韓国人観光客激減で長崎「対馬市」に漂う絶望感 焼き肉屋と民宿経営者が実情を語る

韓国人観光客激減で長崎「対馬市」に漂う絶望感 焼き肉屋と民宿経営者が実情を語る

対馬の厳原港(Saigen Jiro/Wikimedia Commons)

 過去最悪と言われる日韓関係の影響で、10月に日本を訪れた韓国人旅行者は、前年同月比65・5%減と落ち込んでいる。「デイリー新潮」では9月末(9月25日配信)に、韓国人旅行者が多いことで知られる長崎県対馬市の惨状を報じた。それから2カ月。今、対馬はどうなっているのだろうか。

 ***

 国境の島・対馬市は、韓国・釜山から49・5キロしかなく、高速船だとわずか70分で着く。そのため、対馬は韓国人にとって日帰りもできる海外渡航先として人気だった。2000年に韓国の海運会社が釜山〜対馬(比田勝港・厳原港)間の定期運航を始めた時、韓国人観光客は年間7500人ほどだったが、11年にJR九州高速船や韓国の海運会社も乗り入れると、右肩上がりで増加。11年に4万6000人だったのが、12年は約15万人、13年は18万人を突破。年々増え続け、昨年は40万9882人と40万人の大台を超えていた。

 韓国人観光客の島内消費額も右肩上がりで、12年の消費額は33億3100万円。17年は約35万6000人の来島で、79億4100万円だった。このうち、化粧品や医薬品などの土産物の購入費は51億4800万円に上った。対馬市の人口は3万503人(19年8月)。そこに年間約41万人の韓国人が訪れるというのだから、対馬の経済は韓国人観光客で成り立っていると言っても過言ではないだろう。

 ところが、今年7月に、日本が韓国に対して半導体材料などの輸出管理を厳格化すると発表してから、韓国人観光客が激減したのである。

 対馬市観光商工課によれば、

「7月は、前年同月が約3万4000人だったのが、4割減の約2万人、8月は前年同月が約4万人で、8割減の約8000人まで落ち込みました。9月は、前年同月が6万4000人で、9割減の6700人、10月は前年同月が7万2000人でしたが、9割以上減となる6000人まで落ち込んでいます。11月も同様の落ち込みとなりそうです。対馬の比田勝港では5社の海運会社が運航していましたが、すでに2社が運休。厳原港は2社の運航でしたが、2社とも運休しています」

 比田勝港では、12月からさらに2社が運休するという。運航を続けるのは、JR九州高速船だけとなるが、

「当社は、福岡〜釜山と、対馬(比田勝港)〜釜山の2つの航路を持っていましたが、日韓関係悪化の影響で、8月中旬から対馬〜釜山便は、福岡〜対馬〜釜山という航路に変更しました」(JR九州高速船企画部)

 1日2往復していた対馬〜釜山便は、福岡から対馬経由の釜山便の1往復になった。日韓関係が悪化する以前、5社が運航していた比田勝港〜釜山便は週に40便ほどあったが、12月から7便だけとなる。


■観光業から手を引く


 対馬市議会議員の大浦孝司氏がこう語る。

「韓国の徴用工の判決については、日本政府はいまだに納得していないでしょうし、韓国に対して行われた半導体材料の輸出管理の厳格化は、韓国企業に大きな影響を与え、それを根に持っている韓国人は少なくないと思います。けれども、歴史的に見ても、対馬と朝鮮半島は深い関係にあります。江戸時代には、対馬は幕府から朝鮮半島との貿易の独占権が与えられていました。今、日韓両政府の関係が過去最悪と言われていますが、対馬市と釜山市はお互いにすり寄ってもいいのではないか。今後は、釜山市長にまた韓国人観光客に来ていただけるよう働きかけていくつもりです」

 ちなみに、史実を紐解けば、3世紀頃の中国の文献『魏志倭人伝』には、対馬は朝鮮半島と交易していた状況が記されている。元々対馬の経済は、朝鮮との交易に頼っていたという。1592年の豊臣秀吉の朝鮮出兵では、対馬は存亡に関わるほど大きな打撃を受けたが、江戸時代になって、対馬は朝鮮との修好回復に努め、慶長12年(1607)に朝鮮との国交回復を果たす。その功が認められ、江戸幕府から対馬は朝鮮との貿易の独占権が認められたという。対馬は朝鮮へ銅、すず、丹木、胡椒などを輸出し、朝鮮から木綿、朝鮮人参、豹皮などを輸入した。対馬と朝鮮の交易の場所は現在の釜山にあり、「倭館」と呼ばれ、そこに貿易所や宿泊所などが設けられた。そこでは対馬の人が400〜500人常駐していたという。

 大浦氏は、韓国人観光客向けに焼き肉店を営んでいるが、

「韓国人が好きな猪肉を出す焼き肉店ですからすごく人気があって、年間2万人の韓国人が来店していました。それがゼロになりました。国内客相手にしようとも考えましたが、福岡から対馬までの航空運賃は片道1万4000円もします。地方路線だからLCCは参入しません。これでは高すぎて国内客は対馬に来ません。韓国との関係を改善するしか生き残る道はありません」

 民宿「REN」を経営していた糸瀬政吉氏もこうぼやく。

「9月から韓国人観光客がゼロとなり、10月末で民宿を畳みました。今年9月5日に東横INNがオープンしました。長崎県が補正予算を組み、オープン当初から宿泊料を値引くキャンペーンを始めました。航空運賃を含めた宿泊料を9800円に設定したが、なぜ東横INNだけ応援するんだという抗議の声が地元から上がった。その結果、11月から来年2月まで他のホテルや民宿なども1人当たり3000円の割引キャンペーンを行うことになりました」

 しかし、これらの対応策は無駄になるという。

「韓国資本の飲食店や宿泊施設は、どんどん撤退して本国へ戻っているし、10社あったバス会社は、3、4社が撤退、残った会社は従業員1人か2人だけ残して、あとは全員解雇されています。県は、9月から企業1社あたりに金利1・3%で3000万円まで融資する制度を設けましたが、借りる人なんてほとんどいませんよ。韓国人観光客が戻ってくる保障がないからです。韓国人観光客が戻らなかったら、借金だけが残るわけですからね。繁華街も寂れて、店もどんどん閉まっています」

 糸瀬氏は、今後はどうするのか。

「もう、観光業からは手を引きます。対馬は、ブリ、サバ、アナゴ、太刀魚、アジなど海産物が豊富で、築地にも出荷していました。海産物を加工販売できないかと現在、模索中です……」

 お気の毒というほかはない。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月26日 掲載

関連記事(外部サイト)