「山尾志桜里」が地元を放置で連合愛知が呆れ顔 例の男と“二人の世界”に浸る日々

「山尾志桜里」が地元を放置で連合愛知が呆れ顔 例の男と“二人の世界”に浸る日々

山尾志桜里

■地元有権者と交流ゼロ!?


 立憲民主党の山尾志桜里・衆議院議員(45)と言えば、どのような印象をお持ちだろうか。2016年、ユーキャン新語・流行語大賞のトップ10に「保育園落ちた日本死ね」が選ばれ、受賞者として出席した姿だろうか。

 ***

 はたまた17年、週刊文春が9月14日号に「山尾志桜里(43)イケメン弁護士(9歳下)と『お泊まり禁断愛』」の記事を掲載すると、最後まで不倫を否定し続けた、お騒がせ議員としての姿だろうか。

 政治家としての注目度は、いまだに高い。ファンもアンチも多いようだ。しかしながら、以下にご紹介する新聞記事は、単なる「好き/嫌い」の問題ではない。山尾議員の政治家としての“姿勢”に関するものだ。朝日新聞が10月29日、名古屋地方版に掲載した「連合愛知が定期大会」という記事をご覧いただきたい。

《連合愛知は28日、定期大会を開き、佐々木龍也会長が記者会見で次期衆院選に向け、候補者調整がついていない小選挙区について、「国民民主党と立憲民主党でしっかり話しあい、与党を利することがないような対応をしてほしい」と述べた。また、愛知7区の山尾志桜里衆院議員(立憲)について「地元に戻ってこない」と話した》(註:引用はデイリー新潮の表記法に合わせた。以下同)

 前半部分の候補者調整について注文をつけたくだりは、よくある話である。だが後半部分は極めて珍しい。

 17年の衆議院議員選挙で、山尾議員は無所属で立候補。連合愛知は推薦を見送ったという経緯はある。そうはいっても、民主党時代には散々、世話になったはずだ。今も大切な支持母体であることも間違いない。その連合愛知のトップが公然と名指しで批判したのだ。

 小選挙区制の下、国会議員で地元に帰らない者など、普通はあり得ない話だ。国会議員は平日こそ東京で仕事に励むが、週末は地元で支援者と交流を深める。でなければ、次の選挙で当選できない。

 一体、山尾議員に何が起きているのか、彼女のフェイスブックを見てみよう。SNSでの発信には力を入れているらしく、更新頻度は高い。

 時系列を遡っていくと、自身がニコニコ生放送で配信する番組「山尾しおりのSERENDIPITY」の告知、民事訴訟の記録が資料価値の高い裁判でも破棄されている問題、そして改憲問題――これが投稿の3本柱だ。

 その他、香港のデモや女性天皇制など、時事的なテーマに意見を述べたものも目立つ。だが、彼女の選挙区である愛知7区、つまり瀬戸市や大府市など6市1郡に触れた記事は全く表示されない。


■“諫言”にも耳を傾けず


 何度も、何度も画面を下にスクロールさせると、地元活動に関する記事がやっと出てきた。日付は8月24日、選挙区の東郷町で開催された平和記念式典に参列したという内容だった。

 これがどれだけ珍しいことか、立憲民主党の国会議員が運営している、他のフェイスブックと比較してみよう。まずは枝野幸男代表(55)だ。

 枝野代表は山尾議員と対照的で、フェイスブックはあまり更新していない。最新記事は何と17年10月21日、第48回衆議院議員総選挙の投票日前日というものだ。記事の書き出しは「大宮で街頭からの選挙運動を締めさせていただきました」となっている。枝野代表の選挙区は埼玉5区。当然ながら大宮区は入っている。

 もっと更新に熱心な立憲民主党の議員として、最高顧問を務める海江田万里議員(70)を見てみよう。ちなみにフォロー数も、山尾議員の約1万5000人に対し海江田議員も約1万人と、規模も似ている。

 11月29日に掲載された記事の1本は、桜を見る会の問題点を指摘したり、日本銀行の黒田東彦総裁(75)に質問を行ったりしたという報告だった。

 27日は党の税制調査会、羽田空港の新飛行ルート問題の懇親会について触れた。ここまでは国政レベルの投稿ばかりだったが、26日には地元の東京1区で開いた「秋の学習会&国政報告のつどい」についてレポートした。

