貴乃花が見え隠れする青学裏口入学トラブル 巡業部長時代に“青学場所”を開催

「平成の大横綱」元貴乃花親方が、会社経営者の青山学院裏口入学トラブルに関与か

記事まとめ

  • 青山学院の裏口入学トラブルを巡って、元貴乃花親方の名が取り沙汰されているという
  • 子供を入学させるため多額の寄付を行ったものの落とされたと会社経営者の新藤氏が告発
  • 新藤氏は貴乃花氏の太いタニマチとして知られた存在で、相談を持ち掛けたとも

貴乃花が見え隠れする青学裏口入学トラブル 巡業部長時代に“青学場所”を開催

貴乃花が見え隠れする青学裏口入学トラブル 巡業部長時代に“青学場所”を開催

巡業部長時代に「青学場所」を開いた貴乃花

 令和が幕を開けてからというもの、ふるさと納税のCMくらいでしかお目にかかれない「平成の大横綱」。だが、ある「裏口入学」トラブルを巡って、元貴乃花親方(47)の名が取り沙汰されている。日本有数の名門私学の闇に、なぜその姿が見え隠れするのか――。

 ***

 最高気温33・9度という酷暑のなか、大相撲の夏巡業が盛大に催された。

 2017年8月8日、土俵が設けられたのは、東京・渋谷区にある青山学院大学の記念館だった。青学関係者によれば、

「学生や保護者だけでなく、外国人観光客も含めて5千人近い観衆が記念館に詰めかけました。そこで、なぜか“あの人”を見かけたんです。気になって声をかけると彼は挨拶もそこそこに、貴乃花を紹介する、と言い出したんだ。その日の貴乃花は巡業部長として館内を忙しく動き回っていたので“まさか”と思ったんだけど、本当に紹介してくれましてね……」

「平成の大横綱」との只ならぬ関係を見せつけた“あの人”とは、会社経営者の新藤将司氏(仮名)。後に彼は、夏巡業の舞台となった青学と深刻なトラブルを巻き起こすことになる――。

 箱根駅伝の強豪校としても知られる「青山学院」といえば、幼稚園から女子短大、大学までを擁する「私学の雄」である。

 なかでも、青学初等部は、慶応義塾幼稚舎、学習院初等科と並ぶ「お受験」の3大ブランド校として知られ、渡辺謙や蓮舫、桑田佳祐・原由子夫妻、江口洋介・森高千里夫妻など、この小学校に子女を通わせた著名人は枚挙に暇がない。

 だが、19年3月、そんなセレブ小学校を震撼させる“事件”が発覚した。

 ことの発端は、「週刊文春」(19年3月21日号)に掲載された「青山学院理事長の小学校『300万円』入学口利きを告発する」という記事である。

 自身の子どもを初等部に入学させるために同校の幹部を接待し、多額の寄付を行ったものの落とされたと告発した人物。それが他ならぬ先の新藤氏だ。

 ご本人の告発によれば、新藤氏は17年初めに知人を通じて、青学の校友会幹部と面識を得ている。

 その後、前常務理事で“青山学院アドバイザー”の肩書を持つA氏を紹介され、学校法人全体を統括する堀田宣彌(のぶみつ)理事長らと会合を共にするようになった。新藤氏は、レストランでの飲食費や大相撲の升席への招待など、堀田理事長を含む青学側への“接待費”が総額で160万円超、それ以外にも、青学に関連する複数の基金に300万円を寄付したと明かしている。

 だが、校友会関係者やA氏の名を連ねた“推薦状”を堀田理事長に渡し、万全の態勢で入試に臨んだものの、18年11月、新藤氏のもとに届けられたのは「不合格」の通知だった。

 大学側が公には絶対に認められない「裏口入学」の存在を、これだけ声高に叫ばれたら「名門校」の信頼が揺らぐ。

 仮にこの告発が事実であれば、幹部たちの間に激震が走ったに違いない。

 無論、青学側も黙っておらず、記事が世に出た直後に声明を発表。そこでは、

〈合計300万円が寄付された事実はあります。しかし、(中略)当学校法人の理事長が300万円で初等部入試に関して口利きをした事実も全くありません〉〈理事長及び院長が告発者から高級フレンチや大相撲の升席で接待された事実も全くありません〉

 と疑惑を真っ向から否定してみせた。加えて、この後に内部調査委員会を設置して報告書を公表し、同様の見解を示している。

 この「裏口入学」を巡るトラブルは、双方の言い分が食い違ったまま現在に至っているワケだが、本稿で取り上げたいのは別の「疑惑」についてだ。

 実は、「週刊文春」が報じた告発記事では、ある重要な人物の名前が抜け落ちていた。いや、意図的に隠されたと言うべきか。誰あろう「平成の大横綱」、元貴乃花親方である。


■太いタニマチ


 貴乃花と親しい角界関係者によれば、

「建設業を営む新藤さんは貴乃花の太いタニマチとして一部では知られた存在です。ふたりはかなり以前からの付き合いで、その縁もあって彼は、16年の理事長選で貴乃花を支持した山響(やまひびき)親方のことも後援していました。新藤さんと貴乃花の関係は相撲協会を退職してからより深くなった。貴乃花にすれば、引退後の生活を経済的に支えてくれる有り難い存在だったのは事実。新藤さんとしても、大横綱の知名度をどこかで利用しようと考えていたのかもしれません」

