熊谷男女4人殺傷事件 16歳少女の「やっちゃえ!」が生んだ地獄【平成の怪事件簿】

熊谷男女4人殺傷事件 16歳少女の「やっちゃえ!」が生んだ地獄【平成の怪事件簿】

「今も他人が包丁を手にしているのを見ると、腕がこんなふうに硬直してしまうんです」(※画像はイメージ)

 未成年が起こした平成の凶悪事件にあって、「熊谷男女4人殺傷事件」は特殊なケースといえるかもしれない。実刑判決を受けた少女は、自らが手を下すことはしなかった。「キモ過ぎ」「殺されて当然だよ」の言葉でもって、血みどろの殺戮を引き起こしたのだ。(上條昌史 ノンフィクション・ライター)

 ***

「今も他人が包丁を手にしているのを見ると、腕がこんなふうに硬直してしまうんです」

 被害者の一人A子さんはそういって、棒のように伸ばした腕をさすり、顔をゆがめた。2005年の取材時のことだ。

 天気の具合によって、刺された胸の傷跡が、すごく痛むという。そんなときは立っていられず、思わず屈み込んでしまう。夜は、ちょっとした物音に反応して起きてしまうので、ラジオをつけっぱなしにして寝ているという。

「事件の公判が始まってからは、円形脱毛症になりました。被害を受けたことによるPTSDだと診断され、今も東京の病院へカウンセリングに通っていますが、なかなか症状はよくなりません」

 A子さんは、犯人たちに6時間にわたって拉致されたあげく、目の前で知人たちを次々に殺傷され、最後は主犯格の男に小屋の中に連れ込まれた。口淫を命じられ、それを拒否すると、瞬間接着剤を鼻と口に塗布され、ロープを頸部に巻き付けられて絞め上げられ、胸を刺されて意識を失った。

「次はわたしの番だ…-」と思い続けた、恐怖の一日。そのとき体と心に受けた深い傷は、おそらく一生癒えることはない。そしてA子さんの怒りと無念さは、事件に関わっていた一人の少女に向けられる。

 2003年の夏、埼玉県熊谷市で起きた男女4人の拉致殺傷事件。その発端となったのは、当時16歳になる少女、吉村カオリ(仮名)の「やっちゃってよ」という一言だった。主犯格の男は、暴力団関係者の尾形英紀(当時26)、もう1人は15歳の少年Aである。

 尾形はカオリの言葉に煽られるように、カオリの元交際相手の鈴木秀明さん(享年28)を殺害し、その現場に居合わせた鈴木さんの同僚女性A子さんら3人を拉致、殺傷したのである。

 事件後、3人は逮捕された。カオリは・殺人ほう助罪などで起訴され、2004年11月18日、懲役5年以上10年以下の実刑判決を受けた。

 逮捕直後、カオリは自分には非がないと考えていた。しかし1年以上に及ぶ拘置所生活の中で次第に事件への自覚を持ち始め、反省の色を見せ始めたという。

 なぜ年端のいかない16歳の少女は、大人の男たちを手玉に取るような交際をし、凶暴な男をけしかけて、元交際相手の男性を殺害させるよう仕向けたのか。


■「やっちゃえ」


 カオリが鈴木さんに会ったのは、2003年の6月頃だという。熊谷駅周辺で飲食店従業員を勧誘していた鈴木さんがカオリに声をかけて、2人は知り合いになり、カオリは鈴木さんのアパートで寝泊まりするようになった。

 カオリは当時、家を出て、熊谷市内の友人の家を泊まり歩く日々を送っていた。寝る部屋を快く提供してくれる鈴木さんは、カオリにとって都合のよい友人だったのだろう。カオリによれば、2人の間には最後まで肉体関係はなかったという。

 そして同年7月上旬、カオリは同じく熊谷駅周辺で、妻子のある尾形英紀に声を掛けられ、今度は即日、肉体関係を持った。そして尾形が経営するゲーム喫茶店に出入りするなどして、尾形と交際するようになった。

