即位のパレードで使われる8000万円「センチュリー」を羨望の眼差しで見る人々の正体

 11月10日(大安)に催される、祝賀御列の儀。天皇皇后両陛下が国民からの祝福を受けるパレードである。その場に駆けつける人々の中には、ご即位を祝いつつも、意外な物に目を向ける人も――。お二人がお乗りになるトヨタ「センチュリー」の特注オープンカーだ。

 ***

 センチュリーのオーナーズクラブ「鳳凰倶楽部」の川原弘幸代表が語る。

「残念ながら私は、仕事のためパレードには行けませんが、メンバーの中には、駆けつけるという人も多いですね。センチュリー・オープンは写真で見ましたけど、この目で見てみたいですからね」

 やはり、センチュリーのオープンは珍しいのだろうか。

「もちろんです。我々の鳳凰倶楽部にもオープンの所有者はさすがにおりませんし、オープンの所有者がいるという噂も聞きません」

 ちなみに鳳凰倶楽部とは、センチュリーだけに与えられた鳳凰のエンブレムに由来する。

「昔、中古のセンチュリーの屋根を、サンダー(金属の研磨などに使用される携帯式電動工具)で無理やり切り取った暴走族がいたと聞きますが……。屋根付きの車の屋根を外すと補強も必要になりますからね、お金も掛かるでしょう。今回のパレードで走るセンチュリーは、21年ぶりにモデルチェンジした3代目の特注タイプです。3代目はまだ台数が少ないので、滅多に見る機会がありません。それをオープンにした、世界で1台の特装車です。ちなみに平成の祝賀御列に使用されたオープンカーは、英国製ロールス・ロイス・コーニッシュVでした」

 90年11月12日に行われた平成のパレードでは、それまでの馬車ではなく、史上初めて自動車が使用された。そのため、前年におよそ4000万円で購入されたのがオープンタイプのロールス・ロイスだった。この車輌、次の晴れ舞台は、93年6月9日に行われた、当時の皇太子殿下と雅子様とのご成婚パレードだった。以来、公に使用されることのないまま、2007年に廃車となっている。

 ちなみにセンチュリーの新車価格は1996万2963円(税込)、今回の御料車は総額8000万円をかけた改造車だ。

「報道によれば、車輌を決定するにあたり、トヨタや日産、ホンダ、ベント、ロールスなどにも打診したということですが、国産車でいくとなったら、選択肢はセンチュリー以外になかったでしょうね。先代のロールスには幌がありましたが、今回のセンチュリーには幌がないようです。両陛下のお姿を沿道から見やすいように、後部座席を4センチ高め、背もたれの角度も変えたのだと言いますからね。幌をつけたら、お姿が見えなくなってしまうかもしれませんね。雨天時の使用は想定していないのでしょう。ですから今回のセンチュリーも、走る姿を目にする機会は、なかなか巡ってこないかもしれません。だからこそ見たいですねえ。ちょっと心配なのは、新型センチュリーは、5・0リッターV型8気筒エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドということ。当然、大型のバッテリーが組み合わされているわけですが、走らせないとバッテリーがダメになっちゃうんじゃないかと……。まあ、そのへんは、トヨタがしっかり管理するのでしょうけど」

 鳳凰倶楽部のメンバーの中には、対面が待ちきれず、タミヤのミニカーをオープンに改造したツワモノもいるとか。

「パレードの後に、東京と京都の迎賓館で展示されるということなので、そちらは是非、行きたいと思っています。鳳凰倶楽部は、年末に忘年会もありますから、その時は、このオープンカーの話で盛り上がると思いますよ。果たして、本当にナンバーはロールスの時と同じ『皇10』なのか、とか……」

 鳳凰倶楽部では、毎月オフ会を開催している。デイリー新潮が昨年7月に取材したオフ会の模様を、抜粋して再録しよう。

■御料車センチュリーロイヤル


 初代センチュリーが発売された1967年は、グループ創設者の豊田佐吉(1867〜1930)の生誕1世紀であることから、センチュリーと名付けられたとされる。米国の高級車に普及していたATを取り入れ、デザインには伝統的な日本の美と重厚さを取り入れた。当時の佐藤栄作首相(1901〜1975)の公用車となり、以後、内閣総理大臣専用車となっている(現在はレクサスも併用)。

 2代目は日本の市販車として初(現在のところ最初で最後)のV型12気筒5リッターエンジンを導入。フェラーリやランボルギーニなどに使用される12気筒エンジンだが、センチュリーではあくまで静かで滑らかなエンジンを目指した。万が一、エンジントラブルが起こって片側6気筒が不動となっても、残りの6気筒だけで走ることができるという。このエンジンをもとにした「センチュリーロイヤル」が、御料車として宮内庁に納入されたのは2006年のこと。もちろん、一般発売はされない特別仕様車である。

