13年間義母を介護した城戸真亜子さんが語る「介護と排泄」現場事情

■白髪になってからでは手遅れ!「介護と排泄」現場(1/2)


 現在の日本で、介護を要すると認定されているのは660万人。この20年間で3倍に増加するなど、まさに国民的課題と言える。当事者にとって深刻な問題なのが「排泄」の処理だ。

 ***

 約半世紀前にベストセラーとなった有吉佐和子『恍惚の人』は、高齢社会の実態を詳(つまび)らかにした先駆的な作品である。その中で印象的なのは、主人公が、布団の中で粗相をした義父のオムツの後始末をする場面。

〈一枚や二枚のタオルでは足りず、遂にバケツに少量の石鹸水を落して、微温湯(ぬるまゆ)で丁寧に拭き潔(きよ)めた〉

〈死ぬと言われている老人が、これだけの物を押し出すには随分力がいったと思われるのに、熱の中で昏々(こんこん)と眠りながら(中略)排泄をしたのだろうか〉

 主人公が「髪を逆立てるようにして」処理をする一方で、夫はその光景を、身体を強張らせて見つめるだけだった。

 それから四半世紀後、やはりベストセラーとなったのが、佐江衆一の『黄落』である。

 寝たきりとなった実母の“下の世話”をする主人公。母のオムツを取ると、下半身があらわになる。

〈私は目をそらした。(中略)母の陰毛があった。(中略)母の繁みが女のしるしを剥き出していた。左の太股がわずかに動き、膝を少し立てて、母は隠そうとした。介助なしには生きられない八十八歳の母が、息子の私に見せた生身の女の羞恥の仕種(しぐさ)だった〉

 所詮、人間は獣の一種だ。どんな聖人君子であっても、食べ、眠り、そして出す……その営みから逃れることは出来ない。そして「介護」という“特殊状況”に追い込まれると、普段隠されてきたその事実が顕在化し、介護する側も、される側も当惑する……。

「私も排泄ケアには考えさせられました」

 と言うのは、画家でタレントの城戸真亜子さん。城戸さんは本業の傍ら、義母の介護を13年間続けた経験を持つ。

「はじめの頃は時折ズボンのあたりが臭うかな、という程度。それがだんだんと日常茶飯事になっていきましたが、義母は認めたがらなかったんです。介護が本格化してきても、その気持ちは変わらず、腰椎圧迫骨折を起こした時には、近くのベランダで用を足そうとしていたこともありました。トイレで排泄できないことがどれだけ苦痛で、人に隠したいことなのかを痛感しました。朝、なかなか起きたがらなかったのも、漏らしているかもしれないという、恐怖ゆえだったと思います。私もその話題はしないように努めました」

 城戸さん自身は、排泄ケアにはそれほど苦痛を感じなかったという。

「義母を快適にするためにはどうすれば良いのか、試行錯誤が楽しくて……。オムツから頻繁に漏れることがあれば、その部分だけパットを重ねたり、寝ている時と日中では排泄物が伝う方向も違うので着け方を変えたり……。病院でウォシュレットのようにボトルから水をかけて汚れを落としているのを見た時も、マネして食器用洗剤の容器で代用したり。これには義母も快適そうでした」

 DIYのようで楽しかった、と言うのである。

 その後、特別養護老人ホームに入っても、排泄との“付き合い”は続く。

「とてもよくしてもらったのですが、施設だと、どうしても入居者全員に意識を向けることは出来ません。不快感のためにオムツの中に入れた手を排泄物で汚してしまうこともあったそうです。これはオムツ替えが遅れたことが原因です」

 義母は2年前に大往生を遂げたが、未だに当時の日々を思い出す、というのだ。

■無気力状態


「排泄ケアは大きな苦労を伴います」

 と述べるのは、NPO法人「日本コンチネンス協会」でアドバイザーを務める、梶原敦子氏である。

「介護する側は、被介護者がトイレに行ける場合はもちろん、行けない状態でも、身体を動かし、シーツを替える身体的負担は大きい。介護する側が骨折してしまったという例も多く聞きます。また、食事やお風呂に比べて、排泄は時間がコントロールできない。家にいても出かけていても、昼も夜も常に気になります。夜中に眠れないことで悩む方はたくさんいる。そもそも、自分の親が排泄ケアを受ける状態になっていること自体を受け入れるのが辛いという方もいます」

