「大津園児死傷事故」の迷走 やりたい放題の新立被告について被害者の弁護士が語る

「大津園児死傷事故」の迷走 やりたい放題の新立被告について被害者の弁護士が語る

新立文子被告(※被告が以前、開設していたフェイスブックから引用した写真であり、現在は閉鎖されている)

■理解が難しい被告の行動


 前代未聞の裁判――そう言えるだろう。大津地裁は1月22日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)やストーカー規制法違反などの罪に問われている新立文子被告(53)の保釈を取り消した。中日新聞などは「同日に地検職員が身柄を拘束した」と報じた。

 ***

 再び拘置所に戻された新立被告――こう説明されても、なかなか理解できない方もおられるだろう。ならば大津園児死傷事故で逮捕された女性と聞けば、お分かりになるのではないだろうか。

 まずは事故を振り返ろう。2019年5月、滋賀県大津市の交差点で右折車と直進車が衝突、散歩中の保育園児2人が巻き込まれて死亡したほか、園児11人と保育士3人が重軽傷を負った。この事故で右折車を運転していたのが新立被告だった。

 後に詳しく見るが、新立被告は大阪のABCテレビ(朝日放送)のインタビューに応じ、遺族や被害者の心情を踏みにじる発言を行った。さらに、判決公判で従来の主張を撤回、裁判所が苦渋して審理のやり直しを決断するなど、常人にはなかなか理解できない行動が目立っている。

 改めて、どんな裁判が行われてきたのか、被害者のサポートを行っている石川賢治弁護士に取材を依頼した。石川弁護士は弁護団の一員として、それこそ事故の発生当初から関わっているという。

「事故直後から、弁護士有志が犯罪被害者を支援する取り組みを開始しました。交通事故では様々な法的手続きが行われ、一般の方には理解が難しいことも多い。弁護士として手続きの説明を行ったり、マスコミの取材申請に対応したりしています。今回の事故では直進車の起訴を求める意見書も地検に提出しました。被害者の皆さんは真相究明をはじめ様々な想いで裁判に参加されています。その想いに少しでも応えようと、今も10人以上の弁護士が弁護団を結成して活動を続けています」

 事故が発生すると、右折車の新立被告だけでなく、直進車を運転していた女性も自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で滋賀県警に現行犯逮捕された。

 だが直進車の女性は、事故当日の5月8日夜に釈放。弁護団は6月13日、直進車を運転していた女性に関しては、「被害者の声に耳を傾け、心情に寄り添った対応を行ってほしい」と滋賀地検に意見書を提出した。しかし翌14日、嫌疑不十分で不起訴が決定している。

 そして7月17日、初公判が大津地裁で開かれた。新立被告は「間違いない」と起訴事実を認めた。


■初公判から被害者は被告に憤り


 産経新聞が翌18日に掲載した「保育園児死傷初公判 右折車の女、起訴内容認める 大津地裁」から検察の冒頭陳述をご覧いただく。

《被告は事故当時、知人から借りた乗用車を運転していた。買い物から帰宅途中、交差点の右折レーンに入り、歩道で園児らが集団で信号待ちをしていることを確認。「別の場所で見た園児らと同じ保育園か」「別の方向に散歩に行くのか」などと考え事をして注意力が散漫になり、対向車の有無に留意しないまま右折を始めた》

 初公判には被害者も出廷。検察官の後方に弁護団と共に着席した。単に裁判を“傍聴”したのではなく、被害者として“参加”したのだ。

 初公判が終わると、弁護団は会見を開いて報道陣の質疑応答に答えた。すでに被害者は新立被告に強い違和感を覚え、憤りを感じていた。

 朝日新聞が翌18日、大阪地方版に掲載した「被告の態度には疑問 大津園児死傷事故、弁護団が会見 /滋賀県」によると、記者から《被告は「信号待ちをしている園児のことを考えていて注意散漫になった」というが、被害者家族の受け止めは》との質問があり、弁護団は次のように回答したという。

