「愛子さまを天皇に」という無責任な“報道”を懸念される天皇陛下と雅子皇后

「愛子さまを天皇に」という無責任な“報道”を懸念される天皇陛下と雅子皇后

愛子さま

「大嘗祭」を最後に即位に関する一連の儀式が終わると、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」(典範特例法)の成立時に附帯決議された「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」についての、政府の本格的な検討が始まる。巷では今、「女性の天皇でもいいじゃないか」という感情論が横行し、「上皇さまが愛子さまを天皇にと望んでおられる」とのニセ情報さえ流れている。振り返れば過去には、上皇后美智子さまや皇后雅子さまへのバッシングもあったが、意図的に流された中傷も少なくなかった。こうした軽薄で無責任な“報道”を最も悲しんでいらっしゃるのは、皇統の重みを一身に背負いながら象徴天皇としての務めを始められた天皇陛下であり、陛下を支えるために努力されている皇后の雅子さまである。


■「女系天皇は知らない」が「女系天皇に賛成」と世論調査に答えるのはなぜ?


 マスコミ各社は「令和」になってから、現在の皇室典範では認められていない「女性天皇」あるいは「女系天皇」についての賛否を問う世論調査を頻繁に行っている。

 いずれも、7割から8割が「賛成」と答えているケースが多いのだが、驚いたのはNHKが10月21日に発表した調査である。女性天皇の子どもが皇位を継承する「女系天皇」の賛否を問うたところ71%が「賛成」した。ところが、その「女系天皇の意味を知っているかどうか」を尋ねたのに対し、「良く知っている」と「ある程度知っている」を合わせた回答は42%しかなく、「あまり知らない」「全く知らない」が合わせて52%だったという事実だ。「知っている人」が42%しかいないのに、71%がこれに賛成しているのだ。一体これは何を意味しているのだろうか。「女系天皇」の意味や「女性天皇」との違いをわからないまま、ムードに流されて何となく「賛成」と答えているということではないのか。

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が一足早く今年5月13日に発表した合同世論調査でも、同じような傾向が見られた。女系天皇について64・2%が「賛成」と答えたのだが、「女性天皇と女系天皇の違い」について尋ねると、次のような結果が出た。「よく理解している」が12・4%、「ある程度理解している」が35・3%で、両者を合わせると47・7%だった。これに対し、「あまり理解していない」は32・2%、「全く理解していない」は15・7%で、合わせると47・9%もいたのだ。理解していないのに賛成するという矛盾である。理解していない人が約半数というのも驚きだが、筆者が注目したいのは「全く理解していない」と答えた15・7%の人についてである。おそらく、「女系」が全くわからないのだから、「男系」についてもわかっていないであろうと推測されるのである。

 世論調査を否定するつもりも絶対視するつもりもないが、他の新聞やテレビ、通信社も、こうした難しい問題については単に賛否を問うだけではなく、一定の理解度を尋ねてみる必要があるのではないかと思う。


■女系天皇に賛成しているのは共産党と社民党だけ


 こうした問題に関連するのだが、今年7月3日、翌日の参院選公示を控えて、日本記者クラブが東京・内幸町に主要政党の党首を集めて討論会を開いた。そこで主催者側の記者が「女性天皇」の賛否を問うたところ、女性天皇と女系天皇が混同されるのを恐れた安倍晋三首相(自民党総裁)が質問方法に激しく不満をぶつけたのだ。以下、再現する。

記者:天皇制と女性の問題を皆さんに一斉にお訊きしますので、女性天皇は認めてもよいとお考えの方は挙手をしてください。

(立憲民主党の枝野幸男代表、日本維新の会の松井一郎代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の吉川元幹事長が挙手)

玉木雄一郎・国民民主党代表:男系女性ですか?

