八戸・家族4人無理心中 家族を道連れにした父の“忌まわしい過去”【平成の怪事件簿】

八戸・家族4人無理心中 家族を道連れにした父の“忌まわしい過去”【平成の怪事件簿】

家族4人無理心中 家族を道連れにした父の“忌まわしい過去”とは(※画像はイメージ)

 令和の時代を迎えても、無理心中事件は後を絶たない。事件について報じられるとき、その動機について言及されることはあっても、加害者のパーソナリティに踏み込んだ情報は意外と少ない。そんな中にあって、12年前に起きた本事件には、怪事件と称するにふさわしい“前日譚”がある。(福田ますみ ノンフィクション・ライター)

 ***

 若い父と母が実の赤ん坊を虐待死させ、思春期の息子や娘が父を襲い、妻が夫を撲殺し、大黒柱である父親が一家心中を図る。悲惨な家庭内殺人がマスコミで報じられない日はなく、この事件が起きた当初も、「またか」と思った向きが多かったのではあるまいか。

 ところが、その結末の奇っ怪さと、前後に起きた不可解な事件、そして、過去の衝撃的な事実があぶり出されるに及んで、当初、無理心中と思われた事件は、にわかに猟奇的な色彩を帯びていった。
 
 2007(平成19)年6月28日午後4時20分頃、岩手県久慈署の捜査員は、同県一戸町の県道脇の駐車場に、目指す車が止まっていることを確認した。職務質問しようと窓ガラスをノックすると、運転席の男性は一度は免許証を提示するそぶりを見せたが、何を思ったか、突然窓を閉めて車をバックさせ、後ろに止まっていた捜査車両に衝突。
 
 直後に男性は、カッターナイフを自分の首に突き立てた。驚いた捜査員が慌てて窓を壊そうとしたが、男性は首から血を流しながらアクセルを力いっぱい踏み込み、車ごと、崖から10メートル下に転落した。男性は救出されたが、搬送先の一戸病院で同5時24分、死亡した。
 
 死因は、首を切ったことによる失血死で、車の運転席付近には大量の血痕が付着していた。
 
 この男性の車が発見される約5時間半前の午前11時頃、男性が自殺を図った一戸町の現場から40キロ離れた青森県八戸市のあるアパートの一室には、凄惨な光景が広がっていた。歯科衛生士の久田奈津美さん(46歳、仮名=以下同)と長男の中学2年生・直人君(13歳)、二男の小学5年生・進君(10歳)、三男の小学1年生・渉君(6歳)の一家4人が死亡しているのを親類が発見したのだ。
 
 二男・進君には首に切り傷があり、他の3人には首に絞められたあとがあったことから、八戸署は殺人事件として捜査を始めた。死亡推定時刻は、前日27日の午後8時20分頃から28日未明とみられる。
 
 奈津美さんと渉君は寝室で、直人君と進君は子供部屋で、それぞれ布団の上に倒れていた。奈津美さんと直人君、渉君には抵抗したあとがなかったが、唯一、進君の手には抵抗した際にできる傷があったことから、進君以外は就寝中に襲われた可能性が高いとみられている。
 
 4人が変わり果てた姿で見つかった時、奈津美さんの夫で、子どちたちの父親の秀雄(43歳)の所在がわからず、警察は、秀雄が何らかの事情を知っているものと見てその行方を必死に追っていた。そして冒頭で記したように、捜査員が一戸町で秀雄の乗った車を発見した直後、秀雄は自殺してしまったのである。
 
 アパートの室内には、血のついた秀雄の服や包丁が残されており、どちらも二男の血液と一致、包丁の柄からは秀雄の掌紋が検出された。外部から侵入した形跡がないことから、八戸署は、秀雄が4人を殺害したと断定した。
 
 事件は当初、大きな驚きをもって伝えられた。

「お父さんは優しくて、お母さんは明るく、見本にしたいような仲睦まじい家族だったのに……」

「久田さんのような家族って憧れるよねって、友人ともよく話していたのですが」

 一家を知る近所の住民は口を揃えて、家族仲の良さを強調し、今回の惨劇に茫然として-た。
 
 秀雄は、大型船を港内で牽引するタグボートの航海士、妻の奈津美さんは、自宅近くの歯科医院で20年以上前から歯科衛生士として働いていた。2人とも子煩悩で、秀雄は、子どもたちの通う小学校のPTA副会長を務め、町内の行事にも家族そろって参加していた。

「秀雄さんは控えめで温和。子どもを叱る時も優しく諭すように語りかけていた。奈津美さんも、家族写真をいつもバッグに入れて持ち歩いていて、知人に見せては自慢していた。長男の直人君は中学の卓球部に所属。二男の進君の夢は『世界一の料理人』。三男の渉君はいつも明るく友達に『おはよう』と声をかけていた」(一家の知人)