《考え事の内容を最初に耳にした時は「なんやそれは」とあきれた。園児が飛び出さないかを注意していたのに、前方は注意していないというのは、意味不明で理解不能だ。憤りを感じている》

 同じ日のNHKも「大津・園児死亡事故初公判 園児の保護者がコメント 『被告の態度は残念』」を報じ、保護者のコメントを伝えた。

《「被告の法廷での態度は重い罪を犯した人のものではなく、謝罪する姿勢も見られず、反省しているようにも見えず、残念だった」》

《「被告は私たちと目を合わせず、うなだれることもなく、被害者を前にしているという様子ではなかった」》

 さらに、被害女児の母親がNHKに宛てた手紙の全文も報じた。取材依頼を行うと、心境などを手紙で回答したという。やはり新立被告への憤りを表明している部分だけをご紹介する。

《加害者が自分を守ることに必死で、私達に対しての謝罪が遅かったことや形式的なものであったことに憤りを感じています。絶対に許せません。ドライブレコーダーでの様子も、子供たちが下敷きになった状態のまま、すぐに車から出て助けようともしなかったのを見て、「どうしてよいかわからなかった」「パニックだったから」という言葉で済まさないで欲しいです。あんなに皆が叫んでいるのが聞こえなかったなんてありえないのです。あの場で同じように轢かれた先生方もすぐに足を引きずりながら必死で子供たちを助けようとしていたんです》

 ところが9月末、誰も予想もしていなかった事態が発生する。9月30日に滋賀県警は新立被告をストーカー規制法違反、脅迫、強要未遂の容疑で逮捕したのだ。


■「写真もLINEも全部見せる」と脅迫


 新立被告は保釈中、出会い系サイトで知りあった49歳の公務員男性の連絡先を把握。会ったことはなかったというが、8月27日にLINEを使って脅迫するメッセージを送ったり、男性の勤務先に電話をかけたりしたというのだ。

 日刊ゲンダイDIGITALが10月3日に公開した「園児死亡事故公判中に男性脅す 53歳女性ストーカーの気質」から一部を引用させていただく。

《新立被告は保釈された直後の6月下旬から、49歳の男性公務員とLINEでやりとり。近況を報告したり、写真を送らせていた。ところが次第に嫌気が差したのか、男性は新立被告からのメッセージを既読無視するようになった。すると新立被告は「電話番号を教えて」「話がしたいの」と懇願。これを無視されるとキレ、8月27日以降、何度も「やりとりを全部見せる。それで終わり」というメッセージを送り続けた。それでも返信がなかったため、男性の職場の電話番号を調べ、9月2日と5日の2回、直接電話を掛け、「写真もLINEも全部見せることになるよ」と脅した》

 初公判の新立被告が被害者の激しい怒りを買ったのは前に見ていただいたが、服装が非常識だったことも影響を与えたようだ。同じ日刊ゲンダイの記事から「被害者の知人」の指摘をご紹介しよう。

《初公判では入廷時に被害者の方を見ようともせず、そのままスタスタと被告席に向かい、頭を下げることもなかった。服装はノースリーブに近い、袖がほとんどないヒラヒラが付いたブラウス姿で、髪の毛はきれいにセットされ、『そんなおめかししてどこに行くの』いう感じやった。とても法廷に出てくるような格好ではなく、一瞥もくれずに退廷するなど、重罪を犯した人間の態度には見えなかった》

 新立被告がストーカー容疑などで逮捕された、との一報が石川弁護士の元に入ったのは、弁護団で打ち合わせを行っていた時だったという。

「率直に言って、頭と心で理解するのには時間が必要でした。あまりに予想外のことで、信じられなかったのだと思います。地裁は交通事故とストーカー事件の併合審理を決めました。日程調整がスムーズになるという訴訟手続き上の要請もありましたし、2つの事件が関連している可能性もあったから、と理解しています。真相解明という観点から考えると、私も地裁の判断は正しかったと思います」

