「眞子さま」「小室圭さん」の結婚延期から2年 “今後”について来月発表か

「眞子さま」「小室圭さん」の結婚延期から2年 “今後”について来月発表か

17年9月の婚約内定会見

 1月16日に皇居で催された「歌会始の儀」で、眞子さまが発表されたのは〈望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな〉という歌だった。2017年に開かれた小室圭さんとの婚約内定会見で、小室さんを“太陽”、そして眞子さまを“月”に例えたのは知られた通り。眞子さまは「月の歌」に小室さんへの想いを秘め、そう取られることを承知の上で、この歌を詠まれたのか――。

 ***

 そこで気になるのは、一首の歌に込められている眞子さまの“挑戦”である。

 秋篠宮家の事情を知る関係者が言う。

「眞子さまは、現在も変わらずご公務の傍ら、週に3回ほど東大の総合研究博物館特任研究員として勤務なさっています。落ち込んでいるご様子はうかがえませんが、秋篠宮殿下は昨年11月、お誕生日に際して『(小室さんとの結婚行事が延期されてから)2月で2年。何らかのことは発表する必要があると思う』と述べられています。この発表の“主体”は殿下ではなく、あくまで眞子さまと小室さんであり、現在その準備をなさっていると思われます」

 ところが、当のお二人のお気持ちは些かも揺らいでおらず、

「来月の発表で予想される内容は大別して“破談”“結婚容認”そして“再延期”の三つです。ただ、令和初の天皇誕生日が近づいており、また4月には秋篠宮殿下ご自身が立皇嗣の礼を迎えられる。お祝いムードに包まれる中、肝心の眞子さまの想いは変わっておらず、殿下ご自身も会見で『小室家とは私は連絡を取っていない』と述べられている。その状況で、半ば強制的に破談に持ち込むなど、無理があります」(同)

 その一方で、

「米国に渡ってから1年半もの間、秋篠宮家に報告にすら訪れていないのに、小室さんの留学生活は来年春まで続く。先が見通せない状況で、ご一家として結婚を許可するとも思えません。そもそも、一昨年2月の宮内庁の発表は『結婚関係の儀式を再来年まで延期』というもので、正式なリミットは今年末。さしあたり来月は『引き続き、皆さんの理解を得られるよう努めていきます』といった、途中経過の報告にとどまるのではとみられます」(同)


■他人事とは思えず


 そんな折、不安材料となっているのが、他ならぬ英国王室の騒動である。

 現地在住ジャーナリストによれば、

「王室は18日(現地時間)、ヘンリー王子とメーガン妃が今年の春から王室の称号(殿下・妃殿下)を失い、すべての公務から退くと発表しました。引き続き公務に携わりたいとしていた夫妻の希望は叶わず、王子も決定の直後に『とても深く悲しんでいる』と述べるなど、お世辞にも円満とはいえない決着となりました。夫妻は今後、税金が原資である王室助成金は受け取りませんが、代わりに『サセックスロイヤル』の商標登録を活用し、商業活動を行える自由は勝ち取ったことになります」

 もとより、ヘンリー王子の資産は2002年に没した曾祖母・エリザベス皇太后の遺産や、30歳を迎えた14年9月に支払われた故・ダイアナ妃の遺産1千万ポンド(約14億3千万円)など潤沢であるとされる。この点、眞子さまと小室さんが手にするはずの一時金1億5千万円とはケタが違うわけだが、それでもこうした動きに触発され、さらに小室さんの“熱意”にほだされた眞子さまが思い余って皇籍離脱へ、といった動きがないとも限らない。その場合、満額とはいかずとも1億円ほどが渡されるとみられている。

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこう指摘するのだ。

「ヘンリー王子夫妻と眞子さま、小室さんのカップルは男女逆とはいえ、ご結婚があまり国民から祝福されていない点、そしてメーガン妃と小室さんが家族関係の問題を抱えている点など、いくつか共通事項があります。おそらく眞子さまは、このたびの英国の報道を他人事とは思えないお気持ちでご覧になっているのではないでしょうか」

 王子夫妻は、カナダを拠点として英国と行き来する生活を選んだ。眞子さまの脳裏をよぎるのは東京とニューヨーク、いずれのお暮らしであろうか……。

「週刊新潮」2020年1月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)