大学入試改革、国語と数学の「記述式」にも教育界から疑問の声 背後にベネッセの影

大学入試改革、国語と数学の「記述式」にも教育界から疑問の声 背後にベネッセの影

背後にベネッセの影(進研ゼミHPより)

■「大学入試改革」何故すべての道はベネッセに通じるのか?(1/2)


 英語民間試験に続いて国語と数学の記述式問題も槍玉に上げられ、大学入試改革自体が大炎上の様相である。50万人が対象の記述式などナンセンスだというのが、大方の一致した見解だが、その採点をはじめ入試改革の全方位に、なぜかベネッセが関わっていて――。

 ***

 大学入学共通テストに導入されるはずだった英語の民間試験は、降って湧いた「身の丈」発言で問題が知らしめられた結果、見送られた。すると野党は続けて、やはり2020年度から共通テストに導入予定の、国語と数学の記述式問題に、ここぞとばかりに攻撃の矛先を向けている。

 国を挙げての大学入試改革が、どこもかしこも不備ばかりというわけもあるまい、と思った方もいるだろう。しかし、明治大学文学部の伊藤氏貴准教授は、

「私も長らく、大手予備校で模試を作っていましたが、50万人もが受ける記述式の試験なんて100%無理。そんなオーダーを受けても絶対に作れませんから、断るしかありません」

 と断じる。なぜか。麻布中高の元国語科教諭で、日本大学文理学部長の紅野謙介氏が、そのわけを述べる。

「記述式試験は、受験生の多様な考えと表現を受け入れながら採点しなければなりません。自信がないとわざとぼかして書いたり、緊張からか力が入りすぎて線が潰れていたり。そんな受験生の気持ちに思いを馳せながら採点します。内容も多様で、“なんて突飛なことを思いつくんだ”と驚かされることも、“よくぞここまで読み解いた”と唸らされることもある。このために採点基準を変えることもあります。記述式の面白さは、こうした作問者と受験生の対話にあります」

 ところが、導入されようとしている記述式問題は、

「大学と関係ない民間業者が採点するため、記述式の意義である受験生との対話は生まれません。また、50万人もの答案をさばくため、答えが極めて限定された設問にせざるをえません。公開されているサンプルテストや、昨年11月に実施されたプレテストを見ると、答え方に多くの条件がつけられ、たとえば文頭と文末の言葉が指定されている。受験生の発想を鋳型にはめてしまい、ナンセンスです」

 そして、こう締める。

「これでは受験生は徐々に、条件づけされた質問にしか答えられなくなります。文科省は“主体的で対話的な深い学び”を目指しているはずなのに、逆に受験生の主体的な思考や他者と対話する能力が、どんどん殺されてしまいます」

 言うまでもなく、教育とは人を創る場である。だが、大学入試という関門がある以上、入試のあり方が変われば、人の「創り方」も変わる。膨大な手間と予算を投じて、主体的な思考力を阻む入試を導入するとしたら、入試改革イコール未来に対する破壊活動になってしまうが――。


■バカげた制度


 実際、共通テストの国語の記述式問題の作問者が身近にいる大学教授は、

「“とにかくバカバカしい問題で、早くやめさせないといけない”と、ずっと口にしていて、観ていてかわいそうなほどです」

 と漏らす。入試改革を考える会代表で中京大学教授の大内裕和氏も、この記述式が「深刻な問題を抱えている」として、こう話す。

「大学が独自で行う記述式試験では、足きりなどで答案を絞ったうえで、10名程度の採点者がていねいに採点し、それでも予想外の解答が現れるので採点しながら何度も打ち合せします。でも、1万人が採点する状況では十分な打ち合せができず、同じ解答なのに採点者によって点数が異なる、ということすら起こりうるでしょう。すると大学入試の根幹が揺らいでしまいます」

 採点については、大手予備校の物理科講師である吉田弘幸氏も指摘する。

「採点者の質が確保できないので、だれでも採点できる問題になり、数学であれば途中式を書かせず、答えの数式を書くだけ。記述式にする意味がありませんが、答えを書くだけでも、たとえば三角関数に関する答え方は多様です。1万人のうち1人の採点者の認識が違っただけでも大きなミスにつながります。問える能力はマークシートとたいして変わらないのに、採点ミスの可能性ははるかに大きい。同僚たちとも、バカげた制度なので、なんとかやめさせないといけない、という点で一致しています」

 大内氏が再び言うには、

「なにより問題なのは、民間企業が行う採点の質を公的にチェックする仕組みがないこと。英語民間試験では、各試験団体に指示する権限が文科省になく、運営上の混乱を呼びました。記述式問題を採点する企業との関係についても、同様の問題を指摘できます。問題の漏洩や情報の目的外使用についても、ずっと懸念されています」

 ちなみに、50万人が受験するであろう記述式問題の採点業務を8月30日、61億円で落札したのは、ベネッセホールディングスの100%子会社、学力評価研究機構であった。

 ついでに言えば、

「記述式にかぎらず、大問がみな複数の文章で構成されるようになり、文章の論旨にじっくりと付き合う時間がない。筆者の言いたいことを捉える読解から、必要な情報を検索する情報処理へと、読むことの意義が変わってしまっている。インターネットを検索するようなもので、若者の読解力を落としてしまいます」

 と伊藤准教授は懸念する。

 ともあれ、採点者次第で点数が異なりうると懸念されるなか、今月5日、衆院文科委員会に参考人として出席したベネッセの学校カンパニー長、山崎昌樹氏は、採点者は「当然アルバイトもいる。学生か社会人かは問うていない」と説明。採点の質への不安はますます高まっている。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)