 鈴木さんはカオリに対して、どのような感情を持っていたのか。同僚のA子さんによれば、鈴木さんは「最近彼女ができた」と、嬉しそうな様子を見せていたという。

 男性の家に肉体関係なしで寝泊まりしながら、別の男性と交際をする少女。そんなカオリにとって、鈴木さんの存在は次第に欝陶しいものになっていったようだ。

 この頃、カオリは尾形に対して、「奴は彼氏でもないのに、部屋にいないとすぐ電話をかけてきて、今どこだとか、誰といるんだとか、私のやっていることをしつこく聞いてくる。私の家の方まで探しに行ったらしい。奴は私を自分の彼女だと思っているみたい。本当にうざい。キモい奴だよ〜」と漏らしている。

 それを聞いた尾形は、7月下旬、2人の待ち合わせ場所まで出かけ、「カオリは俺の女なんだよ。手を出すんじゃねぇ」と鈴木さんを恫喝し、カオリから手を引くように要求した。

 このため、カオリはいったん鈴木さんに鍵を返し、実家に戻る。しかし程なく、熊谷市内の友人宅を泊まり歩くようになり、なぜか再び鈴木さんに連絡を取って、鈴木さんが不在中に、アパートの部屋を使用させてもらうようになった。

 8月16日、カオリがその部屋で寝ていると、勤務先から帰宅した鈴木さんが、身体を触ってきた。胸を触られ、服を脱がされそうになった。そこでカオリは、「ふざけたことしやがって。マジうざい」と、鈴木さんに嫌悪感を募らせるようになる。

 同月18日、カオリはこの出来事を、熊谷市内のファミリーレストランで尾形と少年Aとランチを取っているときに、尾形に訴える。

「目が覚めたら、無理やり押さえつけられて、服を脱がされそうになって、やられそうになったんだ」と、カオリは言う。それを聞いた尾形は、激昂した。

「あの野郎、俺をなめやがって。ただじゃすまねぇぞ。あれだけ言ったのに、人の女に手を出しやがって。人の女と分かっていて手を出すってのは、喧嘩売ってんのと同じだよな。今から奴んとこ行って、やっちゃうべ」

 カオリは、その尾形の言葉に対して、こんなふうに答えたという。

「そうだよ、やっちゃって。やっちゃってよ。やっちゃえ、やっちゃえ」


■「やくざをなめてんのか」


 カオリと尾形、そして少年Aは、さっそく尾形の車に乗り込んで、鈴木さんのアパートに向かった。途中、尾形は自分のゲーム喫茶に立ち寄り、包丁1本を持ち出している。

 午後1時、アパートについたところで尾形はカオリに確認する。「本当にやっちゃって大丈夫なん?」「大丈夫だよ。やっちゃって」と、再びカオリは言う。

 最初、鈴木さんは自室の202号室に不在だった。そこでカオリは、「もしかしたら隣の部屋にいるかもしれない」と尾形に教える。そのアパートは、鈴木さんの勤務する飲食店が借り上げているアパートで、住人はみな店の従業員たちだった。

 205号室(A子さん方)に行くと、そこに鈴木さんがいた。ちょうど、同僚のA子さんに出勤用の背広のズボンを縫い繕ってもらっているところで、下着姿だった。この姿を見て、カオリはこんなふうに思ったと供述している。

「こいつ絶対、この女とセックスしてたよ。ついこないだ私を犯そうとしときながら、今度は別の女かよ。キモ過ぎ。許せねえ。やっぱ、殺されても当然だよ、こんな奴は」

 尾形は202号室に鈴木さんを連行、一緒にいたA子さんも同様に部屋に連れ込んだ。

 ここから、地獄絵が始まった。

「お前、俺の女とやろうとしただろう。やくざをなめてんのか」

 尾形は怒号しつつ、鈴木さんの頭を蹴りつける。鈴木さんは「すみません」と謝罪したが、カオリと肉体関係を持とうとしたことを否定したことから、尾形はさらに激昂。屈み込んだ鈴木さんの背中に、尾形は包丁を何度か突き刺した。さらに、うめきながら床に倒れこんだ鈴木さんの前方に回りこみ、「ううう、じゃねえよ」と怒鳴りながら、腹部を数回突き刺した。

