「男選びくらい間違えるなよ」彼女たちが虐待死事件の加害者男性ではなく被害者の母親をバッシングする理由

「男選びくらい間違えるなよ」彼女たちが虐待死事件の加害者男性ではなく被害者の母親をバッシングする理由

私が友達が少ない気がしたのは、要するにInstagramにアップできるようなキラキラした遊び方をしていないだけだったのだ(写真はイメージです)

 拙著『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)がありがたいことに7度目の重版がかかった(2019年11月現在)。地元宮崎市の書店でも「著者の姫野さんは宮崎出身です」というポップが立てられたり、地元の人が多く購読している宮崎日日新聞に広告を出していただいたことから私は今、地元ではちょっとした著名人になりつつあるようだ。

 ***


■地元の元同級生の最大の関心事


 そんな中、小中高の同級生からのFacebookの友達申請が相次いでいる。小学生の頃仲良くしていて、中学以降はそれきりになっていた子もいたが、たいていはそこまで仲が良くなかった人や、私にいじめとも言える嫌がらせをしてきた人も含まれている。基本的に私は直接の知人か仕事関係者しか申請を承認していない。しかし、同級生たちは一応「会ったことのある直接の知人」なので承認している。彼らからコメントがつけば社交辞令程度のコメントを返すが、自ら彼ら・彼女らの投稿に書き込むことはない。

 承認ボタンをクリックする瞬間は毎回「俺(私)、この売れてるライターと知り合いなんだぜ」とでも言いたいのだろうかとマイナスな思考がよぎる。前回の連載でも書いたが、私はSNSを使い分けており、Facebookは主に仕事用として使用している。

 私は中高時代を進学校で過ごした。中高時代の同級生たちは大学進学のため一旦県外に出る人が多かったが、小学校時代の同級生は地元に留まる人が多い傾向にある。当時の宮崎の中高生の学力は決して高くはなく、全国区で言うと下から数えた方が早いほうだった。地元から出たことがない組は中卒の人も多い。そして、特に何の資格も持っていない中卒女性は18歳以下でも水商売や性風俗店、同じく高校をドロップアウトした男性は日雇いの建設現場や半グレ的な仕事を請け負って生計を立てていることもあった。

 そして、32歳というこの年齢は、地元組のほとんどが育児の真っ最中だ。彼女らのFacebookをスクロールすると毎日のように子どもの写真や動画がアップされている。彼女たちにとって今、育児とパート先しか生活圏にないので、そもそもアップするネタがないのだ。こう言うと私が冷たい人間に思われてしまうかもしれないが、よほど愛嬌のある写真や動画でない限り、他人の子どもを見ても可愛いという感情が湧いてこない(改めてなんて冷酷な人間なんだ……)。


■住む場所が違うと考え方も違う


 先ほども述べたように、彼女たちの生活圏は家とパート先。全国区で話題になっている社会問題に関して疎い傾向にある。おそらく社会の動きや有名インフルエンサーの名前も知らないだろう。しかし、保育園無償化に関するニュースや待機児童問題、虐待死など、子どもに関する話題に関しては驚くほど敏感だ。

 近頃数え切れないほど、新生児遺棄の事件が多い。ネットカフェで新生児を産み落として遺棄、コインロッカーから新生児の遺体が見つかった、援助交際をしていた少女が妊娠し新生児を遺棄、などなど……。

 そのたびに福祉関係の専門家たちは「彼女たちがSOSを上げられる相手はいなかったのか」「臨月までお腹が大きくなれば誰か気づくはずなのに、誰も救いの手を差し伸べなかったのか」「なぜ少女は援助交際をする必要があったのか」といった、単純に新生児が殺されたという事実だけで済まさず、問題を根本まで掘り下げて解説している。

 もちろん、生まれてくるはずだった命が母親により絶たれてしまうことは違法であり、あってはならない。しかし、なぜ彼女たちが自分の子どもを遺棄・死亡させざるを得なかったのかを考えなければこの問題は解決しない。

