刑務所で受刑者は年末年始をどう過ごすのか おせち料理も用意、贅沢という指摘も…

刑務所で受刑者は年末年始をどう過ごすのか おせち料理も用意、贅沢という指摘も…

刑務所でおせち 贅沢指摘も

 日本では、多い時で年間230万件ほど検察に身柄ないし書類が送られる。その中で刑務所に収監されるのは年間3万人ほどである。つまり、仮に警察のお世話になったとしても、刑務所に送られるのはたった2%にも満たない。ましてや、真面目に暮らしていれば、刑務所は間違いなく無縁の場所である。そんな知られざる世界での生活をリアルに再現してくれる新書「もしも刑務所に入ったら」(ワニブックス)が発売された。著者の河合幹雄氏に受刑者の生活、そして年末年始の過ごし方について聞いた。

 ***

 まず、刑務所に入るとき、受刑者には絶対避けては通れない“儀式”が待ち受けている。

「“検身”と言われているもので、刑務所内に危険物を持ち込んでいないかボディチェックが行われます。受刑者は全裸にされ、複数の刑務官に囲まれて、サインペンほどの大きさのガラス棒を尻の穴に突っ込まれる。これで受刑者は人間の尊厳が失われ、プライドはズタズタに打ち壊されます。検身は、江戸時代から続いています。肛門はほぐせば何でも入る。剃刀やヤスリなどを埋め込んだ石鹸を入れることも可能ですからね」

 と解説するのは、著者の河合氏である。同氏は、法務省刑事施設視察委員会委員長として、刑務所だけでなく少年院や女子少年院など、全国の矯正施設を視察してきた。「日本一、刑務所に入った男」である。

 刑務所の一日は、午前6時45分の起床から始まる。受刑者は起きるとすぐに、敷布団、掛布団、枕、寝間着の順に綺麗に畳んで重ね、正座の姿勢で点呼を待つ。7時に開房点検(点呼)があり、それが終わると、配食係が朝食を配る。

「刑務所の食事は、朝、昼、夕の3食で計400円ですので、最も安い食材を使っています。米は古々米で、麦を3割まぜています。昔は麦6白米4の時代があって、刑務所を“ムショ”と呼んだのはこの割合にちなんだとの説もあります。食事には必ず汁物がついていて、基本は味噌汁ですが、吸い物やぜんざい、ラーメンがつくことも。そして、とんかつやカレー、おでんなどのメインメニューが1品、サラダや漬物などのサイドメニューが3品ほどついてきます。調理をするのは受刑者で、腕っこきの料理人がいるので、決して不味くはありません」

■カンカン踊り


 受刑者が生活する雑居房は、10畳から16畳ほどの広さで、そこにはトイレ、私物置き場、テレビ、洗面台、折り畳み式テーブルや座布団、食器棚が設置。6人ほどの受刑者が収容される。朝食は7時10分から7時25分までに済ませ、トイレ、洗顔後、7時40分に出房。つまり舎房を出て、木工品や金属製品、革製品などを作る生産工場に向かう。舎房を出入りする際は、「〇番出ます!」「〇番入ります!」と大きな声で言わなければならない。受刑者には番号が割り振られており、刑務所内では番号で呼称される。

「工場へ向かうときは、『オイッチニイ、オイッチニイ』と声を張り上げ、両手を肩の位置まで振り上げて行進します。タイムマシンで戦前の日本に戻ったような気分になりますよ。刑務所は、軍隊そのものです。工場への出入りの際に、危険物を所持していないか検査します。全裸になって、両腕を頭の上に組み、足を踏み鳴らします。これをカンカン踊りと呼んでいます」