 鈴木さんは、刺された傷口から血液を噴出させながら、手足を激しく動かし、もだえ苦しんでいた。尾形は側にあった布団を、その鈴木さんの上半身に掛け、「うるせえな。こいつしぶてえな。まだ死なねえ」と言いながら、布団の上から頭部を踏みつける。

 この間、カオリは同じ部屋の中で、放置していた自分の衣類などを片付けていた。さらに、尾形に頼まれ、倒れこんで布団を掛けられた、絶命寸前の鈴木さんの頭部を踏みつけた。また、尾形が握ってしまったパイプハンガーの指紋をふき取ったりしていた。このほか、1人で205号室に戻り、A子さんの手帳に挟んであった3万円を窃盗したりもした。

 血なまぐさい殺人現場で、カオリの態度は、まったく平然としたものだった。


■暴力の連鎖


 この惨劇が拡大してしまったのは、たまたま飲食店の店長が、出勤してこない鈴木さんを心配して、同じアパートの106号室に住む従業員のB子さんに電話をして、202号室の様子を見に行くように頼んだことがきっかけである。

 こうして、殺人が行われている部屋をのぞいたB子さん、さらにB子さんの部屋にいたB子さんの友人のC子さんも、「殺人現場を見ただろう」という理由だけで拉致され、秩父山中を車で連れまわされたあげく、尾形に次々と殺傷されることになったのだ。

 女性たちを拉致する際、尾形はカオリにこう尋ねている。

「こんなにいっぱい知られちゃったら、ただじゃ済ませられないよな。目撃者が多すぎるよな。絶対こいつら言いそうだから、どうしようか。みんなやっちゃおうか」

 カオリはそれに対して、「うん、やるしかないでしょ」と煽り立て、賛同した。

 尾形はまず、秩父市内の美の山公園第2駐車場の公衆便所で、C子さんの頸部にタオルを巻きつけて絞り上げ、背部めがけて包丁を振り下ろし、全治6週間の傷害を負わせた。

 さらに、美の山公園観光道路脇でB子さんを降ろし、同じく頸部にタオルを巻きつけて絞り上げ、背部を3回突き刺してから、斜面に蹴落とした。B子さんは窒息によって死亡。このときカオリは、斜面に落ちたB子さんが痙繁し息絶えたのを確認して、冷静に尾形に報告している。カオリはこれらの殺傷の間、車の中にいて、煙草を吸いながら、残りの女性たちが逃げないように見張りをしていた。

 その後、A子さんは冒頭で説明したように、熊谷市内に連行されたあと、物置の内部で瞬間接着剤を鼻口部に塗布され、頸部にビニールロープを巻きつけられ、包丁で何度も突き刺された。彼女が自力で物置から這い出し、通りかかった男性に助け出されたのは、ほとんど奇跡と言えるものだった。

 事件翌日、カオリは熊谷市内の夜の町を俳御し、窃盗した金でショッピングを楽しんだ。逮捕され身柄を拘束されてからも、事件の重大性を理解せず、検察官の取調べに対して、「今一番したいことは?」と問われ、「ファミレスとかゲーセンに行って、他の客を見て、あいつは変だとか言って、笑いたい」と答えたという。

 さらに殺害された鈴木さんに対しても、「あいつが私を犯そうとして殺されたのだから、悪いとは思っていません」と言い放った。

 だが公判が始まる頃になると、自分のしたことの罪の重さに気付き、次第に自分が巻き起こしてしまったことを反省するようになったという。

 被害者のA子さんは言う。

「でも公判を通して、あの子は、まったく反省しているように見えませんでした。法廷では、供述を翻して、“見張りなんかしていない”“(尾形が)殺すとは思わなかった”と言っていたんですから。実際に、私を逃がすチャンスはいくらでもあったのに、逃がそうとしなかった。それどころか、腹を裂かれて苦しんでいる鈴木さんの頭を、布団の上から“こんな感じでいいの?”というふうに、平然と踏みつけていたんですよ。一緒にいた少年の方が、気持ち悪くなって、部屋になかなか入って来られないというのに。あの子は、ちょっと、普通じゃないんです」

