首里城焼失・修復を支えた当事者たちが語る「喪失感」と「復活への決意」

首里城焼失・修復を支えた当事者たちが語る「喪失感」と「復活への決意」

未明の夜空に(撮影・前城均)

■首里城再建を誓う「琉球史学者」「宮大工」「漆芸家」(1/2)


 沖縄の心の拠りどころが、無残にも崩れ落ちていった。10月31日、世界遺産に登録されている「首里城跡」の上に建つ正殿などが、一夜にして灰燼に帰した大火。原因究明が急がれる中、30年以上にわたる復元作業に携わった人々は早くも“復活への決意”を口にして……。

 ***

 沖縄のシンボルとして威容を誇っていた首里城は、暗闇を紅蓮の炎で照らしながら姿を消した。

「正殿や北殿、南殿など主要な七つの棟が焼失し、その面積は約4200平方メートルに及びました。これまでも琉球王朝時代の1453年、1660年、1709年の3回、そして太平洋戦争の沖縄戦と、計4回の焼失を経ています。今回全焼した正殿は、1992年に復元されたものでした」(地元記者)

 首里城跡が世界遺産に登録されたのは2000年。これに先立つ86年、壮大な復元プロジェクトが緒に就いた。今年2月には、正殿裏手にある「御内原(うーちばる)エリア」の工事が終わり、33年にわたる一連の作業が完了。また国営沖縄記念公園の一角をなす首里城公園にあって、正殿など有料区域の管理が、2月に国から県へと移行されたばかりだった。

「今回被害にあった7棟は、すべて戦後に復元されており、文化財保護法の対象ではありませんでした。県から管理者に指定された『沖縄美(ちゅ)ら島(しま)財団』は、鎮火の翌11月1日、会見を行いましたが、スプリンクラーが設置されていなかった点を問われると『そういう施設を前提にして県から指定を受けている。我々は関係しません』などと、現場の管理については他人事のような回答が目立ちました」(同)

 が、その後、火元とみられる正殿北側の1階部分から焼け焦げた分電盤が発見され、電気経路のショートが原因との見方が強まっている。外部からの侵入の痕跡はなく、放火の可能性は低い。設備の不具合による出火となれば管理者たる財団の姿勢も問われよう。

 首里城の事情を知る関係者が明かすには、

「台風の際などには、巻き上げられた海水が強風で城の壁に当たって屋内へ吹き込んできます。現に、城内では雨漏りが起きていました。海水が電気コードを覆う金属などにこびりつけば、錆びて『電気抵抗』となる。ここに大電流の負荷がかかれば、ショートを起こすことも十分あり得ます」

 出火の経緯はともかく、地域の人々が大いに打ちひしがれたのは言うまでもない。まして30年以上にわたる修復作業を支えてきた当事者ともなれば、その胸中は如何ばかりか――。

 王朝時代の歴史考証をはじめ、修復の全体指揮を担った高良倉吉・琉球大学名誉教授(72)=琉球史=は、

「城が焼けるさまを自宅の前から眺めて『本当に現実なのか』と、とてつもない喪失感に襲われました」

 そう嘆きながらも往時を振り返って、

「正殿の再建にあたって多くの学者と議論した結果、大戦で破壊された首里城ではなく、琉球王朝時代の姿を復元しようとなりました。我々は“中古でなく新車に”を合言葉にプロジェクトを進めていましたが、沖縄戦で当時の資料も失われてしまった。国内をくまなく探し回った結果、王家である尚(しょう)家が琉球処分で東京に移住させられた時、重要な資料も一緒に運ばれていたことが分かったのです」

 なかでも重宝したのは、

「おもに『百浦添御殿普請日記』と『寸法記』。いずれも王府の公式資料で、1864年に行われた王国時代最後の大規模工事の記録です。後者は鎌倉芳太郎という沖縄文化の研究者によってまとめられたもので、材料ごとの寸法まで記されていた。それらを読み解くうち、首里城は桐油で塗装されていたこと、琉球漆器の塗り師が参加していたことも判明しました。つまり城自体が巨大な“漆器”だったというわけです」


■現場で技を伝授して


 本土復帰前から沖縄の文化財復興に携わってきた、鈴木嘉吉・元奈良国立文化財研究所長(90)も、

「首里城は戦前に国宝指定されていて、昭和の初めに文化財としての修理を受けている。その時にしっかりした図面が作ってあって、また尚家に残っていた地図にも正殿の内装が詳しく記されていたので、その二つを合わせて正確な図面を描くことができたのです。私は当時、その作業を監督していました」

 との一方で、

「大変だったのは資材の確保です。沖縄の原木は戦災で失われていたから、代わりに台湾ヒノキを用いた。当時は赤瓦を作っている業者も県内に一つしかありませんでした。工法も王国時代と同じく、柱を繋ぐ横材を現在の建物より多くしました。構造の安全性を確かめるため、10分の1サイズの模型も作りましたね」

 さらに、人員招集もひと苦労だったという。

「当時、沖縄には伝統建築を担う宮大工がおらず、大工はもっぱら本土から呼んでいました。正殿の工事には12〜13人の大工が関わっていて、作業期間中にその技術を、地元の職人に教えたりもしていました」

 実際に福井県から参加し、副棟梁として現場管理や施工図作成に携わった、宮大工の山本信幸さん(61)が言う。

「沖縄の建築は、柱の数が多く木の組み方も独特で、内地の城とは全く異なります。その上、史実に合わせて復元しなければならず、出来上がった設計図通りに造っても微妙に異なるおそれがあるので、ともかく古い写真を見ながら、自分の意見を加えずに忠実に再現するよう努めました」

 今回、担当した正殿の屋根が崩れ落ちる映像を目の当たりにした山本さんは、

「一緒に造りあげた建築士、瓦や螺鈿(らでん)の職人など、様々な人のことが頭をよぎって涙がこぼれました。前回は内地の人間が多く関わりましたが、この30年で地元の大工さんの技術も育ってきているので、次は沖縄の人を中心に、我々がそれを支える形で再び復元できればと思っています」

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年11月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)