 そして18年6月、3代目センチュリーが発売された。モデルチェンジは、先にも紹介した通り、何と21年ぶりのこと。なんとも息の長い自動車である。

 だが、身近にセンチュリーを運転している人はなかなかいない。いったいどのような乗り心地なのだろうか。

「購入するのは後部座席に座る人ですから、自ら運転する人は少ないでしょう」

 と、川原代表が語る。鳳凰倶楽部がオフ会を開催しているのは、首都圏のパーキングエリアだ。


■立体駐車場は無理


 夜9時、集まったセンチュリーは初代と2代目合わせて19台。漆黒のセンチュリーが多いが、シルバー、紺、真っ白(特注)もある。それぞれ、所定の位置に止めると、クルマを磨き出す……。

「今日はちょっと少ないかな……」

 しかし、センチュリーが20台近くも集まると、その一角は異様な迫力に満ち、他車は近寄ろうともしない。そんなセンチュリーの魅力とは。

「もともとデカいセダンが好きだったんですよ。クラウンやセドリックはみんな乗ってるけど、センチュリーは見ないからね。そして乗ったら、ハマった。独特のオーラというか、醸し出す匂いとでもいうか……。僕は初代から乗り始めて4台目だけど、初期は運転席が固定されてたりしますが、2代目後期は運転席も後ろに下げられる。V12エンジンはホントに静かで、エンジンかかってるのに気づかなくて、もう1回、セル回しちゃったなんて人もいる。今回、新車が出て旧車になったけど、長い間、現行車でしたから、古くならない。みんな『運転するクルマじゃない』と言うけれど、意外に小回りも利くし、くせになる乗り味。人の目も楽しめる」(川原代表)

 駐車していると、「どなたか、いらっしゃってるんですか?」とよく尋ねられるとか。VIPが来ていると勘違いされるというわけである。だが、その駐車が難しいとも言う。

「コインパーキングや立体駐車場は、長さ5メートルまでがほとんど。センチュリー(2代目)は5・2メートルあるから、頭1つ分はみ出ちゃう。傷つけられるのも嫌だしね。かと思えば、人が管理している駐車場だと“満車”とあるのに、なぜか誘導してもらえたりすることもあるんですよ」(同)


■役員よりいいクルマで来るな


 みなさん、中古車である。古い年式のモノでも基本的には丈夫だという。

「前の所有者は、財務省だったり、都庁、大会社のモノだったりしますよ。数年前には宮内庁の出物もありましたね。もちろんセンチュリーロイヤルは出ません。最近は個人情報とかで、前の所有者が分からなくなってしまいましたけどね。古くても、同じ年式のベンツよりも丈夫です。やっぱりメイド・イン・ジャパンの最高峰ですよ。でも、さすがにシリンダーヘッドからオイルがにじんだり、サスペンションがへたったりすることはあります。問題はそういうときで、ディーラーが引き取ってくれないんです。トヨタが威信をかけて手造りしたクルマでしょ、『うちでは預かれない。触ったことがないので責任取れない』と。だからこうしたオフ会で情報交換をするわけですよ。それと“反社”の人と勘違いされて、修理に身分証明が必要になることもありますね……今時、あの人たちだって、こんなクルマ乗らないと思うんですけど」(同)

 普段はどんな乗り方をするのだろうか。

「センチュリーでダイエーに買い物に行くという主婦もいますし、後部座席は妻専用という人もいる。オーナーは自営業だったり会社員だったりしますが、会社員の人は『ウチの役員よりもいいクルマで来るんじゃない!』と怒られることもあるそうです。もっとも燃費はリッター5キロ程度ですから、普段使いは軽トラという人もいます。センチュリーは磨き専用で、オフ会だけなんて人もいますね。また、覆面パトの同好会というのもあって、そこから『警備させてくれないか』という申し入れで車列を組んでコラボしたこともあります。我々をヘンタイって言いたいんでしょ? まあ、デカいコスプレですよね」(同)


■3代目の評価は?


 人それぞれ、クルマもそれぞれ、いろいろな楽しみ方があるものだ。ところで3代目センチュリーに興味はないのだろうか。

「それも人によりますね、V12でないと認めないという人もいれば、うらやましいと思う人も。試乗した人に聞くと、速いそうですよ、やっぱりハイブリッドは違うと。でもね、2000万円でしょ、買えませんよ。当分先ですね」(同)

 日本の最高級車センチュリー。やはり、今回のパレードにピッタリの車である。

 ***

 デイリー新潮(18年7月14日配信)の記事と、新たなインタビューを交えて再構成しています。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月10日 掲載

関連記事(外部サイト)