 公判中、カオリからA子さんの実家に謝罪文が送られてきたという。内容は、弁護士に書かされたような通り一遍のもので、「まったく心がこもっていない謝罪文だった」という。


■荒んだ家庭環境


 刑の確定後、吉村カオリの母親を取材した。「今後は娘の幸福だけを考えていきたい。そっとしておいてほしいのが本音なんです」と語っていた。

 吉村カオリが生まれたのは、1986年11月。母親は「小さい頃から甘えん坊だった」と、彼女の幼い頃を振り返る。母親が家にいるときは、いつもそばから離れず、衣服の裾をつかんでいるような子どもだった。

 家庭の状況は、およそ幸福とはかけ離れていた。

 生まれたとき、家庭には異父姉の長女と、次女、長男の兄がいた。父親は資産家の長男で、経済的には豊かだったが、子どもたちに極めて暴力的だった。

 とくに長女と次女に対する扱いがひどく、殴りつけることはもちろん、庭にある池に投げ込んだり、紐で縛り上げて梁に吊るしたりするような暴力を、日常的に加えていた。カオリを含む幼い子どもたちは、その暴力を、正座しながら見守っていたという。

 髪の毛をつかんだまま、子どもを2階まで引きずっていく。体をガラス戸に叩きつける。縛り上げられた子どもが「おしっこ」と言っても、その場で尿を垂れ流しさせる……。

「父親の暴力は、子どもたちが血を流すまで止まりませんでした。叱る理由は何もなく、自分の気分で暴力を振るうのです。止めに入ると、逆ギレして、子どもたちに対する暴力がさらにエスカレートするので、私はただ見ているだけ、何もできない状態でした」

 父親が帰宅する車の音がすると、家の中は極度の緊張が張り詰める。子どもたちは皆正座して、今度は自分の番ではないかと恐れおののく。正常な家庭とはいえなかった。

 カオリが5歳になったとき、母親は離婚を決意した。夫の暴力に耐え切れなくなったためだ。なぜか、父親がカオリに手を上げたことは一度もなかった。しかし姉たちに対する父親の暴力は、カオリの幼い心の中に無意識のうちに焼きついていたはずだ、と母親は言う。だからこそ、尾形の暴力を目の当たりにして、何もできなくなってしまったのだ、と。

 母親は離婚したあと、父親と別居して、子どもたち4人と暮らし始めた。しかしその生活も長くは続かない。約2年後、母親は経済的な事情から、長男とカオリの2人を、すでに後妻と連れ子がいる父親のもとへ預けたのだ。カオリが小学1年生のときだった。

 10カ月後、近くの公衆電話から電話があった。受話器から、長男の泣き声がする。「どうしたの?」と聞くと、父親の後妻に電話ボックスに置き去りにされたという。結局、長男とカオリは再び母親の元にもどってきた。

「カオりたちにすれば、ものすごく傷ついたと思います。母親である私に一回捨てられ、今度は父親にも捨てられて。だから、戻ってきた時からは、かわいそうだと思って、上の子たち(姉2人)以上に、愛情を注いで育てたつもりです。不思議なことですが、父親にあんなにひどい虐待を受けた上の姉たちが、まっすぐに育ったのに、カオリと兄がグレてしまった。私の育て方が、どこかで間違っていたのかもしれません」

 もっとも、母親のカオリに対する愛情には、物理的に限界があった。育ち盛りの4人の子どもを養育するため、母親は昼も夜も働きに出て、結果的に子どもと接する時間が少なくなってしまったのだ。子どもたちと会えるのは、週1日の休日のときだけ。不在の間は、同居していた祖母が母親の代わりとなって子どもたちの面倒を見ていた。

