新型コロナで注目の「クルーズ船」ツアー ダイヤモンド・プリンセス号“人気の秘密”

新型コロナで注目の「クルーズ船」ツアー ダイヤモンド・プリンセス号“人気の秘密”

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。日本で建造された最大の客船で、全長290メートル、全幅37・5メートル、総トン数は11万5875トン。乗客定員は2706人

 現在、横浜港沖に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員乗客は約3700人。このうち、新型コロナウイルスの感染者は61人(2月7日現在)に上がっている。ウイルスの潜伏期間は最低14日のため、乗員乗客は2週間ほど船内に止まることになる。乗客にとっては思わぬ災難と言うほかないが、今回の一件でダイヤモンド・プリンセスは一躍、日本での知名度がアップした。

 2004年にデビューしたダイヤモンド・プリンセスは、日本で建造された最大の客船で、全長290メートル、全幅37・5メートル、総トン数は11万5875トン。乗客定員は2706人で、巡行速度は22ノット(時速41キロ)。船籍はイギリスで、船会社はアメリカの「プリンセス・クルーズ」である。

「乗員乗客約3700人のうち、日本人は半数近くとなっています」

 と解説するのは、クルーズ船の運営会社「カーニバル・ジャパン」(東京)の広報担当者。

「日本人の乗客の多くが、現役をリタイアした60〜70代のシニアの方たちです。ゴールデンウィークや夏休みは、子供とその両親、祖父母と3世代の方たちが乗船されることもあります」

 今回、コロナウイルスに見舞われたツアーは、『初春の東南アジア大航海16日間』で、ツアー1人当たりの料金は、一番安い内側ツインベッドで19万8000円。海側バルコニーが27万8000円〜、ジュニア・スイートが39万8000円〜、プレミアム・スイートが74万円、最も高額なのは約124平米のグランド・スイートで138万2000円となる(いずれも税別)。1月20日に横浜を出発後、22日に鹿児島に寄港し、25日に香港に到着。その後ベトナムや台湾を巡り、2月1日に那覇に寄り、4日早朝に横浜に戻る予定だった。

「ゴールデンウィークには、6日間のお手頃なツアーもあります。また、金環日食を体験するツアー、夏休みには、日本の祭りや韓国を巡るツアーもあり、日本を発着するツアーは年間で40ほどになります」(同)

 お手頃なツアーは「ゴールデンウィーク ショートクルーズ6日間」で、5月5日に横浜を出発して関門海峡、釜山、佐世保に寄港し、10日に横浜へ戻る。旅行料金は、内側ツインが6万8000円、海側バルコニーが10万5000円。

 金環日食のツアーは「金環日食観賞!沖縄・台湾リゾートクルーズ9日間」で、こちらは神戸発着で、6月18日に神戸を出発して、21日に金環日食を観賞。その後、台湾、石垣島、那覇に寄港して神戸に。旅行料金は、内側ツインが11万8000円、海側バルコニーが26万2000円〜。

 祭りのツアーは「日本の夏!竿燈・ねぶた・よさこい・阿波おどりに沸く周遊クルーズ・韓国12日間」で、料金は内側ツインが15万8000円、海側バルコニーが23万8000円〜である。

 クルーズというと、旅費は数百万円というイメージだった。そう考えると、3食付きでこの料金は安いのではないか。おまけに、リピーター客には割引もあるという。


■外国船で初の大浴場


「欧米では、普通の価格です。大体1泊2万円弱からですね。日本の船会社は、クルーズ船を1隻しか所有していないことが多い。ところが、アメリカの船会社は十数隻所有していますから、食材などを大量に仕入れるので、その分コストが安くなるのです。クルーズ船は、カジュアル、プレミアム、ラグジュアリーの3つのクラスがあります。ダイヤモンド・プリンセスは、真ん中のプレミアムになります」(同)

 ダイヤモンド・プリンセスの日本発着ツアーが始まったのは2014年から。これを機に日本人客が増加したという。

「日本ツアーを始めるにあたり、船を改装しました。キッズルームを展望浴場『泉の湯』にしたのです。外国船で大浴場があるのはダイヤモンド・プリンセスだけですね。泉の湯は、屋内に岩の湯やサウナ、打たせ湯などがあります。海を眺めながらお風呂に入ることができます。屋外には水着で入るスパプールも。外国人は大浴場に裸で入る習慣がないので、日本発着クルーズ以外では、内風呂は水着着用となります」

 船内の設備は、プールが4カ所、ジャグジーが6カ所、フィットネスセンター、ミニゴルフコース、バスケットボールやパドルテニスコート、ジョギングトラックが備わる。プールサイドには、屋外シアターがあり、ハリウッドの最新ヒット作や世界の名画が上映される。日本発着クルーズでは、プリンセス・シアターで落語や日本在住ミュージシャンのライブ演奏が楽しめる。その他、キャバレースタイルのステージ付ラウンジ、ステージ付ナイトクラブ、カジノもあって、バーは9カ所ある。

 客室は、リビングやソファーベッドがついたスイート(約49〜124平米)、プレミアム・ジュニア・スイート(約33平米)、ジュニア・スイート(約33平米)、海側バルコニー(約22〜29平米)、海側ツイン(約17〜19平米)、内側ツイン(約16〜17平米)がある。ジュニア・スイートからバスタブと洗浄機能付きトイレが備わるが、それ以外はシャワーと普通のトイレとなる。

「食事は、洋食がメインとなっていて、ディナーはフルコースです。和食も選ぶことができます。3食の他にアフタヌーンティーも楽しめ、すべてツアー代金に含まれています。さらに、別料金を払えば、寿司レストランやステーキハウス、イタリアンで食事を楽しむこともできます。またルームサービスも充実しています。ディナーでは週に2回、フォーマルの日があって、女性はドレス、男性はダークスーツとネクタイをお願いしています。タキシードやロングドレスまで用意する必要はありません」(同)

 クルーズ船の魅力は?

「クルーズ船は夜の間に航行しますので、目がさめると寄港地に着いている。無駄な時間がないのです。普通の旅行のように、次の目的地に着くとスーツケースを持ってホテルへ、という手間がかかりません。また、船内では気軽に国際交流ができます。外国人に折り紙を教えたり、ゆかたの着付けを手伝ったりして親交を深めることも可能です」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年2月8日 掲載

関連記事(外部サイト)