 貴乃花と元妻・河野景子氏の間には、長男の優一氏とふたりの娘がいる。そして、3きょうだいはいずれも青学に通っていた。

 となれば、子どもの青学入学を熱望する新藤氏が、引退以前から付き合いのある貴乃花に相談を持ち掛けた可能性は十分にあるように思える。

 実際、青学幹部に接待攻勢を仕掛けている最中にも、新藤氏は貴乃花と行動を共にしていたのである。

 それが、冒頭で述べた青山キャンパスでの夏巡業、その名も「渋谷青山学院場所」でのことだった。

 ベテラン相撲記者が振り返るには、

「都内の大学キャンパスでの巡業は、これが初めての試みでした。八角理事長によれば、青学に子どもを通わせていた、当時の貴乃花巡業部長と伊勢ヶ濱親方の強い働きかけで実現したという。引退する前の横綱・日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)も巡業に参加していましたが、娘が付属の小学校の生徒だったこともあって大喜びでしたね。昨今の相撲人気を考えれば、誘致合戦は熾烈で、巡業先の候補地はかなりの数にのぼります。そのなかで青学が選ばれたのは、巡業部長として八角理事長に強く推した、貴乃花の意向が物を言ったからですよ」

 新藤氏はこの巡業で、青学の幹部たちに大横綱との人脈を披露し深い関係を強くアピールしている。しかも、「青学場所」が開催されたのは、新藤氏の妻が堀田理事長をはじめとする青学のお歴々と会食したわずか8日後のことだという。

 先の青学関係者が続ける。

「貴乃花が青学に縁があることは知っていましたが、何しろ国民的スターですからね。いきなり紹介されたのでビックリを通り越して、呆気にとられてしまった。こんな大横綱と知り合いだなんて新藤さんは凄い人脈をお持ちだな、と。立派な仕事をされているんだろうと思いましたよ。その時は、彼の息子さんの受験については一切話題にのぼりませんでした。とはいえ、青学肝煎りのイベントで、巡業部長の貴乃花を紹介してくれたのだから相当なアピールになった。彼は他の学校関係者にも貴乃花を紹介していましたね」

 新藤氏が一部の青学関係者を伴って昼食をとった際にも、貴乃花は同席していたという。


■「貴乃花が持ち込んだ」


 ちなみに、巡業の「勧進元(興行主)」は、青学の100%子会社である「アイビー・シー・エス」。そして、当時、同社の役員欄に名を連ねていたのが、「週刊文春」の記事で“口利き”の主導的役割を果たしたとされるA氏だ。

 新藤氏が青学幹部への接待攻勢をスタートさせた、まさに最初期の段階で、貴乃花は口利き工作の“キーマン”と極めて近い場所にいたことになる。

 仮に、貴乃花が件の「裏口入学計画」について知らなかったとしても、「平成の大横綱」の看板が、新藤氏にとって格好のハクづけとなったことは間違いない。

 さらに、青学を攻撃する「告発」を巡っても、貴乃花がタニマチのために動いた形跡がある。

 文春関係者によれば、

「告発記事が載ったのは、『週刊文春』で貴乃花が連載している最中。編集部内ではあの記事も貴乃花が持ち込んだネタという扱いです」

 自らの相撲人生について語り尽くした、半年間にわたる連載がこの10月に書籍化されるなど、文春と貴乃花の蜜月は知られたところだ。先の角界関係者も、

「タニマチの怒りの訴えを耳にした貴乃花が、文春に記事化を依頼したのでしょう」

 青学への人脈誇示やハクづけに使われただけでなく、貴乃花自身が不合格後の騒動にひと役買っていた疑いは拭い切れないのだ。

 新藤氏に取材を申し込むと、弁護士を通じて以下の回答があった。

〈週刊文春に掲載された記事はしかるべき証拠と記憶に基づいた、当方の真正な告発に基づくものであり、事実を記載したものです〉

 と自身の告発であることを認めた上で、

〈週刊文春に掲載された記事と貴乃花氏との間には、一切関係がありません〉

 他方、「週刊文春」編集部は、〈取材源、及び取材過程についてお答えすることはありません〉と回答するのみ。

 だが、金に糸目をつけず、是が非でも子どもを青学に入れたいと考えていた新藤氏が、青学と縁が深く、昵懇の仲である貴乃花に何の相談も持ち掛けていない方が、逆に不自然と言えまいか。

 出来レースを嫌い、ガチンコで名を馳せた名横綱に「青学裏口入学」騒動への関与を尋ねると、「一切関与しておりません」との回答だけが寄せられた。

「週刊新潮」2020年1月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)