東京五輪なのに柔道の畳は中国製… 競技用具に不安の声が

東京五輪なのに柔道の畳は中国製… 競技用具に不安の声が

東京2020オリンピックマスコットのミライトワ、ソメイティ

■東京五輪に四つの破綻危機――小林信也(3/3)


 トライアスロン会場の水質・水温や、ボランティアの報酬など、東京五輪には避けて通れない課題がまだ残っている。スポーツライターの小林信也氏が迫る本特集の最終回では、選手たちのパフォーマンスにも影響しかねない“気象”と“競技用具”への不安を紹介する。(以下は「週刊新潮」2020年1月16日号掲載時点の情報です)

 ***

 また、大会日程に重大な影響を与えかねないのが台風だ。昨夏も大型の台風15号、19号が上陸、各地に被害をもたらした。関東地方を五輪期間中に直撃したら、競技の中止が懸念される。その場合、閉会式を順延する可能性はあるのか? 大会組織委員会スポークスパースンの高谷正哲(まさのり)氏に尋ねた。

「16日間の会期は絶対に延長しません。五輪憲章に定められているだけでなく、約30万人もの人々が関わる大きな大会です。1日延ばすことは、宿泊、交通の手配を考えただけでも不可能です」

 大会前半の中止なら、会期中に調整できそうだが、終盤に台風が直撃したら?

「いま、あらゆる可能性に備えてシミュレーションしています。台風直撃が予想されたら、競技を前倒しで実施することもありえます。過去大会でメダルが決まらなかった例はないそうですので、東京大会でも全種目が実施できるよう万全を期します。ラグビーW杯で検討された別会場での開催は、オリンピックでは想定していません」

 台風の対策はどうすればいいのか?

「上陸予想は5日前にはできます。進路も正確にわかりますから、東京直撃が予想されたら早めに日程変更する。大切なのは予備日です」

 と、気象予報士の森朗氏が言う。

「ここ数年、7月下旬から8月上旬にかけて、必ずひとつは台風が日本に近づいています。一昨年7月末に来た台風12号は高潮被害をもたらしました。去年は7月27日に台風6号が和歌山、8月6日に台風8号が宮崎に上陸しています。8号の台風崩れが、北海道にも8月9日に雨をもたらしました」

 8月9日といえば男子マラソンの予定日だ。

 気になる気象データは他にもある。

「過去10年でこの時期に台風が来なかったのは10年と13年、2年ともすごく暑かった。13年は高知県で気温41度の日本記録が観測された年です。現在の海面水温状況から予測すると、今年も猛暑になりそうです。梅雨明けが開幕後まで遅れると、梅雨の終盤は激しい雨が多いため、下水道があふれて汚水が流れ出す心配もあります」(同)

 台風がなければ猛暑。この時期の開催にはどこまでも苦難がつきまとう。

 心配すればキリがないが、2020東京五輪最大の難問のひとつは、やはり自然がもたらす「夏の気象」のようだ。


■五輪の舞台にこの器具?


 さらに、あまり問題にされていないが、東京五輪で使われる競技用具や器具についても不安の声が聞こえる。

 2018年秋、体操世界選手権(ドーハ)で使用された中国・泰山(タイシャン)製器具への批判が相次いだ。ゆかで3連覇を狙ったが2位に終わった白井健三選手が、「最初にゆかに立ったとき、『これは命に関わる』と思った。最後まで慣れなかった。このゆかでケガなく帰ってこられてよかったというのが感想。心を折られる器具だった」と語った。白井はゆかの状態から高難度の「シライ3」の演技をあきらめている。ケガでゆかを回避した内村航平選手も、「まあ、やりづらい。やってて気持ちよくない」と表現している。

 国際体操連盟は当時、東京2020でもこの器具を使いたい意向だったが、世界中から反対の声があがり、東京五輪では日本とヨーロッパのメーカーが共同で担当することに決まった。

 しかし泰山製の器具は他競技でも幅を利かせている。東京五輪では柔道の畳、レスリングのマット、テコンドーのマットが泰山製だ。柔道の畳について報道されると、「なぜ日本で開く五輪の畳が中国製なのか?」と疑問の声が上がった。

 組織委によれば、公認用具は基本的に各競技の国際組織であるIF(国際競技連盟)が指定し、組織委との協議で最終決定する。その採用や契約には三つの方法があるという。

「公認メーカーが複数ある場合は『競争入札』の方法があります。1社しか指定業者がなければ『特別契約』。IFとの間で無償提供の契約が交わされた場合には『ソールサプライヤー』となります」(高谷氏)

 東京五輪でソールサプライヤーになっている企業の一覧は組織委のホームページに掲載されている。これを見ると、柔道の競技用畳、レスリングのマットと練習用備品、テコンドーのマットはすべてソールサプライヤーとして、泰山が「独占的な」提供業者となっている。つまり五輪開催に必要な用具は泰山が無償で用意する。いくらタダとはいえ、なぜ柔道の畳に中国製が選ばれたのか。全日本柔道連盟に尋ねたが、「組織委員会へご確認いただければと思います」との返事。全柔連の畳の公認業者をホームページで確認すると、従来19社、泰山はその下、昨年5月27日に加えられている。

 体操関係者によれば「泰山製マットには本来スポーツ用具に使えない有害物質が使われていたため、国際体操連盟から注意を受けた経緯があります」。無償とはいえ、このようなメーカーの製品が積極的に採用される理由がどこにあるのか、説明が十分されているとは思えない。

 東京五輪は本当にスポーツを心底愛する者たちの粋を集めて運営されるのか? 企業や政治への配慮に支配される不安は拭えない。

小林信也(こばやしのぶや)
スポーツライター。1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。雑誌「ポパイ」「ナンバー」編集部を経て独立。テレビなどでコメンテーターとしても活躍。『子どもにスポーツをさせるな』『「野球」の真髄 なぜこのゲームに魅せられるのか』など著書多数。

2020年1月31日 掲載

関連記事(外部サイト)