台風19号「亡くなった息子の頑張りを知ってもらえたら…」実名公表されない遺族が取材に応じた理由

台風19号「亡くなった息子の頑張りを知ってもらえたら…」実名公表されない遺族が取材に応じた理由

プライバシーは絶対なのか

■「台風19号」実名を公表されなかった犠牲者の人生(1/2)


 秋色深まる列島を襲った観測史上最大級の「台風19号」。災禍の後に残されたのは名前のない62人の犠牲者たちだった。国と自治体は不毛な議論を繰り広げ、事なかれ主義で実名を伏せ続けるが、我々には彼らの人生を知ることこそが求められているのではないか。

 ***

 米・ワシントンDCの中心部に位置する国立公園「ナショナルモール」は、リンカーン記念堂やワシントン記念塔といった観光名所で知られる。その広大な敷地内に、毎年11月11日のベテランズデー(退役軍人記念日)になると、全米から数多くの人々が訪れる漆黒の壁「ザ・ウォール」がある。全長150メートルに及ぶ黒い御影石には、ベトナム戦争で命を落とした6万人近い米軍兵士の名前が隙間なく刻まれている。

 華美な装飾とは無縁な、名前だけが整然と羅列された壁を前に、ある者は跪(ひざまず)いて花束を手向け、またある者は幼いわが子に在りし日の祖父の思い出を語る。

 ここに刻まれた名前は決して記号などではなく、彼ら一人ひとりが「生きた証」そのもの。物言わぬ黒い壁は、見る者に戦没者の「人生」を思い起こさせ、戦争の悲劇と不条理を後世に伝えている。

 それでは、日本の場合はどうだろうか――。

 10月12日から13日にかけて東日本を縦断し、関東甲信越・東北地方に甚大な被害をもたらした観測史上最大級の「台風19号」。

 いまなお行方不明者の捜索が続くなか、11月14日現在までに確認された犠牲者は13都県で92人に上る。

 しかし、そのうち実名が公表されているのは僅か3分の1に過ぎない。つまり、残る60人は「匿名」のまま、死者数にカウントされているのだ。犠牲者の身元が判明していない東京都を除くと、氏名を公表したのは岩手県、宮城県、栃木県、長野県の4県に留まる。

 被災自治体のなかで「31人」と最も多く人命が失われた福島県も、犠牲者の実名を明かしていない。

 この対応を巡っては、内堀雅雄知事が定例会見でたびたび質問を投げかけられているが、

〈犠牲者の方やそのご家族等のプライバシーを尊重し、これまでと同様、公表しないこととさせて頂いております〉(10月21日)

 と繰り返すのみ。宮城県が実名の公表に踏み切ったことを突きつけられても、

〈私が知っている範囲では、47都道府県のなかで、宮城県のような事例は比較的少ないのではないかと思います〉(10月15日)

 要は、「ウチだけじゃなくてヨソも公表してないでしょ」と仰りたいのだろうが、その発言には責任逃れの感が否めない。

 とはいえ、福島県は東日本大震災で原発事故という災禍、さらには風評被害に見舞われている。犠牲者や遺族のプライバシーに敏感になるのは、ある意味で当然かもしれない。しかし、

「県や市の対応にはどうしても納得できないんです。亡くなった息子の実名を公表するかどうかといった相談も一切受けていません」

 福島県南相馬市の職員だった大内涼平さん(25)を失った父親・敏正さん(56)が苦しい胸中を明かす。


■「カギを開けておいて」


 地元の高校を卒業した涼平さんは、宮城県内の専門学校に進学。市の職員となったのは、まだ震災からまもない頃だった。

「多くの住民が街を去るなか、息子は地元の復興に力を尽くしたいという気持ちが強かった。私としても、息子のような若者が南相馬に戻ってくるのはいいことだと思っていました」(同)

 実際、未曾有の台風に襲われた12日も、涼平さんは市民のために奔走。河川の増水に備え、朝のうちから避難所を設置するために物資を運ぶなど、対応に追われていたという。

「息子はあの日、“役所に泊まる”と話していたんです。ただ、夜中の12時半頃になって、“今から帰るからカギを開けておいてね”と電話を寄越しました。翌日も仕事が立て込むので、職場から車で5〜6分の距離に自宅がある息子を一旦、帰そうとなったようです。ただ、午前1時が過ぎ、1時半になっても息子は戻ってこない。その頃には携帯も繋がらなくなっていた。心配になって妻と車で探しに行くと、すでに道路は冠水状態。水嵩は1メートル以上ありました」

 不安を覚えた両親はすぐさま警察に通報。2時半過ぎに水没した車が発見される。だが、車内に涼平さんの姿はなかった。

「私は最悪の事態を覚悟しましたが、妻は“車から脱出してどこかに避難したんじゃないか”と最後まで希望を抱いていました。本格的な捜索が始まったのは、夜が明けた5時半頃。私が現場に戻ると、道路脇にブルーシートが目に入ってね。警察官に“ご家族の方ですか。確認をお願いします”、と言われたんです。息子は車からは脱出できたものの、すでに腰の高さまで水が押し寄せていて身動きが取れなかったんだと思います」

 涼平さんの葬儀には市長も足を運んだというが、

「亡くなった後で何を言われても息子は戻ってきません。人生これからという時期なので息子自身が一番悔しかったはずです。どうしてあんな時間に息子を帰したのか……。本当に疑問ばかりですよ。ただ、私が取材に応じたことで、少しでも息子の頑張りを知ってもらえた部分はあると思う。名前が報じられたお蔭で息子の友人からも励ましの連絡をもらいました」

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年11月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)