記者:女性天皇は認める……。女系は後で訊きます。

玉木代表:どっちですか、男系の女性ですか、女系の女性ですか、ちゃんと――

安倍首相:ちょっと、ちゃんとこれ、大事な大事な大事な質問なんでですね。ちょっと挙手どうかっていうことではなくて、いわば私自身がこれ答えられる、今ここで答えるということではなくて。

記者:今それは質問しておりません……その……

安倍首相:党としてですね、これ決めていかなくてはいけない問題で、今議論中ですし、女性(天皇)というのもありますし、女系(天皇)という、今、玉木さんがおっしゃったような重要な点もありますから。

記者:じゃあ……

安倍首相:その違いもちょっと説明しながらですね、国民の皆さまに説明しないとですね、いろんな誤解を招きますから。大切な問題ですから、もう少ししっかりと意味を説明していただき、質問していただきたいと思います。

記者:女系天皇を認めてもよい――

(共産党の志位委員長と社民党の吉川幹事長が挙手)

記者:なかなか他の政党は結論が出ているわけではないというふうにうけたまわりました。わかりました。それでは続いて――

 筆者はこの討論中継をテレビで観ていた。質問した記者は、世論調査の質問で使われる程度の“枕ことば”もないまま、いきなり女性天皇の賛否を訊いてきた。玉木代表の「男系の女性天皇か、女系の女性天皇か。どっち?」との逆質問は当然であり、安倍首相が少々声を荒げたのも無理はなかったように思う。女系天皇に賛成の挙手をしなかった枝野代表と松井代表にとっても、視聴者に誤解を与えずに済んだとすれば良かったのではないか。


■歴代女性天皇は崩御した天皇の皇后や独身皇族による“ピンチヒッター”


 はじめに女性天皇であるが、これは文字どおり「性別が女性の天皇」のことである。過去に8人10代の女性天皇が在位した。8人で10代というのは、2人の天皇が二度にわたって天皇として即位しているためと言われる。4人5代は皇女でかつ皇后、あるいは皇太子妃であり、夫である天皇や皇太子が亡くなった後に即位した。残る4人5代は生涯未婚の皇女だった。皇位継承をめぐる争いが生じた時や継承者である皇子が幼かった場合の“中継ぎ”として登場している。だから、在位中に結婚して生まれた皇子が女系天皇として即位することはなかった。

 最古の女性天皇は西暦592年から628年にかけて在位した推古天皇だ。第29代欽明天皇の皇女として生まれ、第30代敏達天皇の皇后となった。天皇崩御後、592年に第32代崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺されたのを受け、第33代の女帝として即位した。在位中は蘇我氏の全盛時代で、外戚で重臣の馬子との均衡を保ちながら、甥の聖徳太子(厩戸皇子)を皇太子に立てて摂政とし、政治を任せた。その後、女性天皇は第35代皇極、第37代斉明(皇極天皇が重祚)、第41代持統、第43代元明、第46代孝謙、第48代称徳(孝謙天皇が重祚)と続き、約900年を隔てた徳川時代になってから第109代明正、第117代後桜町の二人の女帝が在位した。最後の女性天皇である後桜町天皇は、第115代桜町天皇の皇女として生まれた。第116代桃園天皇の皇子だった甥の英仁親王(第118代後桃園天皇)がわずか5歳と幼かったため、中継ぎとして1762年から1770年まで在位した。


■「女系」とは、2000年の男系が途切れて「別の男系に代わる」こと


「女系天皇」がどういうものであるのかを説明するのは、実はとても難しい。なぜか。女系天皇とは概念上の表現であって、男系で繋がってきた日本の皇室では、過去に存在したことは、ただの一度もないからである。それは「仮想」と言ってよいかも知れない。仮想とは「実際にはないことを、仮にあるものと想定すること」だ。

 女系天皇について、新聞やテレビが世論調査を行う際に使う説明の“枕ことば”は実にあっさりしている。「母方だけに天皇の血を引く女系天皇」(朝日新聞)、「女性天皇の子どもが皇位を継承する女系天皇」(NHK)――。具体例が存在しないのだから実感がなく、わかったようでわからない。だから「賛成か」「反対か」と迫られると、多くの人が「女系でもいいんじゃないの」と思ってしまう。