 とはいえ、遺族や被害者にとっては、傍聴の負担が増したのは間違いない。

「法廷で事故の詳細と向き合うだけでも、被害者の皆さんは強い心理的苦痛を受けています。真相究明のため、必死に耐えておられるわけです。ところが、更にストーカー事件の審理も加わってしまいました。保釈中の身としては、あり得ない行動であることは言うまでもありません。被害者の皆さんの精神的苦痛は増すばかりでした」(同・石川弁護士)

 被害者にとっては辛い展開だったが、ストーカー事件が新立被告の性格を浮き彫りにした側面もあったという。

「初公判の服装が批判を浴びたのは私も把握していますが、その後は普通の服装でした。態度も変わったことはなかったと思います。ところが、新立被告が事故の詳細や原因を問われる場面になると、『忘れてしまった』と答えることが目立つのです。結局、被告が事故の原因を詳細に説明することはありませんでした。これは被害者の皆さんが望む真相解明の妨げになっている一面があります。そして、こうした被告の態度と、ストーカー事件の発生は関係する可能性があるという印象を持っています」(同・石川弁護士)


■現実逃避する被告


 新立被告は出会い系サイトにアクセスしたことを「自分が事故を起こした人間だと知らない人と話がしたかった」と法廷で説明した。

 これを石川弁護士は、「交通事故で多数の死傷者を出した刑事被告人という辛い現実から逃避しようとしたのでしょう。そうした態度は法廷での『忘れた』という説明と似通っていると思います」と指摘する。

「被害者の皆さんは、辛い現実から逃れることは絶対に不可能です。あるご遺族は毎朝、お子さんの遺影に手を合わせます。ある被害者の方は毎日の痛みに耐え、将来の不安を感じておられます。これに対し、被告は法廷でも逃げようとした。被害者が憤りを感じるのも当然でしょう」

 新立被告が法廷で被害者をこれほど傷つけ続けたにもかかわらず、まだ話は終わらない。

 19年12月10日、大津地裁で行われた公判で地検は求刑を行う。「結果は重大で、反省も不十分」などとして禁錮5年6月を求刑、判決公判は1月16日として結審した。

 その約1週間後、新立被告はABCテレビ(朝日放送)の報道番組「キャスト」(平日・15:50)の単独インタビューに応じたのだ。

「番組で新立被告は事故を『私の不注意であることは確か』としながらも、『不運が不運を呼んで、やはり(自分の車ではなく直進車が)、かわいい園児さんの中に突っこんでしまった』と話しました。そして直進車を『せめて減速、あるいはブレーキ……があったら』事故は防げたと不起訴に不満を示しました。ストーカー事件についても『私のほうがストーカーされていた』と主張し、『事故のことがあるから全部言えないという辛さはある』と訴えました。いずれも法廷で全く主張されなかったことばかりでした」(番組を見た記者)

 インタビューはテレビ朝日系列の報道番組で全国放送も行われたが、新立被告が刑期について「わがまま言わせてもらったら、やっぱり子供がいるので、早く、短くなればいいというのはあります、正直」と一方的に希望する部分もオンエアされた。なぜこんな発言をしたのか、誰もが理解に苦しむのは間違いない。

「ABCテレビからは放送前にコメントを求められました。番組で『反省とは全く無関係な言動で、被害者感情を著しく踏みにじる』という私たち弁護団のコメントが放送されましたが、そもそも私たちは『被害者の皆さんのお気持ちを考えれば、放送をしてほしくない』という気持ちがあり、それをABCテレビ側に伝えていたのです」(石川弁護士)

 新立被告のインタビューは被害者にとっては辛いものであり、裁判にも影響を与えた。検察側は判決日に弁論を再開し、番組の内容を審理するよう地裁に要求したのだ。

「判決の日に弁論が再開されるというのは、決して珍しいことではありません。例えば結審後に被害弁済が完了した時などは、弁護側が判決公判での弁論再開を求めます。裁判官の心証が変化し、判決も変わる可能性があるからです。新立被告がテレビカメラの前で話した内容も、裁判官の心証を変える可能性がありました。実際、検察側の要求に、裁判所は弁論再開を決定しました」(同・石川弁護士)


