそも23歳の頃の私自身も、Aさんと結婚する未来は想像できておらず、ただただ毎日新しいことを教えられたりおもしろい場所に連れて行ってくれることに舞い上がっていただけの、おもちゃのような交際だったようにも振り返る。そういえば36歳になったAさんの現在は?

「実は一昨年結婚して、子どももいます」

 おぉー! それはおめでとうございます!

「相手がバツイチ子持ちで、付き合って1年もしないで入籍しました」

 へぇ〜なかなかレアなケース。でも、幸せそうな顔はこちらもなんだか嬉しい。


■戦略的な恋愛、下手すぎ


 その方と私との違いを聞き、「私が結婚できない理由」のヒントを紐解いていこうと思う。

「二股していた身で言うのもなんだけど、若干の“都合のいい女”感があるのは否めなかった。けど、それよりも『結婚に向けての戦略的な恋愛』ができなさそうという片鱗は当時から感じてたよ。“机にさりげなく『ゼクシィ』を置く”みたいなあざといことはしないでいてくれるくせに、ある日突然『私のことどう思ってんのよ!!!』って爆発しそうなタイプ(笑)」

 ……これ。ず、図星です。過去に付き合った男性に対してことごとく「外堀を埋める」ができず、物分かりのいい女ぶった挙句突然ブチ切れて会話にもならないくらいの大げんか。適当に付き合ったわりによく見てくれてる! あなどれない!

 でもさでもさ、「戦略的な女」って、一緒にいて疲れない? 今の奥さんはそのあたりどうだったの?

「戦略的すぎるわけではないけど、段階を示すのが上手な人ではあったよ。相手に子どもがいるという特殊な状況ではあったので、生活におけるわかりやすい課題があったのも、良い方に作用してはいると思うんだけど。『結婚のこと、子どものこと、ちゃんと考えなきゃ交際には進めない』と、入り口でちゃんと明言していて、僕もそれを乗り越えてもいいと思えるぐらい彼女に魅力を感じられたので踏み切りました」

 わーなんだか良い話! たしかにこの「入り口問題」って、結婚したくてもできない女性のウィークポイントとしてあるあるなんだよなぁ。

「圧をかけるのが上手な人ってやっぱりいると思う。そして愚かなことに、男性ってそれぐらいしてくれないとわからないんだよね。こちらに“圧”という形だとしても、アプローチしてくるということは、それだけ真剣に悩んで将来のために動いたんだって伝わるから。こっちも彼女との未来を真剣に考えなきゃって心が動くんじゃないかな」

 プレッシャー=将来を真剣に考えている、と男性は捉える……! これは全ッ然自分の中にない発想だった。

「そういえば、付き合った人たちの両親に会ったりする機会ってあった? カジュアルに相手の両親と顔を合わせたりしておくのも交際において大事だと思う」

 実は私……“他人に紹介されない女”なんです。

「それはわかる(笑)。個性が強いから紹介する友達を選ぶんだよね。俺は好きだけど、この友達にはどうかな?みたいな。でもまぁそれは問題ではなくて、なぜ相手の両親に会ったほうがいいかというと、親って、息子のガールフレンドのことを認識すると、親側からもガンガンプレッシャーをかけてくるんだよね。彼女の年齢を聞かれたり、『あの子とはどうなったの? ちゃんと考えてるの?』って。これが結構効く。彼女といない時間にも彼女のことを真面目に考えるきかっけになったりするんだよ」

 私自身が、親や友達に恋人を紹介するのが極端に恥ずかしくて(女の顔をしている姿を他人に見られたくないから)2人の中で完結している恋愛が圧倒的に多かった。でも、たしかに彼の人間関係の中に自分を刷り込ませることで、良くも悪くも自分の知らないところで彼の感情が動いていくことがあるというのは、学びです!

 さらに、Aさんに、どうだったら私と結婚していたのかを聞いてみた。

「正直そんなつもりで付き合ってないので、そもそも『入り口』からもうない(笑)。

 さっきも言ったような、溜めて溜めて急に爆発、みたいな性格は、よく話を聞くとちゃんと君なりに考えて起こした行動だと理解できたけど、結婚に向けての行動でした、と言われた男の子がどれだけ受け止めきれるかといったらわからない部分がある。

 そういう複雑な性格が改善されたら『結婚したい人』のフォルダに入ったかもしれない。けど一方で、友人としてはそれが君の魅力であり面白い部分だとは思っていたから、自分と長く付き合うために改善してくれ!みたいな押し付けはできなかったし、消さないでほしい個性ではあったんだよね」


■やっぱり男は教育すべし


(そんな風に思ってくれていたのか……とちょっと泣きそうになったのをこらえつつ)最後に、私が今後結婚できる可能性はあると思う? どんな人と付き合ったらうまくいくかご教示を!

「男の資質によるんじゃないでしょうか。良さでもあり悪さでもあるけど、どうしても考えすぎな性格ではあるのは自覚してるはず。これが単純に重たい恋愛をするメンヘラちゃん、とかならそういうのが好みの男もまた一定数いるとは思うんだけど、予測不能のアプローチで寂しさをアピールしてきたりするからなかなか相手は大変かもね。

 君が悩んで、サナギのように閉じ切って、殻を割って話してくるまでをちゃんと理解して待ってくれる人がいいんじゃないでしょうか。

 でもそんな人が今まで現れてないってことだよね(笑)。だとすると付き合った男を教育するしかないのでは?

 あとはちゃんと『私は悩みを消化するのに時間がかかる人間です』って自己開示すること! いち友人として、これからも応援しています」

 Aさんありがとうございました!

 ***

 破局から約8年。その後も数年に1度、共通の知人の結婚パーティなどで再会することはあったもののゆっくりと会話をすることのなかった元彼Aさん。時間が空いていたこともあり、こちらも必要以上に傷つくことなく当時感じていた思いを聞くことができました。

 ぐじゅぐじゅの傷状態の元彼の話はまだ聞けないかもしれないけど、きれいにかさぶたも剥がれたような存在の元彼から「あの時実はこう思ってたよ」のフィードバックをもらうことは、結婚を目指す女性にとって意外な形で背中を押してもらえるきっかけになるかもしれません。

 なぜあなたは「選ばれる女」にならなかったのか。「バチェラー」を観ても「テラハ(テラスハウス)」を観ても、多分答えは見つからない。あなたの中にある「答えの種」。今一度、掘り起こしてみてはいかがでしょうか。


■今日縮まった結婚との「キョリ」=3歩


1.「私はあなたとこんなふうに付き合いたい」と入り口で提示することが大事!

2.相手の家族や友人の「巻き込み交際」が、世に言う「外堀を埋める」ということらしい

3.メンドくさい人間なりに「私はメンドくさいです」と言い続けて相手を教育せよ

隅田川やすこ(すみだがわ・やすこ)
昭和最後生まれのOL、時にライター。トレンディドラマを見漁るのが好きです。
note:https://note.mu/ysk00000

2019年11月7日 掲載

関連記事(外部サイト)