韓国「東京五輪に旭日旗は禁止を」自粛すべき? 静観すべき?

韓国「東京五輪に旭日旗は禁止を」自粛すべき? 静観すべき?

旭日旗

 駄々っ子を相手にするのはもう勘弁。日本の外交当局者も、そんな思いをますます強めているだろう。今度は旭日旗がけしからんと言い出して、あの手この手で国際社会に同意を求める韓国。ここで日本に求められる“大人の対応”とは。

 徴用工、従軍慰安婦の両問題に続き、韓国が乾坤一擲、新たに切ってきた反日カードが旭日旗問題だ。旭日旗を軍国主義の象徴と糾弾し、東京五輪の会場にその持ち込みを禁止するよう、日本や国際社会にしつこく訴え続けている。五輪組織委の関係者によれば、

「韓国の主張が激しくなったのは、日本による8月の“対韓ホワイト国除外”措置以降のことです。9月中旬、文化体育観光省がIOCに会場への旭日旗持ち込みの禁止措置を求める書簡を送付したと発表。大韓障害者体育会も東京で開かれたパラリンピックの選手団長会議の席で“パラリンピックのメダルに描かれた扇状のデザインが旭日旗を想起させる”と驚きの主張を行い、是正を訴えました」

 メダルのデザインと旭日旗を結びつけるのはどう見ても“いちゃもん”だろう。

「会議では、むしろ韓国側に“政治問題と混同させるべきではない”と批判が集中。国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長もメダルについて『全く問題ない』と述べている」(同)

 だが、韓国はひるまず、

「9月下旬には国会で“旭日旗持ち込み禁止決議”を採択しました。翌月、大韓体育会の会長がIOCのバッハ会長と面談した際には“ぜひ禁止を”と直談判に及んでいます」(同)


■赤白縞の服もダメ


 そもそも旭日旗とは大漁旗のほか、出産、節句の祝いなどで長く使用されてきたもので、菅官房長官も会見で「政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘はまったく当たらない」との見解を表明している。

 組織委も韓国の要望に耳を貸す風はないのだが、日本政府は執拗な韓国の攻勢をかわすべく、今月8日、外務省のホームページ上で旭日旗に関する説明資料の韓国語版を新たに掲載した。

「それでも恐らく五輪開催まで、韓国側の要求は続くと思いますよ」

 と指摘するのは、産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員の黒田勝弘氏だ。

「旭日旗は韓国で『戦犯旗』と呼ばれています。10年ほど前からネット右翼を中心に批判が始まり、やがてメディアも加わっての騒ぎに。いまや赤と白の縞模様の衣装を着た芸能人まで槍玉にあげられるようになりました。この風潮を見て、文在寅政権が外交カードとして持ち出すようになったのです。おそらく五輪本番でも、韓国メディアは血眼になって競技会場で旭日旗を探し回るでしょう」

 さればと、組織委で国旗問題のアドバイザーを務める吹浦忠正氏は“自粛論”を唱える。

「韓国の主張は理がない部分も多いと思いますが、問題を放置すれば、平昌五輪でも見られたように、韓国人が客席で竹島を大きくプリントした“朝鮮半島統一旗”を振り回す可能性も出てくる。対して日本の右派が旭日旗を持ち込むような展開になれば、せっかくの五輪が政治宣伝の場になってしまう。組織委、そして国民レベルで旭日旗の持ち込みを自粛すべきです」

 一方、拓殖大学教授の呉善花氏は静観派だ。

「日本が自粛を求めたりすれば国際社会における威信にも関わります。少しでも譲歩すれば“つけあがる”のが韓国。ホワイト国の除外など日本の毅然とした姿勢で、韓国が日本に畏怖の念を抱くようにもなったことを参考に、日本は冷静に無視の姿勢を貫けばいい。所詮いわれなき要求なのです」

 やはり必要なのは忍耐力。

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)