■被告に振り回される法廷


 たとえ法廷に出席した全員が「キャスト」の放送内容を把握していたとしても、これを前提に裁判を進めるわけにはいかない。あくまでも証拠が必要だ。そこで裁判所は被告人質問を行うと決めた。

「新立被告が質問でインタビューの内容を認め、検察側が問題点を指摘するなどして休廷。常識的な時間を挟んでから――量刑に影響が出るかは未知数だとしても――今日は確実に判決が下るはずだと考えていました。ところが公判が始まると、これまでの陳述や主張などを、自分自身が真っ向から否定するような、想定外の発言を新立被告が連発、法廷は振り回されてしまいます」(同・石川弁護士)

 新立被告はABCの取材に応じた理由を「100%、自分が悪いというのは納得いかない部分があった」と説明。交通事故については「直進車にも過失がある」などとインタビューの主張を繰り返したほか、ストーカー事件についても「言いたいことがある」と争う姿勢を示した。

 裁判官は何度も休廷し、最終的には審理をやり直すことを決めた。裁判長は「不本意だが審理を続行せざるを得ない。今までにも十分、時間があったはずで、弁護士ときちんと話をして準備をしておいてほしい」と新立被告に注意を与えた。

 裁判の後、NHKの記者が新立被告に取材を申し込むが、「申し訳ありません。体調が悪いので」と足早に立ち去ったことが、「大津・園児死傷事故 争う姿勢に転じた新立被告 『体調が悪いので』と立ち去る」で報じられた。被告人の人となりが伝わってくる記事だと言えるだろう。

「被害者は、法廷で新立被告が好き勝手に喋るのを直視させられました。辛いお気持ちだったことは言うまでもありません。私も弁護士ですから、刑事被告人の利益は最大限に守られるべきだと深く理解しています。とはいえ、率直に申し上げますが、苛立った気持ちになった時間帯があったのは事実です。判決が下ると思っていたのに、途中から『これはどうなるんだ?』と不安になり、最後は審理のやり直しが決まりました。新立被告が判決を引き延ばそうとしたと推測されても仕方がありません。実際、被告が『現実を直視しない』傾向があると前に指摘しました。被告の性格が影響を与えたアクシデントだった可能性はあると思います」(同・石川弁護士)

 混乱する法廷で、被告の弁護士は戸惑った表情を浮かべていたという。それを見た石川弁護士は「被告がABCの取材に応じたことも、判決公判での一方的な主張も、自分の弁護士には全く相談していなかったんだろうな」と判断したという。

 裁判のやり直しを、時間の無駄と考える人は決して少なくない。特にネット上では憤りのコメントやツイートが主流を占めた。被害者も弁護団も怒り心頭だが、被告の理解不能な行動とは別に、長期間の法廷闘争を覚悟していたのは事実だという。なぜなら刑事裁判が終わっても、民事の損害賠償が待っているからだ。

「地裁の判決が出て、被告も検察側も控訴せず、地裁の判決で刑が確定したとしても、私たちにはまだまだやるべきことが多く残っています。例えば事故による被害者の被害内容が正式に確定しない限り、民事の損害賠償手続は終わりません。1人でも治療を続けておられる方がいれば、治療が完了するのを待つ必要があるのです。被害者の皆さんは何より真相究明を求めておられると前に申しました。その実現に向けて、少しでも弁護団として尽力しようと考えています」(同・石川弁護士)

 最後に石川弁護士は新立被告に対し「しっかりと自分に向き合い、自分の起こしたことを反省し、被害者の皆さんの心情を、ほんの少しだけでも理解してほしい」と訴えた。

 1人の法曹家の切実な願いは、果たして彼女に届くのだろうか?

週刊新潮WEB取材班

2020年1月30日 掲載

関連記事(外部サイト)