 一見、幸せいっぱいの家族。だが秀雄には実は、普段の生活からは窺い知れない血塗られた過去があった。


■少年犯罪


 八戸市出身の秀雄は、イカ釣り漁船に乗っていた父と姉さん女房の母、兄妹4人の6人家族に育った。
 
 小学校時代から素行が悪く、たびたび盗みを働いていて、小学校3年の時には、忍び込んだ家の障子に火をつけ家を全焼させている。
 
 そして小学校5年、11歳の時に近隣を震憾させる大事件を起こした。
 
 白昼、「助けてえ!」という悲鳴に驚いて外に飛び出した住民たちが見たのは、全身血だるまでアパートからよろめき出てきた若い女性の姿だった。背中からは、まるで温泉のように泡と一緒にポコポコ血が溢れ出していた。
 
 仰天した住民たちは、女性の肩を担いで近所の医院に運ぼうとしたが、50メートルほど歩いたところで女性はこと切れた。首の右側に3カ所、背中の右側にも1カ所、さらに手などにも数カ所傷を負っており、死因は出血多量。
 
 女性を介抱した複数の住民は、女性の後ろから顔見知りの小学生が飛び出してきたのを目撃している。この小学生が実は秀雄だったのである。
 
 1975年12月。今から44年前のことである。彼はその2年前まで、そのアパートから100メートルほどのところに住んでいたが、前述したように、住宅を全焼させる事件を起こし、一家は引っ越した。
 
 だがこのアパートには秀雄の叔母が住んでいたため、秀雄は、引っ越した後もよく叔母のところに遊びに来ており、それでこの女性を知っていたらしい。
 
 秀雄は犯行後、現場近くの倉庫に身を潜めていたが、翌日の昼頃、アパートに戻ったところを補導された。その際秀雄は、倉庫にあったナイロンの紐で両手を縛り、自分も誰かに襲われたかのように装ったが、下手な嘘はすぐにばれた。
 
 八戸署の調べによれば、秀雄は、ドアが開いていた女性の部屋に入り込み、テーブルの上の1万円札4、5枚を盗もうとしたが、外から帰ってきた女性に、「泥棒!」と騒がれ、玄関で揉み合いになったため、台所にあった包丁を2本手に取って、女性の首や背中のあたりをめったやたらに突き刺した。
 
 中学3年までどこかの少年院に収容されていたらしい秀雄だが、地元の水産高校を卒業して九州の水産会社に就職。20年ほど前に八戸に戻り、奈津美さんと結婚した。奈津美さんが、夫の過去を知っていたかどうかは定かではない。
 
 過去にどんなことがあったにせよ、最近の秀雄に、惨劇を起こす動機があったとは考えられないと知人たちは口を揃える。ところが、妻子殺害の直後とみられる28日午前2時10分頃、秀雄はもうひとつ、事件を起こしているのだ。
 
 八戸市内のパチンコ店に押し入り、従業員3人に刃物を突き付け、手足を縛るなどして現金を要求したが、店長がすきを見て逃げたため、何も取らずに逃走したのである。野球帽とマスクで顔は隠していたが、パチンコ店の防犯カメラに残されていた映像や、遺留物のペットボトルに秀雄の子どもの指紋があったことから、八戸署は秀雄の犯行と断定した。
 
 また、八戸市内では、6月中旬、ビル内の消費者金融会社の入口が放火されたり、喫茶店経営の男性が自宅前で襲われるなどの事件が相次いで起きており、捜査当局は、これらの事件についても秀雄の関与を疑っていたが、断定には至らなかった。さらに、秀雄がここ数年、消費者金融や銀行などから数百万円単位の借金を繰り返していたことも明らかになった。
 
 惨劇から3カ月後の9月25日、八戸署は、久田秀雄容疑者を、殺人と強盗致傷などの容疑で書類送検したが、10月1日、被疑者死亡のため不起訴処分とした。
 
 捜査当局は、家族殺害は借金苦からであり、強盗に入ったのは逃走資金を得るためだったのではないかとにらんでいるが、秀雄と親しかった知人は、「アイツは無理してたんだよ。無理して良き父、良き夫を演じてたんだと思う。(中略)良き人物を演じて抑え続けてきた不満が、何かのきっかけで爆発したとしか思えない」(「週刊文春」2007年7月12日号)
 
 という。
 
 忌まわしい過去をひた隠しにして生きていくことはもはや限界だったのだろうか。

福田ますみ

週刊新潮WEB取材班編集

2019年1月3日 掲載

関連記事(外部サイト)