 午前8時から刑務作業開始。作業中の私語は禁止で、作業上の会話のみ許されるが、その場合は看守の許可が必要となる。11時40分に工場の食堂で昼食。午後は30分の運動時間(午前と午後にそれぞれ15分の小休憩が設けられている)があり、野球やジョギング、柔軟体操など、自由に体を動かすことができる。午後4時40分に作業を終え、舎房に戻る。午後5時に点呼があり、5時10分から夕食。その後は自由時間で、午後7時から9時までテレビを観ることができ、9時に消灯となる。風呂は週に2回(夏場は3回)。土日、祝日は、作業は休みとなり、朝食後は自由時間に。テレビは朝8時から10時、午後は6時から9時まで視聴できる。

「トイレは、朝食後、工場へ行くまで30分ほど時間がありますが、雑居房では6人いるわけですから、一人あたり5分ほど。受刑者はトイレの前で下半身はパンツ1枚になって、チリ紙を片手に持って待ちます。トイレに入るときは、教務官に『用便お願いします』と声をかけます。受刑者は何をするでも許可を得なければならないので、出所した当初は、自分の判断で行動ができなくなっています」

 むろん受刑者だからといって年中無休で働かされるわけではない。休日があり、土曜日、日曜日、祝日に加え、年末年始、お盆の時期には3日間の休みが与えられる。休日扱いではないが、「矯正指導日」も月2回あり、実質的に休日となる。

 刑務所には月に1回の慰問があり、歌手や漫才師、落語家など様々なジャンルの芸能人が訪れる。さらに月に1、2回休日に行われる映画観賞会、毎年10月に行われる工場対抗大運動会などのイベントが開催される。そんな中、受刑者にとって大みそかと正月は、一年で最も楽しみな日となるという。

「普段は午後9時までに就寝しなければならない受刑者は、大みそかだけは深夜0時まで起きていることが許されます。普段はテレビも午後7時から9時までしか観ることができませんが、NHKの紅白歌合戦だけは、特別に最初から最後まで観ることができます。とはいえ、29日から3日まである年末年始の休暇は、ほぼ1週間舎房にいることになるので辛い時間でもある。そうなると必然的に、唯一ともいえる楽しみは食事になります。この時ばかりは、受刑者はウキウキ気分。いつもと雰囲気が違います。普段の休日と同じように夕食は午後4時。さらに1時間後の5時には、年越しそばとしてカップ麺が出ます。配食係がカップ麺に直接お湯を注いで回ります。普段は口にできないカップ麺はシャバの味で、ごちそうです」

 正月はおせち料理も出るという。

「正月は一年に一度のハレの日で、食事は別モードとなります。元日の朝は、普段の朝食の他に、おせち料理と餅が出ます。刑務所側は『正月折詰め』や『折詰め』と表現します。

 ある刑務所のおせち料理を例にとると、トンカツ、チキンソテー、グラタン、海老塩焼き、鰆西京焼き、かまぼこ、紅白なます、黒豆、栗きんとんなど、コンビニの幕の内弁当に似た容器に一口サイズで詰め込まれています。おせち料理は、1月2日から3日の夜までに食べ切るように指示されていますが、ほとんどの受刑者は食べだすと箸が止まらなくなり、元旦に食べ切ってしまうそうです」

 さらに、餅について言えば、

「正月の三が日の昼食に、雑煮、海苔餅、ぜんざいを1度ずつ出してくれる刑務所もあります。正月の料理に関して、堀の外から、受刑者が豪華なものを食べているとの指摘もありますが、その程度は刑務所によって大きく異なります。餅も三が日に1回しか出さないところもあります。ただ、最近の刑務所の正月料理は豪華なメニューのことが多いようです。つまり、早く罪を償って刑務所を出れば、こんな美味しいものが食べられると、美味しい料理を通じて早期矯正を促しているとも言えます。しかし、受刑者の食事について年間で予算が決まっているので、おせちを豪華にする代わり、日々の食費を削っています」

 12月は、刑務所にとって退所ラッシュの時期だという。せめて正月くらいはシャバで過ごしほしいという配慮なのだが、逆に年末になると、犯罪が増える傾向にあるという。累犯者は、正月の食事事情を熟知している。正月のご馳走にありつこうとする者が現れるのだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月31日 掲載

関連記事(外部サイト)