 いつだったか、シングルマザーの幼児が交際相手の男性により虐待死された事件があった。地元で育児中の女性の同級生はこのネットニュースに飛びつき「男選びくらい間違えるなよ」というコメントをつけてシェアしていて面食らった。

 我が子がもし交際相手の男性に殺されたらと思うと怒りと悲しみで胸が張り裂けそうになるのはわかる。しかし、なぜ子どもに手をかけた男性ではなく母親の方をバッシングするのだろうか。一番、母親が自責の念に駆られているはずなのに。母親は子どもを失う恐怖と共に、子どもへの暴行を止めに入ることで交際相手の男性を失う恐怖にも怯えていたのではないだろうか。

 また、別の地元の同級生の女性は、数年前、若手俳優による強制わいせつ事件があった際、Webニュースの記事に「これ、ハニトラでしょ?」とコメントをつけてシェアしていた。女性が突然男性に襲われたら、レスリングの吉田沙保里元選手のような超人でもない限り男性の力には勝てない。広い視野と思考を持っていれば、簡単にハニトラ発言をしないはずだ。

 それなのに、被害者女性をバッシングしていることにショックを受けた。見ている世界、住んでいる場所が違うとこんなにも考えが違うものなのかと。


■私的「#KuToo」体験


 こう書くと地方で暮らす人を見下しているように誤解されるかもしれないが、保守的な考えで凝り固まっており、教養の欠如や、なぜその事件が起こったのか背景を想像する力が弱いように思える。

 最近読んだ高橋ユキ氏著の『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(晶文社)に書かれていた、田舎ならではの悪い意味での協調性が地元の雰囲気とモロに被る。そしてなんだか、保守的で視野の狭い地元民を「地元を出て14年東京に住んで、仕事柄いろんな人の意見と刺激に日々触れている私は彼女たちとは違う」と、マウントを取っているような感じもして、自己嫌悪に似た感情に襲われてしまう。

 女性が女性をバッシングする。これが俗に言う「女の敵は女」の構造である。しかし、私は女の敵は女であると思いたくない。昔はそう思っていたが、歳を重ねるにつれ考え方が変わっていった。この理由については後ほど記述する。

 これらの女性同士の分断は2019年の流行語大賞にノミネートされた#KuToo運動にも見られた。この運動を提唱したフェミニストでライター・グラビアアイドル・女優の石川優実氏はイギリスのBBCによる、世界の人々に影響を与えた女性100人にも選ばれ、まさに今年大活躍したフェミニストの1人と言ってもいいだろう。

 そんな石川氏の主張はこうだ。

「履きたい人はパンプスを履いてかまいません。でも、足の痛みなどで履きたくない人には履かない自由をください。職場においてパンプスの強制は性差別にあたるので、女性も男性と同じようなローヒールの動きやすい革靴を履かせてください」と訴えている。

 この運動に対し、多くの人が賛同し3万人以上の署名も集まったが、一方でしつこく石川氏をバッシングする声も寄せられている。「そんな高いヒールで働かせる職場なんて限られている、嫌ならやめればいい」という自己責任系のバッシングから、「女性の足は大人になるとパンプスに合うように形が変わる」という、ネタですか? と突っ込みたくなるほどトンデモなバッシングまで多種多様であり、その模様は先日石川氏が上梓した『#KuToo 靴から考える本気のフェミニズム』(現代書館)に詳しく分析されてまとめられている。石川氏をバッシングする人の多くは男性と思われたが、意外と女性からのバッシングもあった。
 
 その内容の一例としては「自分は好きでヒールを履いているので、ヒールを履くことで自分は#KuTooに反対していると思われて履きづらくなる」「私は女性らしい格好が好き。男性と同じ靴に統一するなんて余計多様性が失われる」といった声だ。