 カオリは元来、気持ちの優しい子どもだったという。母親代わりの祖母が大好きで、母親が祖母と口論すると、カオリは必ず祖母の味方をして、後でこっそり祖母を慰めるようなところがあった。そんなカオリが、小学校低学年の頃、一度だけ、「お母さん、誰とでもいいから結婚して」と言ったことがある。「今から考えれば、父親がいないので、ずっと寂しい思いをしていたのかもしれない」と母親は振り返った。


■「慣れてしまった」


 そして、ちょうど小学校の卒業式を終えたあと、ある出来事が起きた。ふとしたことから、父親が働いている場所が分かり、カオリは勇気を出して一人で会いに行くことにしたのだ。捨てられたとはいえ、5年間も会っていない父親である。カオリは精一杯のおしゃれをして、父親が店頭販売で働いている店先へ足を運んだ。

「私は車をとめて外で待っていました。するとカオリが、すぐに泣きながら戻ってきました。カオリだと知りながら、父親は一度も目を合わせようとしなかったそうです。子どもにしてみれば、『もう二度と来るな』と言われたような気がしたんでしょう」

 父親に素っ気なく扱われ、泣いて帰ってきたカオリは、以後、絵に描いたような非行の道を歩んでいくことになる。

 中学校に入る直前の春休みから、カオリの外泊が始まった。

「もちろん最初の頃は、夜遅くなっても戻ってこないカオリを心配して、長女と2人で町の中を必死で探し回りました。車で河原まで下って、事故にあっていないか確認したものです。友達の家に泊まったことがわかったときは、こちらが迷惑をかけた側でありながら、その家の人に“なぜ勝手に泊まらせるのか”と文句を言いに行ったこともあります」

 だが、夜遊びが重なるに連れ、母親はいつしか、探し回るのを止めてしまった。「なぜと言われると……、結局、親も図太くなって、慣れてしまったんです。今日は帰ってこないけど、どうせ明日には戻ってくるだろう、と」

 母親は、夜遊びを繰り返すカオリに、なぜそのようなことをするのかと理由を尋ねたりすることもなく、頭ごなしに、ただ叱責を繰り返した。走り出したものをなんとか制止しようとするだけで、精一杯だった。

 不良交友や窃盗、女友達をはたく暴行などで、カオリの少年非行補導前歴は6件に及ぶ。中学校にはほとんど行かず、飲食店に不定期に勤務し、複数の友人宅を転々としていた。自宅に帰ってくるのは、週に1回程度になっていた。事件を起こす前年には、さいたま家庭裁判所で児童自立支援施設送致に処せられ、国立きぬ川学院に約7カ月間入所している。事件を起こしたのは、同院を退所した数カ月後のことである。

 事件のあと、カオリは拘置所から毎週2回、母親に手紙を書いてきた。そこには、それまで母親も知らなかった娘の本心が、綿々と書かれていたという。母親に対する率直な質問もあった。小学校1年生のとき、なぜ母親は一度自分を捨てようとしたのか? 父親の家に預けられたとき、自分はただ遊びに行っただけで、母親がすぐ迎えにくると思っていた。その家では、食事も満足に与えられず、兄が冷蔵庫から卵を盗み、卵焼きを作ってくれたこともある。そんな事実も母親は、拘置所からの手紙で、初めて知ったという。

「考えてみると、カオリはずっと、頼れる父親像を探していたのかもしれません。小さい頃から、アイドル系の男の子には興味がなく、年上の強い男の子が好きだった。尾形にしても、鈴木さんにしても、どこかで父親を慕うような気持ちがあったのかもしれません」

 だが結果的に、母親の言う“頼れる父親探し”は、残虐な暴力を発生させることになった。

上條昌史

週刊新潮WEB取材班編集

2020年1月1日 掲載

関連記事(外部サイト)