「暴れる小学生」「叱責に耐えられない若手社員」急増の裏に「ほめる子育て」

「暴れる小学生」「叱責に耐えられない若手社員」急増の裏に「ほめる子育て」

ここまで介入するか

■家庭の躾けにまでお上が介入 厚労省「体罰」指針の暗愚(2/2)


 厚労省は12月3日、体罰の指針案を発表した。挙げられる体罰には「友達を殴ってケガをさせたので同じように殴った」「他人のものを盗んだのでお尻を叩いた」といった例が並ぶ。背景にあるのは、相次ぐ虐待死を受けて来年実施される改正児童虐待防止法だ。

 また指針では、指示するのではなく問いかけること、ほめることが推奨されてもいるが、こうしたお上の介入に識者からは疑問の声が投げかけられている。

 ***

 指針案では、欧米流のほめて育てる姿勢が強く推奨されている。『ほめると子どもはダメになる』(新潮新書)の著書がある、大阪大学大学院の元助教授で、MP人間科学研究所代表の榎本博明氏は、日本の家庭では子供に「わざわざほめ言葉を言う必要がない」と訴える。

「日本は元来、欧米にくらべ母性原理が強く父性原理が弱い。つまり、日本の親は欧米の親より甘く、躾けも厳しくないことが、日米比較研究などで明らかになっています」

 もう少し具体的に語ってもらおう。

「欧米では子供が幼いころから親が添い寝しませんし、入浴も一人でします。個人を能力や個性で区別するのが当たり前と見なされ、能力の乏しい人は切り捨てられ、小学生から留年が当たり前です。日本よりも親子間の心理的距離があり、躾けも厳しいから、ほめることが重要なのです。一方、日本は切り捨てない社会が前提で、学校でも会社でも落ちこぼれを出さないことが重視されます。親子の心理的距離がはるかに近いので、わざわざほめ言葉を言う必要はありません。口では厳しいことを言うことで、子供につい甘くなる心を中和してきたのです」

 しかし、その日本社会で、厚労省の指針案が出るずっと以前から、ほめて育てることがもてはやされるのに反比例し、叱ることはタブー視されてきた。

「ほめられるだけで叱られず、いつもポジティブな気分の子供たちは、ネガティブな状況に耐えられない」

 と榎本氏は指摘し、東京都国立市の元教育長で教育評論家の石井昌浩氏も、

「腫れ物に触るかのように子供に接し続ければ、悪知恵のついた子は野放しになってしまいかねません」

 と危惧する。だが、榎本氏によれば、事態はすでに深刻なようである。

「注意や叱責に耐えられない、思い通りにならないと心が折れる、という若手社員に戸惑う企業の声を聞きますが、原因の一つが忍耐力の欠如だと思います。2016年、山形県の放課後児童クラブ等の関係者を対象に行われた調査では、子供たちの傾向として“忍耐力がない子が増えていると思う”と答えた人が86%に及び、“協調性がない子が増えている”が80%、“友達とうまく遊べない子が増えていると思う”が76%、“わがままな子が増えていると思う”“傷つきやすい子が増えていると思う”などが75%でした。忍耐力や協調性が乏しい子が増えているという感覚は、現場では認識されているのだと思います」


■暴れる小学生が急増中


 だが、榎本氏の次の指摘は、もっと怖い。

「文科省の18年度の調査を見ると、教育機関における児童・生徒の暴力行為の発生件数は7万2940件で、内訳は小学校が3万6536件、中学校が2万9320件、高校が7084件。これまでは中学校がダントツで、11年までは小学校での発生件数は高校よりはるかに少なかったのに、いまや高校の4、5倍です。子供の衝動のコントロール力が、いかに低下しているかがわかると思います」

 そして、こう続ける。

「昨今、教師も体罰やハラスメントに敏感で、学校できつく叱ることが難しくなりました。だから、学生からは“学校に遅刻しても怒られなかったけど、バイトで遅刻したら怒られたからキレて辞めた”なんて話も耳にします。先生が厳しく指導できない以上、子供を躾けて社会性を身につけさせられるのは親しかいない。それなのに、法で体罰を禁止したら、親が萎縮して、子供に厳しく対峙できなくなります。我慢できず、思い通りにならないとキレて暴れる、あるいはひどく落ち込む子供が、ますます増えてしまうと思います」

 厚労省の指針案も法改正による体罰の禁止も、躾けの名を借りた体罰、ひいては虐待を防ぐためのものだったはずである。だが、叱られずに育ち忍耐力に欠けた子供たちが親になり、子供という思い通りにならない存在を前にしたとき、つい暴力に走ってしまう危険性を否定できるだろうか。できないとすれば、これほど皮肉な話もあるまい。

 では、お上はなにをすべきか。子育てに一家言ある俳優の梅沢富美男氏が言う。

「児童虐待は昔もありましたが、周囲がいい意味で干渉しあっていたので、子供が死んでしまうような痛ましい事件は、未然に防げたことが多かったように思います。いまは隣にだれが住んでいるのかわからないことも多く、おかしいと感じても、児童相談所への通報が難しい面もあると思います。だから児相に、家庭に立ち入れる権限を与えたり、威圧的、暴力的な親の前で動じない職員を増やしたりすることが、一番の課題ではないでしょうか」

 評論家の大宅映子さんも同様の必要性を説きつつ、

「かわいいわが子を殴り殺したり、溺死させたりする親が、罰則なしの法律ができたからといって、虐待をやめるとは思えません」

 と言い、厚労省の指針案がいかに暗愚かを説く。

「他人のものを盗むとか友達を殴るとか、大人がやれば刑法で罪に問われるようなことを子供がしたら、親が激怒するのは当然ですし、手がちょっと出ることもあると思います。程度を超えた体罰は問題ですが、“早く支度しなさい”と言わずに“出かける時間だね。そろそろこの服に着替えよう”と声をかけるだなんて、そんな些細なことまでお上が大人を指導するのは、気分が悪いですね。猫なで声で親になにか言われたら、私が子供なら反発します。父は踏んづけられても自分で起き上がれるように育てる“雑草教育”が大切だと言っていました。親が助けてあげられるうちに、子供は一度踏んづけられる経験をしておいたほうがいい、というのが持論でした」

 そして、こう締める。

「それぞれの親子関係にある文脈を顧みず、一律に厳しさを排除するような指針をお上が振りかざせば、子供はますますだれにも厳しくされないまま、社会の荒波に放り出されるようになるのではないでしょうか」

 荒波に揉まれても、そのたびに体勢を立て直せる大人を増やすこと。ひいては、それが虐待防止にもつながることは、火を見るよりも明らかなはずだが。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)