 ここで、女系天皇とはどういうものかを説明するために、非礼を承知で敢えて天皇皇后両陛下の皇女である愛子さまが天皇になられたと仮定しよう。私たちがよく目にする「天皇の系図」をイメージしてほしい。「愛子天皇」は父である男系の今上天皇から皇位を継いでいるから男系の女性天皇であり、歴代天皇をさかのぼっていけば最後は初代の神武天皇に辿り着く。ただ、「愛子天皇」の次の天皇も男系で繋ぐには、「愛子天皇」のお子さまではなく、皇位継承の流れを元に戻して、男系の皇族である悠仁さまに天皇になっていただかなければならない。もし、「愛子天皇」が皇族と血縁関係にない一般男性と結婚し、その間に生まれたお子さまが天皇になった場合、母である「愛子天皇」を介してさかのぼらないと、神武天皇には行き着けない。これを仮に「女系」と言っているわけだが、日本の皇室が2000年ともいわれる長い歴史を通じて守って来た男系は、ここで途絶える。皇位継承問題に詳しい皇學館大学現代日本社会学部の新田均教授は「女系で繋がるのではなく、初代天皇に連なる男系が切れてしまって、皇族とは血縁のない父親の系統、つまり別系統の男系が始まるわけです」と言う。

 皇室の歴史では、男系を維持するために、いわゆる“嫁入り”は認めても“婿入り”は認めてこなかったのは、それは、男系が別系統に移ることを防ぐためだった。女性差別どころか、逆に男性を排斥して遠ざけるものでもあった。

 皇統に属する男系の男子にしか皇位継承を認めないのは女性差別だ、という声を聞くこともある。これは明らかな考え違いである。女性は縁があれば皇族のお妃になれるし、天皇の皇后にもなれる。理屈上は摂政にもなれる。法律上は外国人でもお妃になることを妨げられていない。これに対して一般の男性は、絶対に天皇にも皇族にもなれない。天皇は神話的起源に遡る皇祖神や祖先神、歴代天皇の御霊を祀る皇室祭祀の継承者であり、その身体的負担は男性でなければ耐えられない。私たちの一般社会での男女差別とは、次元の違う話であることは忘れたくない。


■「上皇陛下は愛子天皇を望んでいる」という作られたフェイクニュース


 女性天皇とその先の女系天皇を認めると考える人が、こんなことを言ったことがある。「皇統が別の男系に移っても、その天皇は母方の祖父が徳仁天皇(今上天皇)、曽祖父が明仁天皇(上皇陛下)の血が流れている“直系”だから、国民は親しみを感じるのではないか」と。だが、こうした直系に対する考え方が、皇位継承問題を混乱させている。確かに感情としてはわからないでもない。立派に成長された天皇陛下の直系の皇女である愛子さまがいらっしゃるのに、皇位を継げないのはおかわいそう――というわけだ。

 だが、日本の皇室は決して直系主義で繋がって来たわけではなく、何が何でも無理に自分の子どもに皇位を継がせようとしたわけではなかった。前出の新田均教授は「皇室は直系主義どころか、皇統に属してさえいれば何世代遡っても正統とみなしてきました。言い換えれば、兄弟や遠い親戚での継承を認める、傍系主義の考え方です。だから、親戚の誰かが男子を産んでくれればいいので、適当な数の宮家さえあれば皇后の精神的負担は軽くなるという側面もあったのです」と言う。男系主義は男子を産むことを皇后に強制し、過大な精神的負担を負わせるとの主張に対する反証でもある。

 このところ「愛子さまを天皇に」や「愛子さまへの天皇教育開始」などの見出しのついた記事を週刊誌などで見かける。中でもびっくりしたのは「上皇さまが愛子天皇を望んでおられる」とする宮内庁関係を名乗る人物の発言だ。こういうのをフェイクニュースと言うのだろう。上皇さまはご在位中、今上天皇と秋篠宮さま(皇嗣殿下)とともに毎月1回、いわゆる三者会談を続けてこられた。宮内庁の元幹部によると、上皇さまは、当時の皇太子さまと秋篠宮さまが互いに「協調」されることを何よりも望んでおられたという。その中には当然ながら、皇位継承に関するものも含まれていた。「よく二人で話し合うように」と話されることもあったという。そして、悠仁さまの教育や今後についても、常に気にかけていらしたという。そうした状況にあって、皇位継承権を持つ悠仁さまを、事実上、排斥するようなことを上皇さまが口にされるようなことはあり得ないのである。