 される側も同様で、

「局部や排泄物を見られることへの羞恥心や、申し訳ないという思いにさいなまれてしまう方がほとんど。ですが、その気持ちもだんだんと諦めに変わってしまって、無気力状態に陥ってしまう人もたくさんいます。認知症の方々の中には、オムツや汚れた下着をタンスの奥などに隠してしまう方もいるくらい。また、お年寄りの皮膚は非常に弱く、スキントラブルが起きやすいし、膀胱に菌が入り込んで尿路感染症を起こすなど、最悪の場合、命にかかわる病気をも引き起こすのです」

 する側/される側、そして、精神的/肉体的それぞれに大きなストレスとリスクを生むのが、介護の現場における「排泄処理」である。

 介護大国、日本では、それらを少しでも軽減するために、さまざまな工夫がなされている。現場事情を見ていこう。

■排泄予測デバイス


 排泄を事前に察知できたら……そんな願いに応えたのが、「世界初の排泄予測デバイス」と謳う、「DFree」(写真1)である。

「現場の評価は高く、“失禁が減った”“入居者の自立に役立った”“夜間の労働量が減った”という声があり、とても手応えを感じました」

 と述べるのは、開発した「トリプル・ダブリュー・ジャパン」社の中西敦士代表である。

 超音波センサー部を下腹部に装着することで、膀胱の変化を捉え、その情報をスマホやタブレットに表示する。介護者はそれを基に、被介護者をトイレに連れて行ったり、尿瓶を当てたりして備えるのだ。

「介護現場における夜間のナースコールの4割はトイレに行きたい、という調査結果もあります。しかし、その中には、尿が溜まっている人もいる一方、気のせいという人もいる。DFreeがあれば、取るべき対応を判断することが出来ます。介護現場の転倒の4割程度はトイレに行く途中に起きる。排泄を予測することが出来れば、こうしたリスクも軽減できます。また、介護を受ける方にもメリットは大きい。介護現場では、夜間、1時間に1度は見回りをしていますが、その際にオムツのチェックで身体を触られることで眠りが浅くなり、起きてしまって徘徊する人もいる。それを防止できるのです」

 課題は肥満や身体の作りの関係で、測定がうまくいかない人がいること。そして、よりニーズの高い、排便のデバイスがまだ開発途上ということか。価格は5万円超。今後の発展に期待、である。

■高性能な日本の介護用品


「日本の介護用品は、世界的に見ても、高性能で技術が進んでいます」

 とは、排泄用具の情報館「むつき庵」代表の浜田きよ子さん。

「排泄センサーは、確かに“あったらいいな”とは思いますが、膀胱の位置は人それぞれで、センサーをうまく当てられないこともあります。目的によりますが、排泄ケアに役立つものは、簡便な商品でもたくさんあります」

 そう述べる浜田さんのおすすめは、まず、ポータブルトイレ。(写真2)を見ていただきたい。「アロン化成」社の「トワレットチェア」。どこからどう見ても椅子にしか見えないが、これ、トイレなのである。また、(写真3)は、「ウチヱ」社の「たため〜る」。椅子のように見える上に、折りたたみも可能。

 浜田さんは言う。

「こうしたポータブルトイレは、介護者、被介護者双方に排泄ケアの存在を意識させにくく、心理的な負担を軽減させます。人が見ても気になりません。さらには、ポータブルトイレに使い捨てのトイレ用紙バッグをつければ、バケツを洗う手間も省けますし、臭い対策にもなります」

「ハレルヤワークス」社が発売する「ポイレット」は、その一つ。ポータブルトイレは通常、ポットに水を張り、排泄物を捨てる際には、それを取り外して中身をトイレに捨てる必要がある。が、これをポットにセットするだけで、洗う手間がなくなり、バッグを可燃ゴミとして捨てるだけで済む。

 前出・コンチネンス協会の梶原アドバイザーも言う。

「排泄をすると、自動的に泡が出て消臭してくれるポータブルトイレや、温水洗浄機付きのものもあります。また、男性用の尿器には、逆流防止弁がついていることで、2〜3回繰り返し使えるものもあります。こうした商品は、介護保険の特定福祉用具の購入対象商品ですから、保険が適用され、1〜2割の負担額で購入することが出来るのです」

 内閣府のアンケートによれば、介護経験者の6割超が、苦労したことは「排泄」であると答えている。

 これらの商品はそうした困難を軽減するもので、対症療法とも言える。症状が出てから“他力”で対処するものだが、他方で予防法、つまり、“自力”で準備が出来るケースもある。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年12月12日号 掲載

関連記事(外部サイト)