雅子皇后「17年ぶり」肉声ご会見は実現されるのか? 令和2年目の正念場

雅子皇后「17年ぶり」肉声ご会見は実現されるのか? 令和2年目の正念場

まもなく進路が定まる愛子さま

■「雅子皇后」お誕生日「ご感想」に隠された異変(2/2)


 雅子さまが皇后となられて初めて迎えられた12月9日のお誕生日。その「ご感想」が記者会にリリースされたのは、当初の予定から丸2日間延期する形の8日夕刻だった。侍従職は遅れの理由を「ご体調にお疲れがみられるので」と説明し、また先んじて出された「医師団見解」からは、天皇陛下ご即位に伴う一連の行事で、疲れを蓄積されているご様子がうかがえるのだ。これがいつどのような形で現れないとも限らない。

 ***

「きたる26日には、台風19号被災地のお見舞いで、宮城・福島両県への日帰りの行幸啓が予定されています。新幹線でのご移動では間に合わないので、当日は上皇さまがなさってきたように自衛隊のヘリに乗ってピンポイントで回られることになりそうです」(宮内庁関係者)

 年の瀬の“強行軍”の背景には、年内にどうしてもお見舞いしたいという両陛下の強いご意思があったという。さらに懸念されるのは1月の新年行事で、

「雅子さまは今年の元日、皇居・宮殿で催された三権の長らによる祝賀を受ける新年祝賀の儀に16年ぶりにご出席なさいました。さらに、2004年から休まれている歌会始の儀にもお出ましになる見通しでしたが、折悪しく風邪をひかれ、講書始の儀ともども欠席なさるしかなかった。来年は皇后となられて初めての歌会始で、お気持ちは漲っておられるでしょうが、歌会始は定められた所作があるなど、やはりお体へのご負担が大きいのが心配です」(同)

 加えて当日は、

「例年、歌会始はNHKで生中継されるのです。長時間にわたってご自身のお振る舞いがリアルタイムで全国に流れるという状況は、慣れない御身にとっては重圧となりかねません」(同)

 というのだ。


■大嘗宮も見学されて


 さる皇室ジャーナリストが解説する。

「1月末には愛子さまの通われる学習院女子高等科の学内テストも終わり、4月からの内部進学先が決まる。それまでは雅子さまも、ご安心できない日々が続くのではないでしょうか」

 その愛子さまは、一連の御代替わりの儀式におけるご動静が伝わってきており、

「10月22日の即位礼正殿の儀は、ご自宅のテレビで熱心にご覧になり、また11月10日の祝賀パレードも、出発時に正門石橋から見守られていたといいます。さらに先日、一般公開された大嘗宮も、悠仁さまに続いてお忍びで見学なさっていた。およそ30年ぶりの行事に深い関心をお持ちなのに加え、10月の共同通信の世論調査では実に約82%が女性天皇に賛成と答えている。ご両親を巻き込むことはできないため、あるいは愛子さまは『ひとり帝王学』を実践されているのでは……などと拝察いたします」(同)

 そうした愛娘のご様子も合わせ、宮内庁の記者会では現在、雅子皇后の肉声を伺うべく会見を要請しているところだという。

「02年12月、東宮時代の両陛下がニュージーランド・オーストラリアご訪問の際に行われたのを最後に、雅子さまは会見に臨まれていません。すなわち17年間、国民に肉声が届いていないのです」(宮内庁担当記者)

 今回のお誕生日に際し、その要請は聞き入れられなかったというのだが、全国紙デスクは、

「平成の時代、現在の上皇ご夫妻は1989年8月にご即位に際しての会見に臨まれ、さらに90年12月には上皇さまのお誕生日に合わせ、お二人で会見されている。今後、たとえば年を越して2月の天皇陛下のお誕生日や、ご即位から1年といったタイミングで雅子さまが同席なさる会見があってしかるべきでしょう」

 振り返れば09年12月のお誕生日、

「ご病状を詳述しようとした東宮職医師団の見解に難色を示され、雅子さまが御自ら公表にストップをかけられたことがあった。結果、『ご感想』から2カ月遅れて見解が発表されるという事態に。また11年暮れには、雅子さまの意を受けた医師団が『週刊誌批判』を盛り込むなど、メディアへの敵意を露わになさったこともあったのです」(同)

 先の宮内庁関係者は、

「そうした時代と比べると、今は全く別の風が吹いています。それは今回、皇后さまが記されていた『思いがけないほど本当に温かいお祝い』とのお言葉に集約されている。今後、ご自身の肉声を国民に届けられれば、そうしたお気持ちも一層強まることと思います」

 令和の2年目こそ、正念場だというのだ。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)