■皇統につながる旧皇族の家系に今上天皇の男系の血縁者がいるという事実


 皇位継承問題では、男系による皇位継承について「どのような方策があるか」は、あまり議論されてこなかった。とりわけ選択肢の一つである「旧皇族の子孫の皇籍復帰」に関しては、プライベートな領域に立ち入るのははばかられる、という雰囲気があったように思う。だが、国会決議に基づいて「安定的な皇位継承の確保」が議論されようとするのに合わせ、にわかにクローズアップされてきた。

 最初に旧皇族の皇籍離脱について触れておきたい。GHQの統制下にあった1947(昭和22)年5月、日本国憲法の施行によって皇室財産は基本的に国有化された。皇族費は新皇室典範によって国から支出されることになり、秩父宮家など昭和天皇の弟である三直宮にだけ費用が計上された。こうしたプレッシャーもあって、同年10月、北白川宮や閑院宮家、東久邇宮家など11宮家の男子皇族26人と女子皇族25人が皇籍を離れることになった。残ったのは天皇陛下(昭和天皇)の弟宮の秩父宮家、高松宮家、三笠宮家の三宮家だけになった。

 廃絶した11宮家は、室町時代(南北朝時代)から続く伏見宮家の男系子孫が創設したもので、伏見宮家は第102代の後花園天皇の男系子孫にあたる現在の皇室とは600年前に分岐した。

 こうした宮家の子孫の皇籍復帰論については、旧宮家が廃絶してから70年余りが経過していることや、現在の皇室との共通の祖先(天皇)が室町時代にまでさかのぼることで、「国民の理解が得られない」と否定的な意見がある。だが、そうやって一蹴してしまうことが果たして正しいのか。

 皇室の皇位継承は、先に触れたように「傍系主義」であり、歴代の系譜を見ると、遠い男系を呼び戻して皇位に就けた例も少なくない。例えば第25代武烈天皇は皇子がなかったため、越前にいた第15代応神の5世孫を探し出して天皇(継体天皇)として迎えた。男系が途切れそうになっても、我々の祖先はこうした最大限の努力をしてきた。

 11宮家については、明治天皇の4人の内親王が、竹田宮、北白川宮、朝香宮、東久邇宮の各宮家に嫁いでいる。しかも、旧東久邇宮家については、明治天皇の孫にあたる東久邇盛厚氏(故人)のように、戦後に皇籍を離れてから昭和天皇の長女で照宮内親王だった成子さん(故人)と皇族同士で結婚している。成子さんは上皇さまの姉にあたり、今上天皇の伯母にあたる。お二人の子孫には男系につながる若い未婚の男性が少なくとも数人はいらっしゃる。このように現在の皇室との血縁は驚くほど近いのだ。

 10月23日には自民党の国会議員による「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)が男系による皇位継承の維持に向けた具体策を提示した。その中では旧宮家の子孫の男系男子に皇籍に、いくつかの方法で復帰していただくことも主張している。「国民の理解が得られない」と決めつけるのではなく、まずはあらゆる方策を探ることが大切なのではないか。実際に悠仁さまという若い男系の皇位継承者がいらっしゃる現実を考えても、男系を断ち切るのは万策尽きてからでも遅くはない。

椎谷哲夫(しいたに・てつお)
元宮内庁担当記者。1955年、宮崎県都城市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。新聞社で警視庁、宮内庁、警察庁、旧運輸省などを担当。米国コロラド州の地方紙で研修後、警視庁キャップ、社会部デスク、警察庁を担当。40代で早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程修了。著書に『皇室入門』(幻冬舎新書)など。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年11月14日 掲載

関連記事(外部サイト)