 23日には港区内で餅つき大会に参加した様子が写真と共に掲載。19日には港区老人クラブ連合会主催の第43回芸能大会で挨拶、17日には新宿区の鶴巻南公園で行われた新宿民商・土建まつりに参加して挨拶――という具合だ。

 これこそが普通の国会議員であり、だからこそ山尾議員の“特異性”が浮かび上がるわけだ。愛知県の政界関係者も呆れた顔で言う。

「山尾さんは今年春の統一地方選でも、一切、手伝おうとしませんでした。地元の連合も業を煮やし、ご本人の耳に“諫言(かんげん)”が届くように動いたのです。しかし、それでも全く意に介さないようです。彼女は『地元に戻らず、新しい選挙のやり方を模索する』と考えているそうです」

 改めて振り返ってみれば、山尾議員は東大法学部を卒業し、02年に司法試験に合格。04年に検察官に任官した。法曹家としての自負もあるのだろう、フェイスブックを見ていると改憲問題には並々ならぬ意欲を抱いていることが分かる。

 だが、立憲民主党は改憲論議には慎重な姿勢を示している。そのため彼女が党内で浮いた存在になっているという。

 まず昨年8月に山尾議員は『立憲的改憲──憲法をリベラルに考える7つの対論』(ちくま新書)を上梓。今年8月には時事通信のインタビューに応じ、「野党も建設的提案を=山尾志桜里立憲民主憲法調査会事務局長−改憲論議を問う」の記事が配信された。

 この中で山尾議員は《法案審査と違い憲法改正については最後に国民投票がある。野党は自ら建設的な提案をしていくことで、国民に論点を提示し、議論をリードしていくべきだ》と訴えた。


■地元有権者の判断は?


 これに異を唱えたのは枝野代表。同じ時事通信は11月7日、「立憲・山尾氏、憲法の中身議論を 枝野氏は不快感」と報じた。

《立憲民主党の山尾志桜里衆院議員は7日の衆院憲法審査会で、憲法審の今後の議論について「憲法の中身の自由討議を行うべきだ」と主張した。国民投票をめぐるCM規制の議論を優先する党の立場と異なり、枝野幸男代表はこの後の記者会見で「国会の議論の段取りは国対マター」と述べ、不快感を示した》

 政治担当記者は「政治家として信念を持っているのでしょうが、先走って“立憲民主党による改憲”を主張しても、他の人たちは付いてこないでしょう」と指摘する。

「自民党や維新の議員からは、山尾議員と党の方針が食い違っていることを問題視されており、党も対応に苦慮しているようです。水面下では山尾議員に自重を求めているそうですが、聞く耳を持たないというのが実情だと言います。『最近は山尾さんの表情がなんだか怖くて、声をかける気もしない』と漏らしている立民の議員もいます」

 やはり“男性問題”も燻り続けている。週刊文春に不倫相手と報道された、倉持麟太郎弁護士(36)との“密接な関係”は、現在も変わらない。

「山尾議員は文春の報道に『不倫関係ではない』と潔白を主張、逆に倉持弁護士を山尾事務所の政策顧問に迎え入れるという強行突破作戦に打って出ました。18年2月に離婚していたと報じられましたから、確かに法的には問題ないとは言えます。とはいえ、文春は今年5月にも、山尾議員と倉持弁護士が国会に無届けで海外旅行に出かけたことを報じ、謝罪に追い込まれました。地元の有権者は呆れ返っていますし、連合愛知からは『このままでは次の選挙は応援できない』との声が出ています」(同・政治担当記者)

 山尾議員の公式サイトには「what is essential is invisible to the eye」という英文が掲げられている。グーグルで検索してみると、どうやら出典は『星の王子さま』(サン・テグジュペリ)らしい。

 フランス文学者の内藤濯(1883〜1977)は、これを「かんじんなことは、目に見えないんだよ」と訳した。確かに地元の有権者が何を考えているかは「かんじんなこと」であり、有権者の内面こそ「目に見えない」ものであるはずなのだが……。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月5日 掲載

関連記事(外部サイト)