 一番重要な「履きたい人は履けばいい、履きたくない人は履かなくてもいい」という主張が抜け落ちている。なぜこうした女性同士の分断が起こるのか、私なりに分析してみた。

  私自身、今はスニーカーか安定感のある太いヒールのブーツしか履かない。2年ほど前まではオシャレの一環でヒールのあるパンプスを履いてきたし、冠婚葬祭時には痛みを我慢してヒールのあるパンプスを履く。学生時代に短期間だけ働いた結婚披露宴会場での配膳バイトでは3センチほどのヒールのあるパンプスを強要され、痛みで自然と足とパンプスの接触面積を減らすような歩き方になり、パンパンと足音を立ててしまっていたことから、裏でお局さんにこっぴどく叱られた。

「靴が足に合わなくて痛いんです。申し訳ありません」と90度の角度でしっかりとお辞儀をして謝ると、お局さんは何とも言えない微妙な顔をしていた。おそらく、私がわざと音を立てているわけではないことに戸惑ってしまったのだろう。

 パンプスは支給ではなく自費での用意だったので、この靴が悪いのかもしれないと他にも3足別の靴を買ったが、一番履きやすいものは足の甲がほとんど覆われており、見た目的に職場には適していないものだった(パンプス代だけでおそらくバイト代のほとんどが飛んだ)。


■自分が好きだから? 男の目を意識して?


 話を戻す。オシャレ用のヒールのあるパンプスは母との確執から、母に気に入られようと清楚な女性らしい格好に合わせるために履いていた。しかし、昨年になって自分のこのファッションをとある男性から侮辱されて人格否定までされ、精神的に追い詰められ、一気にファッションをカジュアル系に変えた。

 それに伴いパンプスもやめた。パンプスをやめたら足にいくつもできていたタコが嘘のように消滅した。そして、心療内科で医師との対話と薬の服用による治療を受けるうち、「私は私の人生を生きていく、自分のことは自分で決める」と思えるようになった。

 私の場合は母という存在がパンプスを履くことにつながっていたが、「自分が好きだから履く」という人の中には「男の目を意識して履く人」も少なからずいるのではなかろうか。この男性の存在というのが女性同士の分断の肝となっている。高いヒールのパンプスは脚長効果があり、すらっとした大人の女性らしい脚を演出できる。「男性へ媚びてナンボ」の価値観を持つ女性は可視化されていないだけで実際多く潜んでいる。それでなければファッション誌でモテコーデ特集なんて組まれないし、パパ活だって流行らない。
 
 2014年に放映されたので少し前のドラマだが、松本潤主演の『失恋ショコラティエ』では、石原さとみ演じるヒロインの紗絵子がデートに出かける寸前、高いヒールを履いた後一瞬考え、低いぺたんこ靴に履き替えて出かけるシーンがある。あのシーンで「うわぁ〜〜! この女計算高い!!!!!」と悶えた視聴者は多そうだ。萌え袖ファッションもそうだが、ときとして低いヒールも可愛い女を演じて男を虜にするアイテムに変身するのだ。

 女性の分断は男性の存在がそうさせる。男性がいない世界だと、ちょっとしたマウンティングは起こるかもしれないが、子殺しのシングルマザーバッシングや#KuToo運動などで起こるような分断は起こらないだろう。女性同士は敵同士ではないのだ。

 私も結婚披露宴会場のバイトでパンプスを強要されて痛い思いをしたので石川氏の#KuToo運動の署名には協力したが、一方で高いヒールへの憧れはある。そのヒールの先の鋭さから「攻撃力の高い靴」と私が勝手に呼んでいる高級ブランド、クリスチャンルブタンのヒールを履いてみたいのだ。艶のあるブラックで、尖った細いヒールに裏面は鮮やかな赤色。足の甲はえぐれているので、到底歩きやすい靴とは言えない。お値段は約10〜20万円。

 ルブタンを履いている女性を歌舞伎町でよく見かける。おそらく夜のお仕事の方だろう。そして、ルブタンを履ける女性は歌舞伎町からJR新宿駅までのあの数百メートルをタクシー移動できる人種だと思っている。だから私も将来的にはルブタンを履けるくらい経済的な潤いがほしい。もちろん、男に媚びずに自分の力で。

デイリー新潮編集部

2019年11月22日 掲載

関連記事(外部サイト)